経済

焦る中国! 外資の取り込みに必死!


中国は米中対立の中で輸出減少や資本流出に苦しんでいる。

中国は厳格な資本規制を行なっているにもかかわらず、本年の第1四半期(1〜3月期)には非公式な形で海外に流出した資金が878億ドルと過去最高に達した。

トランプ大統領が求める中国からの撤退命令は単なる「願望」に過ぎないとみなす向きもあるが、トランプ大統領はいざという場合には「国際緊急経済権限法」を持ち出して対処する可能性をほのめかしている。

中国経済が減速し、投資リターンが下がっているから、中国への新規投資は魅力が薄れていることも見逃せない。

これに対して中国政府は、中国本土の株式や債券を売買できる「適格外国機関投資家」と、同じく人民元建てで中国株・債券に投資できる「人民元適格外国機関投資家」の限度枠を撤廃した。外資の導入に必死なのだ。

中国はまた、フォーチュン500に名を連ねる世界的な大企業のみを対象とした会議を開催することも計画している。

こうした中国の陽動作戦に多くの企業が載せられることなく、中国からの撤退が相次ぐことになれば、中国の弱体化は避けようがないだろう。

この点が中国の命運がどうなるかの1つの鍵となる。

これに関連するロイターの記事

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 「表現の不自由展」を支援するよう求める社説掲載! 朝日新聞!(朝香 豊)
  2. ドイツが裏技でEUの財政ルールの回避を検討!
  3. 中国の国家発展改革委員会が不動産バブルの維持を断念か? 体制崩壊につながる可能性…
  4. 尖閣諸島の危機的な状況に目を覚ませ!
  5. 中国が「新型インフラ建設」の大型投資を打ち出す! 西側は勝てるのか?(朝香 豊)…

関連記事

  1. 経済

    今回の想定を超える台風被害の背景に、インフラの老朽化の影響がある! (朝香 豊)

    東京電力パワーグリッドは台風襲撃から5日目の13日に、今後の復…

  2. 経済

    文在寅、ソウル大が選ぶ最悪の大統領1位! 87%(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!韓国…

  3. 経済

    中国経済の崩壊! 中国政府も認識!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

  4. 安全保障

    アメリカはイラン中央銀行に制裁を発動! (朝香 豊)

    イランのサウジアラビアへの攻撃が確実視される中で、トランプ大統…

  5. 経済

    日中韓自由貿易協定の公式交渉開催へ こんなもの必要か?(朝香 豊)

    「第16回日中韓FTA公式交渉」が27日からソウルで開催される…

  6. 経済

    トランプも、対抗馬の民主党候補も、対中政策のジレンマに陥っている!

    トランプ大統領が中国に仕掛けた貿易戦争が米国経済にもたらす悪影…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 安全保障

    中国の隠蔽と捏造を国際調査せよ! 米共和党有力議員が提言!(朝香 豊)
  2. 道理

    出資は日本、建設は中国はおかしい! 進次郎、これは正論!(朝香 豊)
  3. 経済

    人民元のデジタル通貨化に秘められた野望を見逃すな!
  4. 安全保障

    日本とEUが中国の一帯一路構想に対抗する新協定を締結! (朝香 豊)
  5. 安全保障

    救急搬送で11箇所から受け入れ拒否も! 新型コロナが疑われる患者!(朝香 豊)
PAGE TOP