安全保障

フランスもファーウェイ排除を拒否! 5G網でイギリスに続く!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

フランスのブリュノ・ルメール経済・財務相は、「ファーウェイに対する差別はない…ファーウェイはフランスの5Gからは排除されない」と明言した。

トランプ政権は、ヨーロッパ諸国に対して軍事費の負担が少なすぎることを批判したり、エアバス社に対する補助金をやり玉に挙げて総攻撃したり、ロシアの天然ガスを安価に欧州に安定供給できるパイプラインの建設を徹底的に邪魔したりして、ヨーロッパではひんしゅくを買っているところがある。

フランスのマクロン大統領は「アメリカに頼らないヨーロッパ独自の安全保障体制」を唱え、ヨーロッパ諸国とアメリカとの間でNATOの動き方に一致が見られないことが多いことに対して、「脳死状態」と表現した。

フランスからすれば、アメリカが身勝手な要求ばかりをしてくることに、反発を覚えているところは大いにあり、それが対中政策において、アメリカと別の道を敢えて志向していることにつながっているのであろう。

5Gに関する対中政策では、ヨーロッパ勢をアメリカ側に引き寄せることには、完全に失敗していると言えるだろう。

昨今は「5Gビヨンド」とか「6G」とかの話が聞こえるようになってきたが、5Gでのファーウェイ排除が難しくなったことを前提に、戦略を練り直さないといけなくなっているようだ。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元のAFPBBの記事
https://www.afpbb.com/articles/-/3268180?cx_part=latest

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 中国は悪辣な独裁政権で自由国家に敵対的! 米政権が激しく非難!(朝香 豊)
  2. 予想通り、イランで体制の危機が発生! 政権崩壊まで進む可能性大! (朝香 豊)
  3. ドイツが裏技でEUの財政ルールの回避を検討!
  4. ソ連は欧州を解放した! 今なお時代錯誤な朝日新聞!(朝香 豊)
  5. パイプラインへのサイバー攻撃で、アメリカ東部は大混乱! 黒幕は本当にロシアか?(…

関連記事

  1. 経済

    HSBC銀行に「国家安全法」への支持を脅す! 中国政府!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!香港…

  2. 安全保障

    インド政府もZoomの公的利用を禁止へ! 世界的に広がるZoomの禁止!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!イン…

  3. 安全保障

    「チャイナ・ウイルス」の本がアマゾンで発売禁止に! 中国の圧力か? (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 安全保障

    フィリピンで中国軍兵士が潜伏か? 調査へ!(朝香 豊)
  2. 未分類

    何があったんだ、韓国! 自称元「徴用工」訴訟で、ソウル中央地裁は訴えを却下!(朝…
  3. 安全保障

    コロナは急激に弱毒化しているのでは? CDC統計から考える!(朝香 豊)
  4. 安全保障

    英はファーウェイ5G参入を見直しか? コロナ情報隠蔽で!(朝香 豊)
  5. 人権・民主主義

    トランプ票がバイデン票にやはり転換されたのか? ドミニオン投票集計機!(朝香 豊…
PAGE TOP