人権・民主主義

学校の反日偏向を告発した高校生が、逆にいじめの対象に! 韓国!(朝香 豊)

韓国の仁憲高校では、高校3年生150人が高校の反日偏向ぶりを告発し、大きな問題提起が沸き起こった。

ところが、こうした高校3年生の代表のチェ・インホ君は、学校から校内暴力問題を審議する「学校暴力対策自治委員会」の審議にかけられるという事態に至っている。

今回の告発では、高校1年生のA君が学校行事での学校の反日偏向ぶりを動画に収め、それをチェ・インホ君がYouTubeやFacebookに挙げていた。

この動画には、教師が「日本強制侵略に反対する」というスローガンを先に叫び、生徒らに唱和させるという様子、生徒が「安倍自民党は滅びる」「倍返ししよう」などという反日スローガンを叫ぶ様子が映っている。いずれも構内のランニング行事においてのものだ。

この動画においては、教師と生徒の顔は容易に識別できないようにモザイク処理されており、画質も鮮明ではない。この動画に「仁憲高の生徒は政治のおもちゃではない」というタイトルの声明を入れて、チェ・インホ君はアップした。

だが、暴露映像の背景に映っていた生徒から「名誉毀損」との申告が寄せられたとのことで、高校側はチェ・インホ君を「学校暴力対策自治委員会」に審議にかけるのが相当だと考えた。

今回の件について学校側は、名誉毀損や侮辱なども校内暴力と規定しているから、手続き上の問題はないとの立場だ。

チェ・インホ君が「許可なく映像を大衆に公開したことを謝罪し、映像を削除すべきだ」とし、「他の学生の名誉を毀損したかどうかを判断する」というのだ。

チェ・インホ君は、「映像に登場する全ての人物をモザイク処理して投稿したにもかかわらず、何が名誉毀損で何が校内暴力なのか納得できない。公益のための情報提供を校内暴力と見なすことは、問題を提起した生徒に学校側が圧力を加えようとする別の意図があるのではないかと思う」と反発している。

高校1年生のA君も教師を擁護する生徒らから集団でいじめを受けていて、転校手続きを進めている。

加害生徒はA君の机に「お前のせいで仁憲高が悪口を言われている」「学校を台無しにした」などと落書きをし、クラスの活動でも無視しているという。

仁憲高校の生徒によると、A君がされたことと同じ行為を、チェ・インホ君もされているという。

北朝鮮派が勢いを増している韓国では、ここまでおかしなことが広がっている。

私がネタ元にしているのは、韓国の保守派新聞である朝鮮日報の記事であるが、韓国のテレビ局がこの件をどう報道しているのか、ぜひ知りたいものだ。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。

ネタ元の朝鮮日報の報道http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/11/27/2019112780007_2.html

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 進む日台離反工作! 工作に乗せられていないか、冷静に考え直そう!(朝香 豊)
  2. 「優生思想で危険」だとNumber編集部に非難の声! いやいや、危険なのはむしろ…
  3. 「表現の不自由展」を支援するよう求める社説掲載! 朝日新聞!(朝香 豊)
  4. 尖閣諸島の危機的な状況に目を覚ませ!
  5. ウクライナ機は撃墜か! イラン危機!(朝香 豊)

関連記事

  1. 安全保障

    英国防委員会がファーウェイの早期排除を提言! ドイツも反中に舵を切る!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!イギ…

  2. 人権・民主主義

    英国香港総領事館職員の拘束・拷問で、英外相が中国に抗議! (朝香 豊)

    香港の英国総領事館に勤務していた香港人の男性が8月に中国で身柄…

  3. 人権・民主主義

    蔡英文圧勝を中国メディアが酷評! 「汚い小細工」だって(笑)(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!台湾…

  4. 人権・民主主義

    新型肺炎の感染者数・死亡者数は、中国政府発表よりはるかに多い!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!詳し…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 経済

    韓国のルノーサムスンが再びストへ! 韓国から撤退か?(朝香 豊)
  2. 道理

    浮き足立つ自民党! 岸田自民党は方向転換を!(朝香 豊)
  3. 安全保障

    ロシア陰謀説を国家情報長官が完全否定! ハンター・バイデンの疑惑で!(朝香 豊)…
  4. 安全保障

    ミャンマーを憂慮するのは終わりだ! 日本政府は黒幕の中国を非難せよ!(朝香 豊)…
  5. 人権・民主主義

    中国系テレビメディアの偏向報道をイギリスが調査へ! (朝香 豊)
PAGE TOP