安全保障

カナダから武漢ウイルス研究所へエボラウイルスが運ばれていた! コロナウイルスへの応用の可能性も!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

2019年にカナダの国立微生物学研究所(NML)の中国出身の科学者が生きているエボラウイルスとヘニパウイルスを中国の武漢ウイルス研究所に持ち出したことが、カナダ議会で問題になっている。

カナダ下院のカナダ・中国関係委員会は、カナダ公衆衛生庁(PHAC)とNMLの責任者を徹底的に追及する姿勢をみせている。PHACとNMLは議会から求められていた武漢ウイルス研究所へのウイルスサンプル輸送に関するすべての情報と文書を、指定期日までに議会に提示しなかった。

武漢ウイルス研究所は、コロナウイルスの機能獲得(gain-of-function、GOF)研究を行っている。このGOF研究と実験は、致死性のウイルスを操作し、その感染性や致死性を高める目的にあると、米国立衛生研究所(NIH)科学政策室は指摘している。GOF研究にエボラウイルスとヘニパウイルスが利用されている可能性は大いに疑わなければならない。

委員会の副委員長を務めるジーニアス下院議員が、こうした情報があることを知っているかをNMLのポリクイン副所長代行に公聴会で質問したところ、ポリクイン副所長代行は「この特定な問題には答えられない」と返答した。また、PHACのスチュワート長官に対して、持ち出しに関わった中国研究員らを解雇した理由を求めたが、長官は「申し上げることができない」として、回答を拒絶した。

ジーニアス議員

ポリクイン副所長代行とスチュワート長官に対する質問は、5月10日の公聴会でも再び行われる予定であるが、両者が回答を拒否していることからすると、パンデミックとなった今回のコロナウイルスの作成に関係している可能性も疑いに入れないわけにはいかない。そうでなかったとしても、安全保障上看過できない問題である。

ジーニアス議員は「この問題を徹底的に追及していく」としている。ぜひこの問題は曖昧にしないでやってもらいたいと思う。

※拡散制限を回避するために、「朝香豊の日本再興ニュース」ブログからの直リンクをつけていません。コメント欄にリンクをつけておきますので、こちらへのご協力もよろしくお願いいたします。

「朝香豊の日本再興ニュース」ブログの応援、よろしくお願いいたします。
  
 
 
ぜひとも無料のメルマガの登録もお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

www.theepochtimes.comの記事
https://www.theepochtimes.com/mkt_app/officials-called-to-explain-failure-to-produce-documents-regarding-transfer-of-viruses-to-wuhan-lab_3794916.html
securykid.comの記事
https://securykid.com/officials-called-to-explain-the-failure-to-document-the-transfer-of-the-virus-to-the-wuhan-institute/
カナダと中国の画像
https://beta.ctvnews.ca/content/dam/ctvnews/images/2019/6/13/1_3712772.jpg?cache_timestamp=1560465547233
ジーニアス議員の画像
https://img.theepochtimes.com/assets/uploads/2021/04/25/CP112179670-min-700×420.jpg

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. ショーン・レノンが正論で反日韓国人に反論!
  2. ファイザーワクチンが南ア変異株に弱いだって? リアルデータから検証しよう!(朝香…
  3. 進む中国のリトアニアいじめ! 徐々に広がる反発!(朝香 豊)
  4. フロイド氏殺害でナイキがキャンペーン! でもナイキの本質はチキンだ!(朝香 豊)…
  5. 文在寅大統領はチョ・グク氏の法相任命を強行! 力による抑圧に自信か?

関連記事

  1. 安全保障

    日本がファイブアイズに加入へ! 急速に強まる対中包囲網!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!アメ…

  2. 安全保障

    新型コロナウイルスで、台湾とチェコが協力協定へ!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!台湾…

  3. 安全保障

    イスラエル破壊は「達成可能な目標」! イラン革命防衛隊司令官!(朝香 豊)

    イラン革命防衛隊のホセイン・サラミ司令官は、宿敵イスラエルにつ…

  4. 安全保障

    河野防衛相、中国の軍事拡大に警告!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!日本…

  5. 人権・民主主義

    韓国で与党大勝! 日本企業は韓国から撤退せよ!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!メル…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 経済

    ウイグルの強制労働で生産された綿を、日本企業が使用か?(朝香 豊)
  2. 経済

    対中輸出の大幅減が続いている!(朝香 豊)
  3. 人権・民主主義

    監視カメラ設置台数の多い都市世界ランキングのトップ5は全て中国の都市! 当たり前…
  4. 安全保障

    米新安保担当補佐官に人質解放に実績の高いオブライエン氏選出! ただし懸念もある!…
  5. 経済

    中国で加速する国進民退! これにより中国経済が崩壊する!(朝香 豊)
PAGE TOP