経済

英衛星通信スタートアップ企業が破綻! ソフトバンクグループが過半の株式保有!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

イギリスの衛星通信スタートアップ企業の「ワンウェブ」が経営破綻し、米連邦破産法11条を申請した。

同企業にはソフトバンクグループが2000億円以上投資し、株式の5割以上を握る筆頭株主になっている。

「ワンウェブ」は衛星通信を使ったインターネット通信網を提供するために、70基を超える衛星を打ち上げてきた。

今後10年で6000基の衛星を打ち上げる計画を持ち、21年からの商用化を目指していた。

新型コロナウイルスの感染拡大によって、市場環境が厳しくなり、ソフトバンクグループとしても金融支援は困難だと判断したとされているが、それが具体的にどういう事態を表しているかを考えたい。

ソフトバンクグループは株価が急落しており、これに対して出資者の不満が高まっていた。

そのため、ソフトバンクグループは、最大4兆5000億円の資産売却を行い、最大2兆円の自社株買いをすると発表した。

資産売却が順調に進むのなら、ソフトバンクグループが「ワンウェブ」の救済資金を売却資産から充てるのは、さほど難しいことではなかっただろう。

自社株買いには当面はまずは5000億円だけ使うとしているので、4兆5000億円の資産売却のメドが立つなら、キャッシュフローはさほど問題ではなくなるはずだ。

だが、4兆5000億円の資産売却が現実にはスムーズには進まず、「絵に描いた餅」になるのが見えているので、「ワンウェブ」救済に充てる資金は出せないというところに追い込まれたということではないかと思う。(ソフトバンクグループを細かく追っていないので、邪推かもしれないが。)

また、スペースXやアマゾンが同分野に参入してきて、競争的に厳しくなってきたという事情も、恐らくは関係しているのだろう。

なお、ソフトバンクグループは、シェアオフィスの「ウィーワーク」を展開する「ウィーカンパニー」救済に多額の資金を費やしてきたが、格付け大手のS&Pグローバル・レーティングスは23日に「ウィーカンパニー」の格付けを、「シングルBマイナス」から「トリプルCプラス」へと引き下げた。

この結果として「ウィーカンパニー」が発行する社債は暴落し、年利36%に達している。

ソフトバンクグループの出資企業には、これ以外にも採算性や将来性に疑問符がつく企業が多い。

ソフトバンクグループの経営的な厳しさは、さらに増したといえるだろう。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元の日経新聞の記事
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO57370820Y0A320C2000000/
画像も同上
https://article-image-ix.nikkei.com/https%3A%2F%2Fimgix-proxy.n8s.jp%2FDSXMZO5737080028032020000001-PN1-2.jpg?auto=format%2Ccompress&ch=Width%2CDPR&fit=max&ixlib=java-1.2.0&s=21b1ab0ff6eb054a6ad84341c91e57c8

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 難民認定を甘くすることに反対!(朝香 豊)
  2. 種苗法改正は必要! 日本の種苗の知的財産を守れ!(朝香 豊)
  3. N国党の立花氏が脅迫の疑いで事情聴取! 計算ずくか?
  4. FBのヒドロキシクロロキン否定は、トランプへのネガキャン利用のためだった! (朝…
  5. キャリー・ラム行政長官の意味深な発言は、中国政府の思惑に制限をかける狙いかも

関連記事

  1. 経済

    トランプの4年間はバイデンの50年間に勝る! 黒人活動家が共和党大会で演説!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!現在…

  2. 経済

    江蘇FCが運営停止! 「蘇寧」の危機は中国の経済危機の縮図!(朝香豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!サッ…

  3. 安全保障

    主要戦略物資は国内生産へ! ナバロ大統領補佐官!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!アメ…

  4. 経済

    着実に進む中国のバブル崩壊! 「四川信託」破綻が示すもの!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!…

  5. 安全保障

    ついにドイツが対アジア外交を転換! 中国と距離を取る方針へ!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!ドイ…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 経済

    やっぱりね! 国産大型ジェット機開発に、中国は国家ぐるみで組織的なハッキング!(…
  2. 人権・民主主義

    香港警察がデモ逮捕者のレイプをしていると、女子大生が訴える!(朝香 豊)
  3. 安全保障

    韓国の国家安保室長が「開いた口が塞がらないうそ」をついていると、米軍事専門家が指…
  4. 人権・民主主義

    中国が良心の囚人から臓器を強制摘出しているとの調査結果を、英国の独立民衆法廷は国…
  5. 外交

    日本は入国制限で事前説明なかったと、韓国! 日本は広報体制を抜本改善せよ!(朝香…
PAGE TOP