経済

コロナ対策で社会主義化は必然! 中野剛志氏! (朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

MMT(現代貨幣理論)をいち早く日本に紹介したことでも知られる中野剛志氏は、新型コロナウイルスによる「恐慌」を乗り越えるにはGDPの5割、場合によっては6割を超える大規模な財政出動が必要で、政府が重要産業に資本を注入するなどの社会主義的な措置も求められるとの見方を示した。

感染拡大期が主要各国より遅れて訪れた日本は終息のタイミングも後ずれし、先に経済活動を正常化させた中国や韓国に市場を奪われる恐れがあると述べた。

その結果として、「日本企業やその資産や技術は、お買い得のバーゲンセール状態」になるとの見通しを示した。

中野氏はまた、世界的に失業率が高まる中で自国第一主義が台頭し、各国政府が強力に産業政策を主導して保護主義が広がる可能性が高いことも指摘した。

その中で日本が財政支出に消極的な姿勢を示し、内需を維持・拡大せず、海外の需要を奪うようなことになれば、「近隣窮乏化策とみなされ、反日的な排外主義を招く」と述べた。

その上で、「コロナ危機後の世界秩序は、コロナ危機の下で社会主義化を決断し、実行した国が生き残り、社会主義化できなかった国が凋落する」と主張した。

さて、現在は資本主義的な経営が半ば許されていない経済環境にある。

自由な集客は許されず、営業日や営業時間なども厳しい制限が求められている。

私たちの行動の自由を制限することも、公的な目的のために当然視されている。

こうしたスタイルはすでに社会主義的なものであり、その中で企業や社会が生き延びようとすれば、社会主義的にならざるをえないということは言えるだろう。

中野氏の主張がそのまま正しいとは私は思わないが、今の異常事態を認識するには役立つところも多い。

ここで私が問いかけたいのは、こうしたコストを払っている自覚が私たちにあるだろうか、ということだ。

そしてそんなコストを払ってでも、新型コロナウイルスによる死者を増やさないためには、厳しい経済統制・社会活動統制を続けていくべきなのだろうか。

あらためてこの疑問を考えてもらいたい。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元のロイターの記事
https://jp.reuters.com/article/interview-takeshi-nakano-idJPKCN22608G?utm_source=rcom&utm_medium=jpranking
画像は週プレニュースの記事から
https://wpb.shueisha.co.jp/news/politics/2014/images/2014/10/fd9d791015c6e649f992ab2f171adf4d_d16605f76c5ca21041e8f9ade17826e4.jpg

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 白人の子供たちは無邪気に幼少期をすごしてはいけない! おかしくないか?(朝香 豊…
  2. 持ち込み荷物 X線検査受けずに出国! ゴーン被告!(朝香 豊)
  3. NHKの「家族や友人などのレンタルサービス」のやらせ番組、ようやくBPO審議入り…
  4. 最悪! 安倍・習会談、習近平氏の国賓来日の準備を進めることで一致! (朝香 豊)…
  5. 人民元のデジタル通貨化に秘められた野望を見逃すな!

関連記事

  1. Featured Video Play Icon

    経済

    中国の国家発展改革委員会が不動産バブルの維持を断念か? 体制崩壊につながる可能性も!

    中国では今年上半期(1月〜6月)に不動産会社271社が破産宣告…

  2. 経済

    テスラが本社移転を示唆! コロナで工場再開できず!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!アメ…

  3. 経済

    ドイツ製造業の見通しが暗い 世界的な経済の変調が影響している

    8月のドイツ製造業の景気指数は43.5で、8ヶ月連続で50…

  4. 経済

    中国企業の米市場上場禁止へ! 上院で法案全会一致で可決!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!「中…

  5. 安全保障

    進む日印豪の経済連携構想! 脱中国のサプライチェーン構築へ!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!日本…

  6. 安全保障

    コロナ対応の日独差は、何に起因するのか? (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!新型…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 安全保障

    ファーウェイ、中国当局に協力と、独紙報道!(朝香 豊)
  2. 未分類

    メドベージェフ解任で、ロシア新首相に無名のミシュスチン氏! プーチンの思惑は?(…
  3. 人権・民主主義

    中国で艾芬女医も拘束! 国境なき記者団が釈放を要求!(朝香 豊)
  4. 道理

    激しい中国の締め付けで、香港のキャセイ航空は経営危機に!(朝香 豊)
  5. 安全保障

    ソレイマニ暗殺で、却って緊張は低減する! 私の独断!(朝香 豊)
PAGE TOP