安全保障

カナダから武漢ウイルス研究所へエボラウイルスが運ばれていた! コロナウイルスへの応用の可能性も!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

2019年にカナダの国立微生物学研究所(NML)の中国出身の科学者が生きているエボラウイルスとヘニパウイルスを中国の武漢ウイルス研究所に持ち出したことが、カナダ議会で問題になっている。

カナダ下院のカナダ・中国関係委員会は、カナダ公衆衛生庁(PHAC)とNMLの責任者を徹底的に追及する姿勢をみせている。PHACとNMLは議会から求められていた武漢ウイルス研究所へのウイルスサンプル輸送に関するすべての情報と文書を、指定期日までに議会に提示しなかった。

武漢ウイルス研究所は、コロナウイルスの機能獲得(gain-of-function、GOF)研究を行っている。このGOF研究と実験は、致死性のウイルスを操作し、その感染性や致死性を高める目的にあると、米国立衛生研究所(NIH)科学政策室は指摘している。GOF研究にエボラウイルスとヘニパウイルスが利用されている可能性は大いに疑わなければならない。

委員会の副委員長を務めるジーニアス下院議員が、こうした情報があることを知っているかをNMLのポリクイン副所長代行に公聴会で質問したところ、ポリクイン副所長代行は「この特定な問題には答えられない」と返答した。また、PHACのスチュワート長官に対して、持ち出しに関わった中国研究員らを解雇した理由を求めたが、長官は「申し上げることができない」として、回答を拒絶した。

ジーニアス議員

ポリクイン副所長代行とスチュワート長官に対する質問は、5月10日の公聴会でも再び行われる予定であるが、両者が回答を拒否していることからすると、パンデミックとなった今回のコロナウイルスの作成に関係している可能性も疑いに入れないわけにはいかない。そうでなかったとしても、安全保障上看過できない問題である。

ジーニアス議員は「この問題を徹底的に追及していく」としている。ぜひこの問題は曖昧にしないでやってもらいたいと思う。

※拡散制限を回避するために、「朝香豊の日本再興ニュース」ブログからの直リンクをつけていません。コメント欄にリンクをつけておきますので、こちらへのご協力もよろしくお願いいたします。

「朝香豊の日本再興ニュース」ブログの応援、よろしくお願いいたします。
  
 
 
ぜひとも無料のメルマガの登録もお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

www.theepochtimes.comの記事
https://www.theepochtimes.com/mkt_app/officials-called-to-explain-failure-to-produce-documents-regarding-transfer-of-viruses-to-wuhan-lab_3794916.html
securykid.comの記事
https://securykid.com/officials-called-to-explain-the-failure-to-document-the-transfer-of-the-virus-to-the-wuhan-institute/
カナダと中国の画像
https://beta.ctvnews.ca/content/dam/ctvnews/images/2019/6/13/1_3712772.jpg?cache_timestamp=1560465547233
ジーニアス議員の画像
https://img.theepochtimes.com/assets/uploads/2021/04/25/CP112179670-min-700×420.jpg

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 韓国の本当の仮想敵国は日本 これを前提に日本の国防を再構築しよう
  2. インドで爆発するコロナ感染! 冷淡で信頼を失ったバイデン政権!(朝香 豊)
  3. 種苗法改正は必要! 日本の種苗の知的財産を守れ!(朝香 豊)
  4. 米中通商協議が部分合意に! 今回はアメリカの一方的勝利!(朝香 豊)
  5. 進む中国のリトアニアいじめ! 徐々に広がる反発!(朝香 豊)

関連記事

  1. 安全保障

    武漢ウイルス研究所でコウモリの飼育はなかったはウソ! ウソがバレた!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!…

  2. 外交

    ラグビーW杯での旭日旗使用さえ、韓国教授は抗議へ! (朝香 豊)

    誠信女子大の徐坰徳教授は、ラグビーのW杯日本大会で旭日旗がさま…

  3. 安全保障

    笑えないレベルにまで向上した北朝鮮のミサイルシステム

    防衛省が北朝鮮の短距離弾道ミサイルについて、1)ロシアの「イス…

  4. 中国

    「ローマで中国国歌を流して中国に感謝」はやはりフェイク! 伊メディアが報じる!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!「イ…

  5. 安全保障

    台湾の高校、日本への修学旅行を延期! 新型コロナウイルスで! (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!日本…

  6. 人権・民主主義

    イタリアでリベラル勢力が暴走! サルビーニ氏の免責特権を剥奪!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!反移…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 人権・民主主義

    強制送還直前で米外交官が脱北者を救助! 韓国政府は救助を躊躇!(朝香 豊)
  2. 安全保障

    八ッ場ダムで利根川水系の水害が救われた!(朝香 豊)
  3. 道理

    朝日新聞のねじ曲がった悪意! 浄化処理を行った水を「汚染水」と報じる!
  4. 道理

    ウイグル自治区の「職業訓練校」が、世銀融資を使ってとんでもないものを購入していた…
  5. 経済

    経済財政諮問会議で、積極財政の方針が打ち出される!(朝香 豊)
PAGE TOP