安全保障

チョ・グク氏の義兄が北朝鮮からベトナムへの石炭密輸に関与発覚! (朝香 豊)

チョ・グク氏の義兄が所属する海運会社が、国連制裁決議に違反して、北朝鮮からベトナムへの石炭密輸を行なっていたことがわかった。

日本語訳されていない朝鮮日報の報道に基づいて、元日本共産党幹部の篠原常一郎氏が、自身のYouTubeチャンネルで公表した。

この密輸はかなり悪質で、船籍を一時的に中国のものに付け替え、船の名前や登録番号を変えて偽装したこともわかっている。

海難救助の際に必要となる、船舶識別信号装置(GPS装置)を船から外していた。

北朝鮮に寄港した船舶は、寄港後1年間は韓国内に入港してはならないという法律が韓国にはあるが、これも完全に破っていたことになる。

この密輸が行われたのは2017年の6月〜8月で、チョ・グク氏が民情首席秘書官として政権中枢にすでに入っていた時期のことだ。

この事実はアメリカの海外向け放送のVOAがハングル放送で暴露した。偵察衛星が把握した内容を、アメリカが意図的にリークしているものと思われる。

韓国の保守系野党の自由韓国党が国会で追及することとなった。

なお、韓国内で報道されているこの報道を、日本のマスコミ各社はなぜか報道していない。日本のマスコミの闇を改めて感じさせる。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 北朝鮮漁船と水産庁船の衝突 ようやく映像公開へ! 日本政府の対応には不信感がいっ…
  2. 銃犯罪の急増と検挙率の急低下! BLM運動で広がる無秩序!(朝香 豊)
  3. 被害者ヅラする加害者を許すな! 元朝日新聞記者 植村隆氏を擁護する映画の製作が進…
  4. 台湾で米台国交回復推進決議が全会一致で可決! なんと提案は国民党!(朝香 豊)
  5. 中国が「新型インフラ建設」の大型投資を打ち出す! 西側は勝てるのか?(朝香 豊)…

関連記事

  1. 安全保障

    習近平がWHOに口止めを要請! ドイツ諜報機関が暴露!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!ドイ…

  2. 経済

    8月の訪日韓国人客が昨年比48%減と、朝日新聞が大々的に取り上げる! (朝香 豊)

    確かに朝日新聞が大々的に取り上げた通り、8月の韓国からの訪日観…

  3. 安全保障

    ロシア陰謀説を国家情報長官が完全否定! ハンター・バイデンの疑惑で!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!…

  4. 経済

    ムーディーズ、韓国企業14社の格付けえお一斉に引き下げる見通し! (朝香 豊)

    格付け会社のムーディーズ・インベスターズ・サービスは、韓国企業…

  5. 安全保障

    中国共産党を国際犯罪組織に指定せよ! 米議会に法案提出!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

  6. 安全保障

    中国側に行くんじゃねえぞ! 米政府が韓国を厳しく牽制!(朝香 豊)

    米国務省のクラーク次官は「関係の力は自由と法治主義の価値などを…

無料メルマガ

おすすめ記事

  1. Huawei のロゴ

アーカイブ

  1. 人権・民主主義

    中国大使がスウェーデンの報道機関を脅迫! スウェーデン政府が呼び出して抗議!(朝…
  2. 未分類

    佐々木氏の辞任は不必要! 渡辺直美オリンピッグ騒動!(朝香豊)
  3. 経済

    中国が外資の技術移転の強要はないと表明! だが、これをマジメに信じてよいのか?(…
  4. 人権・民主主義

    中国で記者に新基準! 習近平思想の堅持とネットでの世論誘導を求める!(朝香 豊)…
  5. 人権・民主主義

    韓国の文化体育観光部局長、親日発言で罷免! 年金も半分に減額! (朝香 豊)
PAGE TOP