中国

武漢で1日に亡くなっている数を推計したら、すごいことがわかった! 新型肺炎!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

武漢市の火葬場に運ばれてくる遺体の数は、平常時の4〜5倍に達しているとの情報が出てきた。

これは大紀元時報の記者が、火葬場に聞き込み調査を行って得た結果だ。

これを信頼した上で、新型肺炎で亡くなっている、一日あたりの武漢市民の数を、大雑把に計算してみた。

中国全土の2019年の年間死亡率は0.73%であるので、武漢市の年間死亡率も同様であるとみなしてみた。

そうすると、通常であれば年間で8万人程度、1日あたり200人程度が亡くなっていることになる。

これに対して、現在火葬場に運ばれてくる遺体の数が4〜5倍に達しているとすれば、毎日800体〜1000体の遺体が運ばれてくることになる。

通常期の1日あたりの死者数の200体をここから引くと、毎日600体〜800体がこの新型肺炎で亡くなった人の数だということになる。

この中には、新型肺炎が原因で亡くなっている方だけでなく、病院が機能不全を起こしているがために、他の病気で亡くなっている方も混じっているだろう。

だが、そういう人たちもまた、この新型肺炎の犠牲者だとも言えるはずだ。

ともあれ、中国が発表している、2月8日現在の累計の死者の722人という数字は、これだけ見ても現実とは大幅に乖離していることがわかる。

それと同じくらいの数が、武漢市だけで毎日発生していると推計できるからだ。

そしてこれが現実だ。

これはもちろん医療崩壊している武漢市だからの結果だが、それでも季節性インフルエンザと大差ないようなものではないということを、我々は理解すべきだ。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元の大紀元時報の記事
https://www.epochtimes.jp/p/2020/02/51563.html
画像は自由時報の記事から
https://news.ltn.com.tw/news/world/breakingnews/3052177
https://img.ltn.com.tw/Upload/news/600/2020/01/30/php1ae4qF.jpg

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 不良ワクチンで女児死亡! 家族も徹底弾圧! 中国!(朝香 豊)
  2. 北朝鮮漁船と水産庁船の衝突 ようやく映像公開へ! 日本政府の対応には不信感がいっ…
  3. もうこれ以上、静かにしてはいられない! 文在寅政権に対して、アメリカは怒りを隠さ…
  4. 予想通り、イランで体制の危機が発生! 政権崩壊まで進む可能性大! (朝香 豊)
  5. ショーン・レノンが正論で反日韓国人に反論!

関連記事

  1. 経済

    中国、不動産バブル崩壊へ! 中国恒大集団が大幅値引販売実施!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

  2. 安全保障

    国内のアウトブレイク対策に移行せよ! 新型コロナウイルス!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!ダイ…

  3. 安全保障

    神戸鋼でも、防衛省関連情報の漏洩が発覚! 日本の対応は甘い!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!三菱…

  4. 中国

    トランプ大統領、国籍取得目的の出産排除へ!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!生ま…

  5. 人権・民主主義

    デンマークから中国への支援物資提供に、中国ネット民は「断固拒否」!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!武漢…

  6. 安全保障

    中国で都市封鎖が拡大! 外出禁止も!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!武漢…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 韓国・北朝鮮

    慰安婦報道の植村隆氏が韓国でジャーナリズム賞を受賞!(朝香 豊)
  2. 人権・民主主義

    中国刑務所からのSOSのクリスマスカード! 書いた本人名乗り出る!(朝香 豊)
  3. 安全保障

    WHOが全員検査を勧告! やはり背景には中国か?(朝香 豊)
  4. 安全保障

    仁川から45キロの、本来韓国の領土である島に北朝鮮の基地! 韓国政府の北朝鮮に対…
  5. 安全保障

    米朝関係が再び緊張状態へ!(朝香 豊)
PAGE TOP