安全保障

カナダから武漢ウイルス研究所へエボラウイルスが運ばれていた! コロナウイルスへの応用の可能性も!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

2019年にカナダの国立微生物学研究所(NML)の中国出身の科学者が生きているエボラウイルスとヘニパウイルスを中国の武漢ウイルス研究所に持ち出したことが、カナダ議会で問題になっている。

カナダ下院のカナダ・中国関係委員会は、カナダ公衆衛生庁(PHAC)とNMLの責任者を徹底的に追及する姿勢をみせている。PHACとNMLは議会から求められていた武漢ウイルス研究所へのウイルスサンプル輸送に関するすべての情報と文書を、指定期日までに議会に提示しなかった。

武漢ウイルス研究所は、コロナウイルスの機能獲得(gain-of-function、GOF)研究を行っている。このGOF研究と実験は、致死性のウイルスを操作し、その感染性や致死性を高める目的にあると、米国立衛生研究所(NIH)科学政策室は指摘している。GOF研究にエボラウイルスとヘニパウイルスが利用されている可能性は大いに疑わなければならない。

委員会の副委員長を務めるジーニアス下院議員が、こうした情報があることを知っているかをNMLのポリクイン副所長代行に公聴会で質問したところ、ポリクイン副所長代行は「この特定な問題には答えられない」と返答した。また、PHACのスチュワート長官に対して、持ち出しに関わった中国研究員らを解雇した理由を求めたが、長官は「申し上げることができない」として、回答を拒絶した。

ジーニアス議員

ポリクイン副所長代行とスチュワート長官に対する質問は、5月10日の公聴会でも再び行われる予定であるが、両者が回答を拒否していることからすると、パンデミックとなった今回のコロナウイルスの作成に関係している可能性も疑いに入れないわけにはいかない。そうでなかったとしても、安全保障上看過できない問題である。

ジーニアス議員は「この問題を徹底的に追及していく」としている。ぜひこの問題は曖昧にしないでやってもらいたいと思う。

※拡散制限を回避するために、「朝香豊の日本再興ニュース」ブログからの直リンクをつけていません。コメント欄にリンクをつけておきますので、こちらへのご協力もよろしくお願いいたします。

「朝香豊の日本再興ニュース」ブログの応援、よろしくお願いいたします。
  
 
 
ぜひとも無料のメルマガの登録もお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

www.theepochtimes.comの記事
https://www.theepochtimes.com/mkt_app/officials-called-to-explain-failure-to-produce-documents-regarding-transfer-of-viruses-to-wuhan-lab_3794916.html
securykid.comの記事
https://securykid.com/officials-called-to-explain-the-failure-to-document-the-transfer-of-the-virus-to-the-wuhan-institute/
カナダと中国の画像
https://beta.ctvnews.ca/content/dam/ctvnews/images/2019/6/13/1_3712772.jpg?cache_timestamp=1560465547233
ジーニアス議員の画像
https://img.theepochtimes.com/assets/uploads/2021/04/25/CP112179670-min-700×420.jpg

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 種苗法改正は必要! 日本の種苗の知的財産を守れ!(朝香 豊)
  2. 進む日台離反工作! 工作に乗せられていないか、冷静に考え直そう!(朝香 豊)
  3. 難民認定を甘くすることに反対!(朝香 豊)
  4. 中国の国家発展改革委員会が不動産バブルの維持を断念か? 体制崩壊につながる可能性…
  5. テレ朝での問題発言がYouTubeにも飛び火! 池上彰!(朝香 豊)

関連記事

  1. 人権・民主主義

    中国のサッカー学校運営から撤退! 独FCケルン!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!ドイツ・…

  2. 安全保障

    中国からの求人を禁止へ! デカップリングに一歩踏み出した台湾!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!…

  3. 安全保障

    米司法省、スパイ容疑で元中国人を逮捕!(朝香 豊)

    米司法省は、中国政府に米国家機密情報を渡した疑いで、中国出身で…

  4. 安全保障

    南部は豪雨、北部は異常な気温低下! バッタの大量発生にも苦しむ中国! (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 人権・民主主義

    チェ・スンシル氏、タブレット端末を使用した事実さえない! (朝香 豊)
  2. 外交

    文在寅政権が決めた駐米韓国大使の承認が異例の遅れ! アメリカ側はこのまま拒否か?…
  3. 中国

    中国本土のイベントに台湾の国民党は代表団を派遣せず! 反中に動く台湾の世論!(朝…
  4. 安全保障

    韓国財界が北朝鮮に激怒! 現代グループの裏金で核開発を進めながら、用済みになると…
  5. 人権・民主主義

    ウイグルのジェノサイドをAP通信が詳細報道! これをツイッターは不適切判定!(朝…
PAGE TOP