中国

武漢で1日に亡くなっている数を推計したら、すごいことがわかった! 新型肺炎!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

武漢市の火葬場に運ばれてくる遺体の数は、平常時の4〜5倍に達しているとの情報が出てきた。

これは大紀元時報の記者が、火葬場に聞き込み調査を行って得た結果だ。

これを信頼した上で、新型肺炎で亡くなっている、一日あたりの武漢市民の数を、大雑把に計算してみた。

中国全土の2019年の年間死亡率は0.73%であるので、武漢市の年間死亡率も同様であるとみなしてみた。

そうすると、通常であれば年間で8万人程度、1日あたり200人程度が亡くなっていることになる。

これに対して、現在火葬場に運ばれてくる遺体の数が4〜5倍に達しているとすれば、毎日800体〜1000体の遺体が運ばれてくることになる。

通常期の1日あたりの死者数の200体をここから引くと、毎日600体〜800体がこの新型肺炎で亡くなった人の数だということになる。

この中には、新型肺炎が原因で亡くなっている方だけでなく、病院が機能不全を起こしているがために、他の病気で亡くなっている方も混じっているだろう。

だが、そういう人たちもまた、この新型肺炎の犠牲者だとも言えるはずだ。

ともあれ、中国が発表している、2月8日現在の累計の死者の722人という数字は、これだけ見ても現実とは大幅に乖離していることがわかる。

それと同じくらいの数が、武漢市だけで毎日発生していると推計できるからだ。

そしてこれが現実だ。

これはもちろん医療崩壊している武漢市だからの結果だが、それでも季節性インフルエンザと大差ないようなものではないということを、我々は理解すべきだ。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元の大紀元時報の記事
https://www.epochtimes.jp/p/2020/02/51563.html
画像は自由時報の記事から
https://news.ltn.com.tw/news/world/breakingnews/3052177
https://img.ltn.com.tw/Upload/news/600/2020/01/30/php1ae4qF.jpg

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. ウクライナ機は撃墜か! イラン危機!(朝香 豊)
  2. 中国は悪辣な独裁政権で自由国家に敵対的! 米政権が激しく非難!(朝香 豊)
  3. 台湾で米台国交回復推進決議が全会一致で可決! なんと提案は国民党!(朝香 豊)
  4. 予想通り、イランで体制の危機が発生! 政権崩壊まで進む可能性大! (朝香 豊)
  5. パイプラインへのサイバー攻撃で、アメリカ東部は大混乱! 黒幕は本当にロシアか?(…

関連記事

  1. 安全保障

    コロナ騒ぎのどさくさ狙った、英半導体大手の中国完全乗っ取り計画! 失敗!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!英半…

  2. 安全保障

    中国のオーストラリア攻撃が激化! (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!習近…

  3. 人権・民主主義

    悪名高い「社会信用システム」の企業版も運用開始! 中国!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

  4. 安全保障

    帰国者からの単純計算では、武漢全体の感染者数は16万超えになる!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!29…

  5. 安全保障

    英空母を南シナ海派遣へ! 極東常駐案も!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!イギ…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 人権・民主主義

    フェイスブックが反中共姿勢を鮮明にする新聞の広告を拒絶! 共和党下院議員が問題視…
  2. 道理

    首里城正殿には電気コードが溶けた痕が見つかる! 管理責任のある沖縄県側の説明はウ…
  3. 安全保障

    政府の対応は破綻! 究極の選択でものごとを考えるべき時だ!(朝香 豊)
  4. 経済

    ミンクからの感染確認でミンクを殺処分へ! 過剰対応ではないのか?(朝香 豊)
  5. 安全保障

    一般病院での新型ウイルス感染患者の受け入れ困難! 院内感染発生か!(朝香 豊)
PAGE TOP