経済

英衛星通信スタートアップ企業が破綻! ソフトバンクグループが過半の株式保有!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

イギリスの衛星通信スタートアップ企業の「ワンウェブ」が経営破綻し、米連邦破産法11条を申請した。

同企業にはソフトバンクグループが2000億円以上投資し、株式の5割以上を握る筆頭株主になっている。

「ワンウェブ」は衛星通信を使ったインターネット通信網を提供するために、70基を超える衛星を打ち上げてきた。

今後10年で6000基の衛星を打ち上げる計画を持ち、21年からの商用化を目指していた。

新型コロナウイルスの感染拡大によって、市場環境が厳しくなり、ソフトバンクグループとしても金融支援は困難だと判断したとされているが、それが具体的にどういう事態を表しているかを考えたい。

ソフトバンクグループは株価が急落しており、これに対して出資者の不満が高まっていた。

そのため、ソフトバンクグループは、最大4兆5000億円の資産売却を行い、最大2兆円の自社株買いをすると発表した。

資産売却が順調に進むのなら、ソフトバンクグループが「ワンウェブ」の救済資金を売却資産から充てるのは、さほど難しいことではなかっただろう。

自社株買いには当面はまずは5000億円だけ使うとしているので、4兆5000億円の資産売却のメドが立つなら、キャッシュフローはさほど問題ではなくなるはずだ。

だが、4兆5000億円の資産売却が現実にはスムーズには進まず、「絵に描いた餅」になるのが見えているので、「ワンウェブ」救済に充てる資金は出せないというところに追い込まれたということではないかと思う。(ソフトバンクグループを細かく追っていないので、邪推かもしれないが。)

また、スペースXやアマゾンが同分野に参入してきて、競争的に厳しくなってきたという事情も、恐らくは関係しているのだろう。

なお、ソフトバンクグループは、シェアオフィスの「ウィーワーク」を展開する「ウィーカンパニー」救済に多額の資金を費やしてきたが、格付け大手のS&Pグローバル・レーティングスは23日に「ウィーカンパニー」の格付けを、「シングルBマイナス」から「トリプルCプラス」へと引き下げた。

この結果として「ウィーカンパニー」が発行する社債は暴落し、年利36%に達している。

ソフトバンクグループの出資企業には、これ以外にも採算性や将来性に疑問符がつく企業が多い。

ソフトバンクグループの経営的な厳しさは、さらに増したといえるだろう。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元の日経新聞の記事
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO57370820Y0A320C2000000/
画像も同上
https://article-image-ix.nikkei.com/https%3A%2F%2Fimgix-proxy.n8s.jp%2FDSXMZO5737080028032020000001-PN1-2.jpg?auto=format%2Ccompress&ch=Width%2CDPR&fit=max&ixlib=java-1.2.0&s=21b1ab0ff6eb054a6ad84341c91e57c8

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 銃犯罪の急増と検挙率の急低下! BLM運動で広がる無秩序!(朝香 豊)
  2. 予想通り、イランで体制の危機が発生! 政権崩壊まで進む可能性大! (朝香 豊)
  3. ウクライナ機は撃墜か! イラン危機!(朝香 豊)
  4. フェイスブックは特定の方向性のみを支持! ザッカーバーグが認める!(朝香 豊)
  5. フロイド氏殺害でナイキがキャンペーン! でもナイキの本質はチキンだ!(朝香 豊)…

関連記事

  1. 経済

    種苗法改正は必要! 日本の種苗の知的財産を守れ!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!現在…

  2. 経済

    アメリカの失業登録が7週間で3300万人増加! 失業率20%超えの模様! (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!アメ…

  3. 経済

    6Gの開発支援の基金は、たったの1100億円? 大丈夫か、日本!(朝香 豊)

    次世代通信規格の6Gの技術開発を支援するために新たに設ける基金…

  4. 経済

    ムーディーズ、韓国企業14社の格付けえお一斉に引き下げる見通し! (朝香 豊)

    格付け会社のムーディーズ・インベスターズ・サービスは、韓国企業…

  5. 安全保障

    FBIが捜査するスパイ案件の半数は中国! 中国は最大級の脅威! (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!アメ…

  6. 経済

    緊急経済対策はあまりにもしょぼい! これは怒るべきだ!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!「過…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 安全保障

    米朝関係が再び緊張状態へ!(朝香 豊)
  2. 中国

    武漢発新型肺炎の感染者はすでに10万人〜20万人か?(朝香 豊)
  3. 人権・民主主義

    単純な算数でわかる今回の不正選挙! バイデン勝利はありえない!(朝香 豊)
  4. 安全保障

    台湾で訪台する中国人のための文書偽造が問題に! 日本は大丈夫なのか?(朝香 豊)…
  5. 外交

    19世紀のドイツ製地図に竹島の日本領記載確認!(朝香 豊)
PAGE TOP