中国

南アフリカ起源の新種は「オミクロン株」と命名! ここに習近平への忖度があったのか?(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

WHO(世界保健機関)は新型コロナウイルスの変異株についてギリシャ文字のアルファ・ベータ・ガンマ・デルタ…という順番で名前を付けていたのはよく知られている。ちょっと前まで騒がれていたのは「インド変異型」とも呼ばれた「デルタ株」だった。

さて、デルタ株以降も様々な変異株が出現して「ミュー株」まで進んでいたのだが、なぜかこの後の2つの「ニュー」と「クサイ」をすっ飛ばして、最近南アフリカで広がってきたものを「オミクロン株」と呼ぶとWHOが言い出したのである。この裏事情に中国共産党の習近平総書記への忖度があったのではないかとの疑いが出ている。

「ニュー」は “New” と誤解されるから飛ばした方がいいというのはまだわかるのだが、「クサイ」は何か他のものと誤解されるのかと考えた時に、普通に考えれば特には浮かばないだろう。日本人は「クサイ」は「臭い」と思うだろうが、日本人以外はそんなことを考えることもしないはずだ。

さて「クサイ」はギリシャ文字では “ξ” と書き表すものだが、英語では “xi” という形で表現する。この “xi” がクセモノなのだ。

「習近平」は「シー・ジンピン」のように発音するが、これを英語では “Xi Jinping”のように書き表す。つまり “xi” はギリシャ文字の「クサイ」も表すが、「習」の中国音(英語音)の「シー」という発音を示すことにもなるのである。

WHOは習近平総書記への忖度を否定して、「ある地域に汚名を着せないため」(to avoid stigmatising a region)のように説明しているが、どう思われるだろうか。

WHOが「新型コロナウイルス」について「武漢ウイルス」とか「中国ウイルス」という言葉で呼ぶことを禁止していることからすれば、この扱いが習近平総書記とは無関係だというのはちょっと考えにくいのではないだろうか。

いかにも「クサイ」話だと思うのは、私が日本人だからなのだろうか。(笑)

 
 
無料のメルマガの登録をぜひともお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

やはり中国の影響は大きかった! 前回のWHOのウイルス起源報告! 調査団長が内幕暴露!(朝香 豊)


https://nippon-saikou.com/6653

遺伝子レベルで見ると、人為ウイルスの疑い濃厚! 新型コロナはいくつかのウイルスの特徴を組み合わせた人工キメラウイルスの可能性大!(朝香 豊)


https://nippon-saikou.com/6351

WHOの調査結果にも見える武漢ウイルス研究所起源の証拠 ! 中国と西側との対決の拡大方向は避けられない!(朝香 豊)


https://nippon-saikou.com/6261

globe.asahi.comの記事
https://globe.asahi.com/article/14490168
オミクロン株の画像
https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-yn/rpr/kutsunasatoshi/00269968/image-1637978791040.jpeg?exp=10800
スキップされた「クサイ」株の画像
https://p.potaufeu.asahi.com/4fc0-p/picture/26502870/8970a23d14753a4c863b03bad5cbf015.jpg

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 韓国の本当の仮想敵国は日本 これを前提に日本の国防を再構築しよう
  2. フロイド氏殺害でナイキがキャンペーン! でもナイキの本質はチキンだ!(朝香 豊)…
  3. インドで爆発するコロナ感染! 冷淡で信頼を失ったバイデン政権!(朝香 豊)
  4. 「なんでも批判」を反省しない立憲民主党! 戦前の「批判」政治の過ちを忘れるな!(…
  5. パイプラインへのサイバー攻撃で、アメリカ東部は大混乱! 黒幕は本当にロシアか?(…

関連記事

  1. 安全保障

    フランクフルトのCIAのサーバを巡って銃撃戦! 6人が死亡!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!マキ…

  2. 人権・民主主義

    米大学生がTikTokを集団提訴! 個人情報を中国に転送で!(朝香 豊)

    密かに「個人が特定できる大量のユーザー情報を吸い上げ、中国のサ…

  3. 中国

    「スペイン風邪」も中国起源か? 有力説あり!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!「ス…

  4. 安全保障

    ツイッターが危険! 中華系のLi氏が取締役に就任!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!Tw…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 人権・民主主義

    死んだはずの有権者が郵便投票! 共和党の調査でバレる!(朝香 豊)
  2. 経済

    待ったなしの米債務上限問題! 民主党左派の動きで世界経済崩壊も!(朝香 豊)
  3. 中国

    北京などで強風に煽られ大火事! 中共政府は呪われている?(朝香 豊)
  4. 経済

    ソフトバンク出資のWirecardが破綻! エンロン以来の大会計スキャンダル!(…
  5. 道理

    国立墓地から「親日派」を掘り返す? 韓国国会で今秋可決か!(朝香 豊)
PAGE TOP