経済

12月の景気動向指数が発表! 抜本的な経済方針の転換を!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

12月の景気動向指数が発表された。

一致指数は94.7で、11月の数値から横ばいだった。

一見は大したことがないように見えるかもしれないが、これは実は大問題なのである。

というのは、10月に消費税の増税を行ったことによって、10月や11月に大幅な落ち込みがあったからだ。

この2ヶ月の落ち込みは仕方ないとしても、12月には当然リバウンドしてくるのではないかという期待があったわけだ。

だが、その期待は裏切られた。

もう少し具体的に見てみよう。

消費税を増税した10月は5.1ポイントの大幅低下で、11月は10月よりさらに0.6ポイント下がっていた。

その前提があって、本来であれば多少なりとも12月にはリバウンドするのが普通だと見られていたわけだ。

したがって2019年の10月〜12月期を通じてみると、5.7ポイントの大幅減少ということになる。

前回の消費税増税期の2014年の4月〜6月期の落ち込みは3.6ポイントであったので、この時よりも消費税増税が与える経済へのインパクトは大きいものとなっていることがわかる。

10〜12月期の経済成長率ももうすぐ速報値が発表されるだろうが、大幅なマイナスになるのは避けられないだろう。

これはこの20年余りの日本経済が、国内経済はもう伸びないという前提のもとで、外需依存、特に中国依存を高めてきたこととも関係する。

すなわち、中国経済の大ブレーキによって外需が大きな痛手を受けたことと大いに関係するわけだ。

それがわかっていたのに、消費税の増税を行ったというタイミングの悪さが、経済にさらに大きな重しを与えたのである。

さて、新型肺炎の蔓延によって、中国経済はさらに大きな打撃を受ける。

世界中の企業が、この打撃が長引くことを予想し、サプライチェーンから中国を切り離す動きを見せることで、中国はさらに弱い立場に回っている。

そしてそれが皮肉にも、アメリカの株価を押し上げている。

北米に生産拠点が戻ってきて、国内経済をかえって押し上げると考えているからだ。

これは日本も学ぶべきだろう。

中国への経済依存を思い切って低くすることで、日本経済の中国ショックを和らげる効果が出てくるからだ。

この方向で、政府は財界をリードすべきだ。

と同時に、政府としても積極財政を展開することで、弱っている経済を思い切って支えるべきだ。

本予算を組み替えるか、あるいは大型の補正予算を新たに組む動きを加速させることによって、この危機に対応できるようにしなければならない。

中国とともに沈んでいくような愚かな真似は絶対に避けるべきだ。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元の日経新聞の記事
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO55391610X00C20A2EA4000/
画像も同記事から
https://article-image-ix.nikkei.com/https%3A%2F%2Fimgix-proxy.n8s.jp%2FDSXMZO5540379007022020EA4001-PN1-3.jpg?auto=format%2Ccompress&ch=Width%2CDPR&fit=max&ixlib=java-1.2.0&s=54c695faff5f6ffe293c94bcea9f5084

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 中国が武漢P4からフランスを排除していた! 騙されたフランス!(朝香 豊)
  2. 習近平体制が崩壊する?? 李克強が路線修正へ!(朝香 豊)
  3. 親中から反中に抜本的に転換! インドネシアのジョコ政権! (朝香 豊)
  4. 中国は悪辣な独裁政権で自由国家に敵対的! 米政権が激しく非難!(朝香 豊)
  5. 北朝鮮漁船と水産庁船の衝突 ようやく映像公開へ! 日本政府の対応には不信感がいっ…

関連記事

  1. 人権・民主主義

    習近平国家首席の国賓待遇来日批判、野党にも広がる! 頑張ろう!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!国民…

  2. 人権・民主主義

    香港民主化運動がノーベル平和賞候補へ! 米超党派議員が推薦!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!アメ…

  3. 安全保障

    香港のデモの中止決定! 問われる西側の敗北! (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

  4. 経済

    新型コロナショック! 中国の海航集団が破綻、政府管理下に!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

  5. 安全保障

    地方政府の中国との契約は無効! オーストラリアの外交方針と一致しないなら!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!オー…

  6. Huawei のロゴ

    中国

    ファーウェイ、内部告発者への報復がバレて、中国国内でも不買運動発生!(朝香 豊)

    人気ブログランキングでの応援、よろしくお願いします!ファー…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 経済

    COP25での日本非難に迎合するな! 日本ほどの環境先進国はない!(朝香 豊)
  2. 安全保障

    小規模な侵攻なら制裁は小さい? 実はバイデン政権の本音の可能性!(朝香 豊)
  3. 人権・民主主義

    「公共のメディア」のはずのChoose Life Projectに立憲民主党が1…
  4. 道理

    WHOの会計を精査せよ! 不都合な真実! (朝香 豊)
  5. Featured Video Play Icon

    人権・民主主義

    文在寅大統領はチョ・グク氏の法相任命を強行! 力による抑圧に自信か?
PAGE TOP