中国

中国共産党内部で、水面下で党内対立激化か?(朝香 豊)

中国の習近平総書記は昨年1月に演説を行い、共産党内部の反対勢力が習近平の地位を脅かしていることへの不快感を表していた。

共産党ではない外部勢力ではなく、共産党の内部勢力が分裂・敵対していることへの警鐘だ。

今月発表された中国共産党理論誌「求是」に、この2年近く前の演説の内容が掲載されたことが波紋を呼んでいる。

これは今月開催予定の共産党中央委員会の全体会議(四中全会)を前にして、反習近平派に対する警告を表すものだと一応言われている。

2年近く経っても中国を取り巻く環境は好転していない。むしろどんどん悪化している。

米中貿易戦争は激化し、中国経済の悪化は隠しようもなくなった。

香港をめぐる混乱が半年近く続いている。これは2年前にはなかったことだ。

ウイグルをめぐる人権状況が国際的に問題視されるようになり、諸外国と中国との関係も、全体的には悪化している。

こういう中で、習近平に対する不満が2年前に比べてさらに高まっているがゆえに、この演説の内容に再度触れざるをえなかったのではないか、というわけだ。

だが、習近平派の擁護をするような顔をしながら、反習近平派が敢えてこの演説内容を載せたのではないかという見方もできる。

つまり、内部の反対勢力の持つ不満がこの2年間でむしろ拡大していることを明確にするために、この演説要旨を掲載するように動いたのではないかというものだ。

この記事において、反習近平派としては、1)党最高指導部の中の反習近平派、2)習近平の反腐敗キャンペーンで既得権益を奪われた長老や高官、3)党内の反習近平グループ の3つを挙げている。

なお、四中全会では、主要政策のみならず人事も議論されることになる。

ここで習近平が反対勢力を思い切って粛清しようとすることは十分に考えられるが、逆に反習近平派によって習近平が責任を取らされる可能性もある。

実は四中全会は本来は昨年開催されていなければならなかったものだが、習近平の独断で延期されていたものだ。

自分を取り巻く状況が好ましいものではなかったので、勝手に延期したものだ。

今回は8月に開催予告が行われているので、一応開催されると見られているが、党内をまとめきる自信のない習近平が再延期する可能性も取り沙汰されている。

足元の香港問題の解決の道筋を示すことができない中では、習近平は極めて劣勢であり、厳しい立場に追い込まれているということは言えそうだ。

四中全会が本当に行われるのか、行われたとしてそこでどんな結論が出ることになるのか、注目しておきたい。

ソースとなった大紀元時報の記事https://www.epochtimes.jp/p/2019/10/48110.html

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 予想通り、イランで体制の危機が発生! 政権崩壊まで進む可能性大! (朝香 豊)
  2. サウジへの攻撃はハメネイ師の指示か! 私の見立て (朝香 豊)
  3. 習近平体制が崩壊する?? 李克強が路線修正へ!(朝香 豊)
  4. 尖閣諸島の危機的な状況に目を覚ませ!
  5. 種苗法改正は必要! 日本の種苗の知的財産を守れ!(朝香 豊)

関連記事

  1. 中国

    中国で相次ぐ天変地異! 火山の爆発もある?(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!この…

  2. 人権・民主主義

    アメリカが中国共産党機関紙「環球時報」の幹部の入国ビザ却下! (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国共産…

  3. 安全保障

    セクハラでバイデン氏告発の女性! うそ発見器にかかってもいい!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!民主…

  4. 安全保障

    北朝鮮産石炭、瀬取りの手法で中国に! 安保理専門家パネルが報告書!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!国連…

  5. 安全保障

    日米印豪の防衛協力をNATO並に引き上げる! ビーガン国務副長官!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!アメ…

  6. 経済

    中国洪水被害は意外と軽微! 中国メディアが報道!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!今回…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 人権・民主主義

    オットー・ワームビアさんの両親が訪韓! 世界各地に隠された北朝鮮の資産を捜し出そ…
  2. 中国

    中国、武漢をようやく封鎖! 春節前にギリギリ間に合った!(朝香 豊)
  3. 経済

    小規模事業者向けの無担保融資を中国政府は奨励! 中国経済の崩壊が進んでいる! (…
  4. 外交

    処理水の海洋放出の問題を、韓国は国際会議で正式議題に取り上げさせる方針!(朝香 …
  5. 人権・民主主義

    香港で200万人がPTSD発症か? 香港大学が推計!(朝香 豊)
PAGE TOP