安全保障

尖閣諸島の危機的な状況に目を覚ませ!

尖閣諸島に侵入している中国公船とは、中国の人民解放軍の指揮下にある中国海警の武装艦艇だということを、日本国民はよく認識しているだろうか。

これが尖閣諸島の領海へ1年間に60回、接続水域に1カ月に22回という頻度で侵入し、中国船の侵入はほぼ恒常的となっている。

中国海警の船が侵入する際に海軍艦艇を付近に待機させ、ときには原子力潜水艦やフリゲート艦などを接続水域に送りこんでいることもある。侵入のたびに自国の領海領土の正当な管理行動として政府機関のサイトや官営ディアの報道で記録を公表し、支配の実績の誇示を重ねている。この結果、日本政府の『領有権紛争は存在しない』という主張は骨抜きにされている。

尖閣周辺での自国艦艇の活動実績を基に、尖閣への施政権保持を公式に宣言する見通しが高まっている。中国は尖閣から300~400キロの浙江省や福建省に新たな軍事基地や兵站施設を建設し、尖閣占領のための拠点として強化していることにも着目しておきたい。日本の反撃が弱いと判断すれば、「短期の鋭利な戦争」という形で尖閣の軍事占領に出る可能性もある。

このような警告が、ワシントンの安全保障研究機関「戦略予算評価センター」が作成した「インド太平洋における中国の多様な闘争」と題する調査報告書に明記されている。

日本政府は、尖閣諸島が日本領であることを主張する際には「日本固有の領土」という主張を繰り返すのみである。

1969年以前には、中国が発行している地図や人民日報の記事でも「尖閣諸島」という名称を使い、日本領であることを認めていたことなど、中国が尖閣諸島が日本領であることがはっきりわかる資料を国際社会にはっきりと提示するようなことをほとんどしてこなかった。

こうした主張を機会があるごとに何度でも何度でもしつこく訴えて、国際社会がしっかり認識するまで戦い続けなければならないのに、こういう宣伝戦さえもやろうとしない。

漁船が尖閣沖で操業するのを、危険だからとやめさせているが、実効支配をなくさせるようなような対応をなぜ続けるのか。

奪ってくださいと言っているような現状を、徹底的に見直してもらいたい。

これに関連するJBpressの記事

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. やはり感染者の実数は中国政府の公式発表の100倍程度で考えるべき!(朝香 豊)
  2. 習近平体制が崩壊する?? 李克強が路線修正へ!(朝香 豊)
  3. 持ち込み荷物 X線検査受けずに出国! ゴーン被告!(朝香 豊)
  4. 親中から反中に抜本的に転換! インドネシアのジョコ政権! (朝香 豊)
  5. 中国の国家発展改革委員会が不動産バブルの維持を断念か? 体制崩壊につながる可能性…

関連記事

  1. 安全保障

    中国、豪にエージェントを送り込む工作が明るみに! 候補男性は死体に!(朝香 豊)

    オーストラリアのテレビ局「ナイン・ネットワーク」は、中国のスパ…

  2. 安全保障

    新型肺炎のデータ破棄を指示! 中国!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!遼寧…

  3. 安全保障

    中国の人権侵害企業とは手を切れ! 米国務省が経営者に手紙を送る! (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!アメ…

  4. 安全保障

    チョ・グク氏の義兄が北朝鮮からベトナムへの石炭密輸に関与発覚! (朝香 豊)

    チョ・グク氏の義兄が所属する海運会社が、国連制裁決議に違反して…

  5. 安全保障

    米朝関係が再び緊張状態へ!(朝香 豊)

    人気ブログランキングでの応援、よろしくお願いします!北朝鮮…

  6. 安全保障

    衝撃のボルトン補佐官の解任! トランプはどこへ?

    トランプ大統領は、ボルトン大統領補佐官(国家安全保障問題担当)…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 安全保障

    政府の対応は破綻! 究極の選択でものごとを考えるべき時だ!(朝香 豊)
  2. 安全保障

    フランスもファーウェイ排除を拒否! 5G網でイギリスに続く!(朝香 豊)
  3. 外交

    文在寅大統領、北朝鮮開発銀行の推進をASEANに求める方針!(朝香 豊)
  4. 馬雲 ジャック・マー

    経済

    まだ難局の始まりかもしれない! アリババ創業者のジャック・マー!(朝香 豊)
  5. 人権・民主主義

    香港の警察官が香港警察の公式発表の嘘について様々に告白! (朝香 豊)
PAGE TOP