経済

コロナ対策で社会主義化は必然! 中野剛志氏! (朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

MMT(現代貨幣理論)をいち早く日本に紹介したことでも知られる中野剛志氏は、新型コロナウイルスによる「恐慌」を乗り越えるにはGDPの5割、場合によっては6割を超える大規模な財政出動が必要で、政府が重要産業に資本を注入するなどの社会主義的な措置も求められるとの見方を示した。

感染拡大期が主要各国より遅れて訪れた日本は終息のタイミングも後ずれし、先に経済活動を正常化させた中国や韓国に市場を奪われる恐れがあると述べた。

その結果として、「日本企業やその資産や技術は、お買い得のバーゲンセール状態」になるとの見通しを示した。

中野氏はまた、世界的に失業率が高まる中で自国第一主義が台頭し、各国政府が強力に産業政策を主導して保護主義が広がる可能性が高いことも指摘した。

その中で日本が財政支出に消極的な姿勢を示し、内需を維持・拡大せず、海外の需要を奪うようなことになれば、「近隣窮乏化策とみなされ、反日的な排外主義を招く」と述べた。

その上で、「コロナ危機後の世界秩序は、コロナ危機の下で社会主義化を決断し、実行した国が生き残り、社会主義化できなかった国が凋落する」と主張した。

さて、現在は資本主義的な経営が半ば許されていない経済環境にある。

自由な集客は許されず、営業日や営業時間なども厳しい制限が求められている。

私たちの行動の自由を制限することも、公的な目的のために当然視されている。

こうしたスタイルはすでに社会主義的なものであり、その中で企業や社会が生き延びようとすれば、社会主義的にならざるをえないということは言えるだろう。

中野氏の主張がそのまま正しいとは私は思わないが、今の異常事態を認識するには役立つところも多い。

ここで私が問いかけたいのは、こうしたコストを払っている自覚が私たちにあるだろうか、ということだ。

そしてそんなコストを払ってでも、新型コロナウイルスによる死者を増やさないためには、厳しい経済統制・社会活動統制を続けていくべきなのだろうか。

あらためてこの疑問を考えてもらいたい。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元のロイターの記事
https://jp.reuters.com/article/interview-takeshi-nakano-idJPKCN22608G?utm_source=rcom&utm_medium=jpranking
画像は週プレニュースの記事から
https://wpb.shueisha.co.jp/news/politics/2014/images/2014/10/fd9d791015c6e649f992ab2f171adf4d_d16605f76c5ca21041e8f9ade17826e4.jpg

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 白人の子供たちは無邪気に幼少期をすごしてはいけない! おかしくないか?(朝香 豊…
  2. 銃犯罪の急増と検挙率の急低下! BLM運動で広がる無秩序!(朝香 豊)
  3. 中国が武漢P4からフランスを排除していた! 騙されたフランス!(朝香 豊)
  4. 習近平体制が崩壊する?? 李克強が路線修正へ!(朝香 豊)
  5. フロイド氏殺害でナイキがキャンペーン! でもナイキの本質はチキンだ!(朝香 豊)…

関連記事

  1. 経済

    ウイグルの強制労働で生産された綿を、日本企業が使用か?(朝香 豊)

    日本の無印良品とユニクロは、中国の新疆ウイグル自治区で綿を調達…

  2. 経済

    トランプも、対抗馬の民主党候補も、対中政策のジレンマに陥っている!

    トランプ大統領が中国に仕掛けた貿易戦争が米国経済にもたらす悪影…

  3. 経済

    景気悪化に苦しむ韓国! 2年間で資金繰りが苦しいと答える経営者が2割増加。(朝香 豊)

    韓国では中秋節にちょっとした賞与を出す慣例があるらしい。…

  4. 経済

    韓国企業が海外進出を積極化! 文政権の経済政策のために国内に見切りをつけている! (朝香 豊)

    これまでの韓国経済は、保守派政権が財閥企業の育成などの産業重視…

  5. 経済

    額式体温計の半分が偽物! 中国!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

  6. 安全保障

    米豪はレアアースの安定調達の計画を発表へ! (朝香 豊)

    現在中国が世界生産量の80%を占めているレアアースの安定調達の…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 経済

    中国洪水被害は意外と軽微! 中国メディアが報道!(朝香 豊)
  2. Featured Video Play Icon

    外交

    文在寅大統領が ASEAN で日本はずし工作を始める 
  3. 経済

    石油価格の低迷は長期化か! 貯蔵所の余裕がなくなる予想!(朝香 豊)
  4. 経済

    EUもついに緊縮財政見直しか? 日本も続け! (朝香 豊)
  5. 韓国・北朝鮮

    韓国デモ、「200万人」は実は「7万6000人」か?(朝香 豊)
PAGE TOP