経済

コロナ対策で社会主義化は必然! 中野剛志氏! (朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

MMT(現代貨幣理論)をいち早く日本に紹介したことでも知られる中野剛志氏は、新型コロナウイルスによる「恐慌」を乗り越えるにはGDPの5割、場合によっては6割を超える大規模な財政出動が必要で、政府が重要産業に資本を注入するなどの社会主義的な措置も求められるとの見方を示した。

感染拡大期が主要各国より遅れて訪れた日本は終息のタイミングも後ずれし、先に経済活動を正常化させた中国や韓国に市場を奪われる恐れがあると述べた。

その結果として、「日本企業やその資産や技術は、お買い得のバーゲンセール状態」になるとの見通しを示した。

中野氏はまた、世界的に失業率が高まる中で自国第一主義が台頭し、各国政府が強力に産業政策を主導して保護主義が広がる可能性が高いことも指摘した。

その中で日本が財政支出に消極的な姿勢を示し、内需を維持・拡大せず、海外の需要を奪うようなことになれば、「近隣窮乏化策とみなされ、反日的な排外主義を招く」と述べた。

その上で、「コロナ危機後の世界秩序は、コロナ危機の下で社会主義化を決断し、実行した国が生き残り、社会主義化できなかった国が凋落する」と主張した。

さて、現在は資本主義的な経営が半ば許されていない経済環境にある。

自由な集客は許されず、営業日や営業時間なども厳しい制限が求められている。

私たちの行動の自由を制限することも、公的な目的のために当然視されている。

こうしたスタイルはすでに社会主義的なものであり、その中で企業や社会が生き延びようとすれば、社会主義的にならざるをえないということは言えるだろう。

中野氏の主張がそのまま正しいとは私は思わないが、今の異常事態を認識するには役立つところも多い。

ここで私が問いかけたいのは、こうしたコストを払っている自覚が私たちにあるだろうか、ということだ。

そしてそんなコストを払ってでも、新型コロナウイルスによる死者を増やさないためには、厳しい経済統制・社会活動統制を続けていくべきなのだろうか。

あらためてこの疑問を考えてもらいたい。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元のロイターの記事
https://jp.reuters.com/article/interview-takeshi-nakano-idJPKCN22608G?utm_source=rcom&utm_medium=jpranking
画像は週プレニュースの記事から
https://wpb.shueisha.co.jp/news/politics/2014/images/2014/10/fd9d791015c6e649f992ab2f171adf4d_d16605f76c5ca21041e8f9ade17826e4.jpg

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 台湾で米台国交回復推進決議が全会一致で可決! なんと提案は国民党!(朝香 豊)
  2. 尖閣諸島の危機的な状況に目を覚ませ!
  3. やはり感染者の実数は中国政府の公式発表の100倍程度で考えるべき!(朝香 豊)
  4. N国党の立花氏が脅迫の疑いで事情聴取! 計算ずくか?
  5. もうこれ以上、静かにしてはいられない! 文在寅政権に対して、アメリカは怒りを隠さ…

関連記事

  1. 安全保障

    借金のかたに中国が銅山を要求か? ザンビア財務相は公式には否定! (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!新型…

  2. 経済

    EUはブレグジットで不要なイギリスいじめをしている場合ではない!

    ブレグジットを巡って、EUのバルニエ首席交渉官は、英国が当…

  3. 経済

    カラチの証券取引所が襲撃される! 知っておきたい裏事情!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!パキ…

  4. 経済

    石油価格の低迷は長期化か! 貯蔵所の余裕がなくなる予想!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!WT…

  5. Featured Video Play Icon

    経済

    中国の国家発展改革委員会が不動産バブルの維持を断念か? 体制崩壊につながる可能性も!

    中国では今年上半期(1月〜6月)に不動産会社271社が破産宣告…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 人権・民主主義

    香港の警察官が香港警察の公式発表の嘘について様々に告白! (朝香 豊)
  2. 未分類

    バイデン政権の支持率はすでに末期的! この中でCO2削減のためにさらなる怒りを引…
  3. 外交

    バイデンがトランプ外交を妨害か? 2016年の大統領選後の引き継ぎで!(朝香 豊…
  4. 経済

    中国経済の崩壊! 中国政府も認識!(朝香 豊)
  5. 安全保障

    カナダから武漢ウイルス研究所へエボラウイルスが運ばれていた! コロナウイルスへの…
PAGE TOP