経済

焦る中国! 外資の取り込みに必死!


中国は米中対立の中で輸出減少や資本流出に苦しんでいる。

中国は厳格な資本規制を行なっているにもかかわらず、本年の第1四半期(1〜3月期)には非公式な形で海外に流出した資金が878億ドルと過去最高に達した。

トランプ大統領が求める中国からの撤退命令は単なる「願望」に過ぎないとみなす向きもあるが、トランプ大統領はいざという場合には「国際緊急経済権限法」を持ち出して対処する可能性をほのめかしている。

中国経済が減速し、投資リターンが下がっているから、中国への新規投資は魅力が薄れていることも見逃せない。

これに対して中国政府は、中国本土の株式や債券を売買できる「適格外国機関投資家」と、同じく人民元建てで中国株・債券に投資できる「人民元適格外国機関投資家」の限度枠を撤廃した。外資の導入に必死なのだ。

中国はまた、フォーチュン500に名を連ねる世界的な大企業のみを対象とした会議を開催することも計画している。

こうした中国の陽動作戦に多くの企業が載せられることなく、中国からの撤退が相次ぐことになれば、中国の弱体化は避けようがないだろう。

この点が中国の命運がどうなるかの1つの鍵となる。

これに関連するロイターの記事

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. ショーン・レノンが正論で反日韓国人に反論!
  2. 最悪! 安倍・習会談、習近平氏の国賓来日の準備を進めることで一致! (朝香 豊)…
  3. キャリー・ラム行政長官の意味深な発言は、中国政府の思惑に制限をかける狙いかも
  4. ドイツが裏技でEUの財政ルールの回避を検討!
  5. 白人の子供たちは無邪気に幼少期をすごしてはいけない! おかしくないか?(朝香 豊…

関連記事

  1. 外交

    トランプ大統領、対中融和姿勢から一転強硬姿勢へ! (朝香 豊)

    強硬派のボルトン大統領補佐官解任後に融和姿勢を見せていたトラン…

  2. 経済

    新型コロナショック! 中国の海航集団が破綻、政府管理下に!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

  3. 安全保障

    日本がファイブアイズに加入へ! 急速に強まる対中包囲網!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!アメ…

  4. 経済

    ドイツが裏技でEUの財政ルールの回避を検討!

    ドイツ政府は、EUの厳格な財政ルールに抵触しない「影の予算」を…

  5. 経済

    円は1ドル=95円に向かう! ゴールドマン・サックス! 日本は財政出動を!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!ゴー…

  6. 馬雲 ジャック・マー

    経済

    まだ難局の始まりかもしれない! アリババ創業者のジャック・マー!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!アリ…

無料メルマガ

おすすめ記事

  1. Featured Video Play Icon

アーカイブ

  1. 道理

    東京地検がゴーン妻に逮捕状! 異例の公表!(朝香 豊)
  2. 中国

    新型コロナウイルスの研究公表の統制がばれる! 中国! (朝香 豊)
  3. 中国

    「エイズの責任をアメリカは取ったのか?」 中国外交部の異常な「反論」! (朝香 …
  4. 人権・民主主義

    ベトナム戦争時の民間人虐殺に関する調査を、韓国政府は拒否!(朝香 豊)
  5. 安全保障

    戒厳令を敷くべき! トランプ大統領に求める声が相次ぐ!(朝香 豊)
PAGE TOP