安全保障

中国、豪にエージェントを送り込む工作が明るみに! 候補男性は死体に!(朝香 豊)

オーストラリアのテレビ局「ナイン・ネットワーク」は、中国のスパイ集団が5月の連邦議会の選挙に中国系の男性を立候補させようと工作した疑いについて報じた。

オーストラリア政界に中国のエージェントを送り込みたいという狙いだったのだろう。

工作を受けた男性は与党・自由党の党員で、7400万円と引き換えに立候補を持ちかけられた。

中国にとって誤算だったのは、この男性がこの件をオーストラリアの情報当局に相談したことだ。

その後、なぜかこの男性はメルボルン郊外のホテルで遺体で見つかり、当局が捜査を進めている。

モリソン首相は「非常に憂慮すべき不安な疑惑だ」と述べ、真相の解明を進める方針を明らかにした。

これに対して中国外務省は、「中国は他国の内政に干渉しない原則を貫いている」とし、「最近、オーストラリアの一部の政治家やメディアは、しきりに中国のスパイが浸透しているなどとでっち上げているが、どのようなストーリーを作ってもうそはうそだ」と反論している。

中国の反論を信じてくれる人が、どのくらいいるのだろうか。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。

これのネタ元のNHKの記事
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20191125/k10012190441000.html?utm_int=news-international_contents_list-items_025

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 笑えないレベルにまで向上した北朝鮮のミサイルシステム
  2. 白人の子供たちは無邪気に幼少期をすごしてはいけない! おかしくないか?(朝香 豊…
  3. 親中から反中に抜本的に転換! インドネシアのジョコ政権! (朝香 豊)
  4. 主流派マスコミの異常さ! バイデン疑惑を正面から報道せよ!(朝香 豊)
  5. N国党の立花氏が脅迫の疑いで事情聴取! 計算ずくか?

関連記事

  1. 安全保障

    BHRパートナーズをめぐる疑惑! ハンターのビジネスの闇!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!例の…

  2. 安全保障

    アメリカはイランに追加制裁! イランの体制は本物の危機に!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!アメ…

  3. 安全保障

    韓国の本当の仮想敵国は日本 これを前提に日本の国防を再構築しよう

    韓国の本当の仮想敵国は日本。これは文在寅政権以前から韓国に…

  4. 安全保障

    WHOを追い詰める、アメリカ・台湾連合! メールの全文公開!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!アメ…

  5. 安全保障

    WHOの恐るべき中国忖度の実態! 武漢に行っても調査はせず!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!WH…

無料メルマガ

おすすめ記事

  1. Huawei のロゴ

アーカイブ

  1. 人権・民主主義

    ドイツは中国軍への支援中止を! 香港民主派の黄之鋒氏!(朝香 豊)
  2. 人権・民主主義

    キャリー・ラム行政長官、辞任されてはいかがですか?
  3. 安全保障

    暗号機製造メーカーを米独情報機関が秘密裏に運営 ! (朝香 豊)
  4. 人権・民主主義

    中国で開催された「世界弁護士大会」に、人権派弁護士の参加が禁止される!(朝香 豊…
  5. 安全保障

    米政権内部から親中的考えが消えた! 中国の本質に気付き一枚岩になるアメリカ!(朝…
PAGE TOP