経済

HSBC銀行に「国家安全法」への支持を脅す! 中国政府!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

香港ドルは、中国銀行、スタンダード・チャータード銀行、香港上海銀行(HSBC)の3つの市中銀行が発券銀行となっている。

このうち、HSBCを狙い撃ちする形で、中国政府から「国家安全法」への支持をせよとの脅しが行われている。

HSBCは「香港上海銀行」という名前ではあるが、イギリスの大銀行で、植民地時代から香港ドルの発券銀行の地位を保っており、それによって大きな利益を得てきた。

前香港行政長官の梁振英氏は、「どっちの側につくのが賢いかを(香港でビジネスを行う)イギリス企業にわからせるために、香港政府や香港企業などが(「国家安全法」への支持を未だに示さない)HSBCに不利益をもたらす行動を取るように求めた。

梁振英氏は、HSBCの利益が主として中国と香港からもたらされているのだから、中国の主権や尊厳を傷つけたり、中国国民の感情を害するようなことを西側諸国に追随して行ったら利益が上がらなくなるぞと警告した。

梁振英前香港行政長官

中国商務省の国際貿易経済協力アカデミーの研究員のMei Xinyu氏も、HSBCが中国や香港でこれまで通りのビジネスを続けたいなら、中国の法律に従って公衆の信頼を取り戻す必要があり、「国家安全法」への態度を明らかにしなければならないと述べた。

梁振英氏やMei Xinyu氏の発言は、HSBCに対する明白な脅しだ。

ちなみに、ファーウェイの最高財務責任者である孟晩舟氏がカナダで拘束された事件は、HSBCでの不正送金が摘発されたものだった。

また、香港の民主化運動を支援する寄付を集める手段として利用されたHSBCの口座は、香港政府の凍結命令を受けた際に、凍結前に資金の引き出しを先に行わせたとされる。

この点で、HSBCは香港の民主化運動を支援している側だと中国政府から睨まれてきた。

HSBCは存続の危機に陥っている。

そしてこれは香港で利益を上げてきた多くのイギリス企業の立場を象徴している。

こういう人質(企業質?)は、今のイギリス政府の苦悩ともつながっている。

 

もしよければ、無料のメルマガの登録もお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元のGlobal Times(環球時報)の記事
https://www.globaltimes.cn/content/1190209.shtml
画像はWikimediaから
https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/7/78/Leung_Chun-ying_at_2013_Policy_Address_03_%28cropped%29.jpg

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. ファイザーワクチンが南ア変異株に弱いだって? リアルデータから検証しよう!(朝香…
  2. 韓国の本当の仮想敵国は日本 これを前提に日本の国防を再構築しよう
  3. キャリー・ラム行政長官の意味深な発言は、中国政府の思惑に制限をかける狙いかも
  4. ドイツが裏技でEUの財政ルールの回避を検討!
  5. 不良ワクチンで女児死亡! 家族も徹底弾圧! 中国!(朝香 豊)

関連記事

  1. 安全保障

    新型コロナウイルスに人工生成の痕跡あり! 伝染病学の専門家が証言!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

  2. 経済

    韓国でのアフリカ豚コレラ発生により、中国は韓国からの豚肉輸入を禁止に! (朝香 豊)

    韓国でアフリカ豚コレラの発生が確認され、中国は韓国からの豚肉の…

  3. 中国

    WTOの判断延期に騙されるな! 新型コロナウィルス!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!世界…

  4. 安全保障

    中国からの資金提供を隠蔽した研究で54人が解雇! 米国立衛生研究所!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!アメ…

  5. 人権・民主主義

    北京オリンピック協賛スポンサーに対して圧力! 国際人権団体!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 人権・民主主義

    香港で民主派デモへの寄付金10億円を凍結! 取り締まりをさらに強化!(朝香 豊)…
  2. 外交

    韓国向けの輸出管理強化を「差別的」だと韓国はWTOに提訴へ! 韓国の戦略性をしっ…
  3. 道理

    朝日新聞系のwithnewsが「日本死ね!」の称賛記事を掲載! 事実に基づかない…
  4. 人権・民主主義

    ウイグル政策の継続を、中国政府が明言! 形は変わるかも?(朝香 豊)
  5. 安全保障

    新型肺炎患者はいないはずの北朝鮮で、なぜか休校命令!(朝香 豊)
PAGE TOP