道理

トランプ大統領の法務チームがCNNを偏向報道で訴えると警告!(朝香 豊)

トランプ大統領の法務部門のチームは、トランプ大統領に対して前例のない「不公正で、事実無根で、非倫理的で、無法な」攻撃をしているとして、CNNに対して法的処置も辞さないと警告した。

トランプチームのハーダー弁護士がCNNに送った書簡には、相当な損害賠償の支払いと、状況の重大さに完全に対処するための適切な処置を取ることが求められている。

書簡は、CNNが自らを「真実の追求者」などと自称しつつ大統領の誹謗中傷をしているのは、ランハム法(商標法)に違反し、プロジャーナリスト協会の倫理規定にも違反していると述べている。

なお、CNNについては、元CNN社員のケアリー・ポアーチが同局の朝の編集会議の様子を隠し撮りした動画が話題になっている。この動画では、CNNのザッカー社長がトランプ大統領に対する個人的な復讐心から、表面的には中立的で公平に見せかけながら、実は中立とは程遠い番組をCNNのスタッフに作らせている様子が伺える。

これに対して、CNNの側は、この書簡はまともに扱うに値しないとして無視を決め込んだようだ。

トランプ側も当面はこれ以上踏み込むことはしないようだが、こうした書簡を送っただけでも、いい加減な報道を行うマスコミに対する警告にはなったと思われる。

日本政府もこうした処置を偏向報道をするマスコミに対してやることを考えるべきではないだろうか。

これの元ネタとなるFOX NEWSの記事https://www.foxnews.com/media/trump-legal-team-threatens-cnn-with-lawsuit-over-unfair-unfounded-unethical-and-unlawful-coverage

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 「研究所起源説」をめぐるアメリカ政府内部での攻防! ついに「起源説」が市民権を得…
  2. 進む中国のリトアニアいじめ! 徐々に広がる反発!(朝香 豊)
  3. 予想通り、イランで体制の危機が発生! 政権崩壊まで進む可能性大! (朝香 豊)
  4. FBのヒドロキシクロロキン否定は、トランプへのネガキャン利用のためだった! (朝…
  5. 中国が「新型インフラ建設」の大型投資を打ち出す! 西側は勝てるのか?(朝香 豊)…

関連記事

  1. 安全保障

    沖縄タイムスが軍隊廃止のコスタリカを絶賛! 歴史的背景を無視!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!常備…

  2. 道理

    男系継承の重みを踏まえる! 菅総理明言!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!菅義…

  3. 道理

    経産省、韓国の「遺憾の意」を完全否定!(朝香 豊)

    日韓の貿易管理に関する政策対話の再開について、韓国大統領府の鄭…

  4. 経済

    中国の配車サービスのDiDiに中国政府が圧力! 上場したてのアメリカの投資家に大打撃!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

  5. 道理

    釜山市長のセクハラ辞任の裏事情!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!呉巨…

  6. 道理

    「正義」であれば、勝手に何をやっても許されるのか? 断固取り締まるべき!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!"B…

無料メルマガ

おすすめ記事

  1. Featured Video Play Icon

アーカイブ

  1. 安全保障

    破綻の縁に追い込まれたキューバ経済! 政権側は体制の危機を認識!(朝香 豊)
  2. 安全保障

    今なお「安保法制=戦争法」だと主張! あまりに無責任な日本共産党!(朝香 豊)
  3. 安全保障

    中共は明天集団を接収! 中国・香港は投資できる場所ではなくなった!(朝香 豊)
  4. 安全保障

    台湾、武漢のある湖北省からの団体客ゼロに! (朝香 豊)
  5. 人権・民主主義

    香港民主化リーダーがハンマーで頭部を殴られる!(朝香 豊)
PAGE TOP