経済

HSBC銀行に「国家安全法」への支持を脅す! 中国政府!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

香港ドルは、中国銀行、スタンダード・チャータード銀行、香港上海銀行(HSBC)の3つの市中銀行が発券銀行となっている。

このうち、HSBCを狙い撃ちする形で、中国政府から「国家安全法」への支持をせよとの脅しが行われている。

HSBCは「香港上海銀行」という名前ではあるが、イギリスの大銀行で、植民地時代から香港ドルの発券銀行の地位を保っており、それによって大きな利益を得てきた。

前香港行政長官の梁振英氏は、「どっちの側につくのが賢いかを(香港でビジネスを行う)イギリス企業にわからせるために、香港政府や香港企業などが(「国家安全法」への支持を未だに示さない)HSBCに不利益をもたらす行動を取るように求めた。

梁振英氏は、HSBCの利益が主として中国と香港からもたらされているのだから、中国の主権や尊厳を傷つけたり、中国国民の感情を害するようなことを西側諸国に追随して行ったら利益が上がらなくなるぞと警告した。

梁振英前香港行政長官

中国商務省の国際貿易経済協力アカデミーの研究員のMei Xinyu氏も、HSBCが中国や香港でこれまで通りのビジネスを続けたいなら、中国の法律に従って公衆の信頼を取り戻す必要があり、「国家安全法」への態度を明らかにしなければならないと述べた。

梁振英氏やMei Xinyu氏の発言は、HSBCに対する明白な脅しだ。

ちなみに、ファーウェイの最高財務責任者である孟晩舟氏がカナダで拘束された事件は、HSBCでの不正送金が摘発されたものだった。

また、香港の民主化運動を支援する寄付を集める手段として利用されたHSBCの口座は、香港政府の凍結命令を受けた際に、凍結前に資金の引き出しを先に行わせたとされる。

この点で、HSBCは香港の民主化運動を支援している側だと中国政府から睨まれてきた。

HSBCは存続の危機に陥っている。

そしてこれは香港で利益を上げてきた多くのイギリス企業の立場を象徴している。

こういう人質(企業質?)は、今のイギリス政府の苦悩ともつながっている。

 

もしよければ、無料のメルマガの登録もお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元のGlobal Times(環球時報)の記事
https://www.globaltimes.cn/content/1190209.shtml
画像はWikimediaから
https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/7/78/Leung_Chun-ying_at_2013_Policy_Address_03_%28cropped%29.jpg

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 親中から反中に抜本的に転換! インドネシアのジョコ政権! (朝香 豊)
  2. ウクライナ機は撃墜か! イラン危機!(朝香 豊)
  3. 持ち込み荷物 X線検査受けずに出国! ゴーン被告!(朝香 豊)
  4. やはり感染者の実数は中国政府の公式発表の100倍程度で考えるべき!(朝香 豊)
  5. 文在寅大統領はチョ・グク氏の法相任命を強行! 力による抑圧に自信か?

関連記事

  1. 外交

    ファーウェイ孟晩舟被告の裁判で、テレビに映ったメッセージボードはヤラセだった!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!カナ…

  2. 安全保障

    発症しても、検査でわからないことがある! 新型肺炎!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!BB…

  3. 安全保障

    WHOの恐るべき中国忖度の実態! 武漢に行っても調査はせず!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!WH…

  4. 経済

    「歴史的合意」」なのに、石油価格は低迷を続ける! 壊れる世界経済!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!サウ…

  5. 安全保障

    新型コロナウイルスに関する検閲は、既に12月に始まっていた! 中国!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!カナ…

  6. 経済

    菅氏が一番増税派? そんなわけはない!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!テレ…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 人権・民主主義

    中国系テレビメディアの偏向報道をイギリスが調査へ! (朝香 豊)
  2. 経済

    EUはブレグジットで不要なイギリスいじめをしている場合ではない!
  3. 安全保障

    主要戦略物資は国内生産へ! ナバロ大統領補佐官!(朝香 豊)
  4. 人権・民主主義

    香港警察は今年の中国の建国記念日が「非常に危険」と警告! (朝香 豊)
  5. 人権・民主主義

    デンマークから中国への支援物資提供に、中国ネット民は「断固拒否」!(朝香 豊)
PAGE TOP