外交

米中合意は幻か? 中国再協議を求める!(朝香 豊)

中国は米国との「第1段階」の通商合意に署名する前に、合意を巡る詳細について米国との一段の協議を持つことを望んでいることがわかった。

アフリカ豚コレラで壊滅的な打撃を受け、豚肉や畜産飼料の輸入量を大幅に増やしたい中国が、一方的な譲歩をする形で成立した通商合意について、習近平からクレームが入った可能性がある。

中国側は、龍鶴副首相を代表として派遣する用意をしている模様だ。

今回の合意については、トランプ政権の方もこのまま合意が成立するかどうか疑問視する発言があり、最終文書がまとまるまでは署名はしないと明言していた。

事務方では対応できないということであるなら、結局は決裂することになる公算も高いとみておくべきではないだろうか。

ソースとなった大紀元時報の記事https://www.epochtimes.jp/p/2019/10/48132.html

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. ウクライナ機は撃墜か! イラン危機!(朝香 豊)
  2. 「表現の不自由展」を支援するよう求める社説掲載! 朝日新聞!(朝香 豊)
  3. 人民元のデジタル通貨化に秘められた野望を見逃すな!
  4. 米中通商協議が部分合意に! 今回はアメリカの一方的勝利!(朝香 豊)
  5. 最悪! 安倍・習会談、習近平氏の国賓来日の準備を進めることで一致! (朝香 豊)…

関連記事

  1. 外交

    韓国与党の放射性物質マップ、やはりデータ改竄していたことが発覚!(朝香 豊)

    韓国与党「共に民主党」が作成した日本の放射線量のマップのデータ…

  2. 外交

    金正恩が文在寅の招待を拒否! 釜山で行われるASEANの会合 (朝香 豊)

    北朝鮮国営の朝鮮中央通信は、韓国の釜山で開かれる韓国・東南アジ…

  3. 外交

    処理水の海洋放出の問題を、韓国は国際会議で正式議題に取り上げさせる方針!(朝香 豊)

    ロンドンにある国際海事機関の本部で開催される国際会議で、福島原…

  4. 外交

    トランプ大統領、対中融和姿勢から一転強硬姿勢へ! (朝香 豊)

    強硬派のボルトン大統領補佐官解任後に融和姿勢を見せていたトラン…

  5. 外交

    習近平、赤っ恥! ネパールはチベット難民の引き渡しを拒否!(朝香 豊)

    ネパールはチベットとインドに挟まれ、中国には地政学的に重要な場…

  6. 安全保障

    中国の工作員の米潜入のための不正ビザ取得がバレた! (朝香 豊)

    中国には、海外のハイレベル人材を招致するための「千人計画」とい…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 安全保障

    中国からの資金提供を隠蔽した研究で54人が解雇! 米国立衛生研究所!(朝香 豊)…
  2. 経済

    EUからのイギリスの離脱交渉が急激に動き始めた! 合意到達間近か!(朝香 豊)
  3. 中国

    武漢発の新型肺炎、真の感染源は海鮮市場ではなかった?? (朝香 豊)
  4. 安全保障

    武漢大学が新たな検査方法を開発! PCRよりはるかに優れている??(朝香 豊)
  5. 経済

    ウイグルの強制労働で生産された綿を、日本企業が使用か?(朝香 豊)
PAGE TOP