安全保障

中国、豪にエージェントを送り込む工作が明るみに! 候補男性は死体に!(朝香 豊)

オーストラリアのテレビ局「ナイン・ネットワーク」は、中国のスパイ集団が5月の連邦議会の選挙に中国系の男性を立候補させようと工作した疑いについて報じた。

オーストラリア政界に中国のエージェントを送り込みたいという狙いだったのだろう。

工作を受けた男性は与党・自由党の党員で、7400万円と引き換えに立候補を持ちかけられた。

中国にとって誤算だったのは、この男性がこの件をオーストラリアの情報当局に相談したことだ。

その後、なぜかこの男性はメルボルン郊外のホテルで遺体で見つかり、当局が捜査を進めている。

モリソン首相は「非常に憂慮すべき不安な疑惑だ」と述べ、真相の解明を進める方針を明らかにした。

これに対して中国外務省は、「中国は他国の内政に干渉しない原則を貫いている」とし、「最近、オーストラリアの一部の政治家やメディアは、しきりに中国のスパイが浸透しているなどとでっち上げているが、どのようなストーリーを作ってもうそはうそだ」と反論している。

中国の反論を信じてくれる人が、どのくらいいるのだろうか。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。

これのネタ元のNHKの記事
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20191125/k10012190441000.html?utm_int=news-international_contents_list-items_025

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 最悪! 安倍・習会談、習近平氏の国賓来日の準備を進めることで一致! (朝香 豊)…
  2. 中国の国家発展改革委員会が不動産バブルの維持を断念か? 体制崩壊につながる可能性…
  3. 被害者ヅラする加害者を許すな! 元朝日新聞記者 植村隆氏を擁護する映画の製作が進…
  4. ショーン・レノンが正論で反日韓国人に反論!
  5. 種苗法改正は必要! 日本の種苗の知的財産を守れ!(朝香 豊)

関連記事

  1. 安全保障

    北朝鮮、多弾頭ICBMを開発か? 脅威のレベルがさらにあがった!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!韓国国防…

  2. 安全保障

    イギリス・イタリアはファーウェイ排除! だがドイツは逆走へ!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!イギ…

  3. 安全保障

    沖縄タイムスが軍隊廃止のコスタリカを絶賛! 歴史的背景を無視!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!常備…

  4. 安全保障

    新型コロナウイルスに再感染! 陽性反応出るも無症状!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!香港…

  5. 安全保障

    サウジ攻撃はイラン南西部から?(朝香 豊)

    サウジアラビアの石油施設の空爆において、アメリカ政府は攻撃前に…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 人権・民主主義

    香港人に英国の完全な市民資格を与える政策を、イギリス保守党が検討か?(朝香 豊)…
  2. 安全保障

    まじか? 中国共産党が政策白書で中国の崩壊に言及! (朝香 豊)
  3. 経済

    外出規制にさらなる強化! これって本当に正しいのか?(朝香 豊)
  4. Huawei のロゴ

    安全保障

    アメリカがファーウェイ製5G機器使うなら、同盟国でも制裁を検討! (朝香 豊)
  5. 人権・民主主義

    SNS批判で動くホーリー上院議員! 怒っているのはトランプ大統領だけではない!(…
PAGE TOP