安全保障

尖閣諸島の危機的な状況に目を覚ませ!

尖閣諸島に侵入している中国公船とは、中国の人民解放軍の指揮下にある中国海警の武装艦艇だということを、日本国民はよく認識しているだろうか。

これが尖閣諸島の領海へ1年間に60回、接続水域に1カ月に22回という頻度で侵入し、中国船の侵入はほぼ恒常的となっている。

中国海警の船が侵入する際に海軍艦艇を付近に待機させ、ときには原子力潜水艦やフリゲート艦などを接続水域に送りこんでいることもある。侵入のたびに自国の領海領土の正当な管理行動として政府機関のサイトや官営ディアの報道で記録を公表し、支配の実績の誇示を重ねている。この結果、日本政府の『領有権紛争は存在しない』という主張は骨抜きにされている。

尖閣周辺での自国艦艇の活動実績を基に、尖閣への施政権保持を公式に宣言する見通しが高まっている。中国は尖閣から300~400キロの浙江省や福建省に新たな軍事基地や兵站施設を建設し、尖閣占領のための拠点として強化していることにも着目しておきたい。日本の反撃が弱いと判断すれば、「短期の鋭利な戦争」という形で尖閣の軍事占領に出る可能性もある。

このような警告が、ワシントンの安全保障研究機関「戦略予算評価センター」が作成した「インド太平洋における中国の多様な闘争」と題する調査報告書に明記されている。

日本政府は、尖閣諸島が日本領であることを主張する際には「日本固有の領土」という主張を繰り返すのみである。

1969年以前には、中国が発行している地図や人民日報の記事でも「尖閣諸島」という名称を使い、日本領であることを認めていたことなど、中国が尖閣諸島が日本領であることがはっきりわかる資料を国際社会にはっきりと提示するようなことをほとんどしてこなかった。

こうした主張を機会があるごとに何度でも何度でもしつこく訴えて、国際社会がしっかり認識するまで戦い続けなければならないのに、こういう宣伝戦さえもやろうとしない。

漁船が尖閣沖で操業するのを、危険だからとやめさせているが、実効支配をなくさせるようなような対応をなぜ続けるのか。

奪ってくださいと言っているような現状を、徹底的に見直してもらいたい。

これに関連するJBpressの記事

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 朝鮮半島の南北問題が駄目になっているのは米韓同盟があるせいだ」と韓国政府が発言!…
  2. インドで爆発するコロナ感染! 冷淡で信頼を失ったバイデン政権!(朝香 豊)
  3. 米中通商協議が部分合意に! 今回はアメリカの一方的勝利!(朝香 豊)
  4. 尖閣諸島の危機的な状況に目を覚ませ!
  5. 習近平体制が崩壊する?? 李克強が路線修正へ!(朝香 豊)

関連記事

  1. 安全保障

    孔子学院の年内全校閉鎖を求める! ポンペオ米国務長官!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!…

  2. 安全保障

    羽田空港の給水停止騒ぎに、関空でのドローン事件! テロの事前演習か? (朝香 豊)

    羽田空港では、航空機を洗う洗機場から「水から塩気を感じる」と通…

  3. 外交

    中国企業の人工島建設提案をツバルは拒絶! 親台湾姿勢を堅持!(朝香 豊)

    ツバルのコフェ外相は、中国企業から提案された海面上昇に対処する…

  4. 安全保障

    北朝鮮に仮想通貨の技術を伝えたことで、アメリカの専門家を逮捕!(朝香 豊)

    アメリカ政府は米国の制裁を逃れられるブロックチェーン技術を北朝…

  5. 安全保障

    なんでこんなに怒ってるの? 中国外交官の米政府関係者との接触の事前届出制!(朝香 豊)

    アメリカに駐在する中国の外交官がアメリカ政府関係者などと面会す…

  6. 安全保障

    フィリピン、米軍地位協定破棄を通告! 対中戦略に打撃!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!フィ…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 安全保障

    西側企業・国家機関内部に中共支部! 195万人の中共党員データがリーク!(朝香 …
  2. 安全保障

    イランの病院は死体の山! まるで武漢!(朝香 豊)
  3. 安全保障

    中国からの国内回帰の補助金は競争率11倍! 選別せずに全部戻せよ!(朝香 豊)
  4. 中国

    香港市民に英市民権与える動きに中国が報復を宣言! 天滅中共への道!(朝香 豊)
  5. 人権・民主主義

    武漢の改造病院は、病院ではなかった!(朝香 豊)
PAGE TOP