中国

南アフリカ起源の新種は「オミクロン株」と命名! ここに習近平への忖度があったのか?(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

WHO(世界保健機関)は新型コロナウイルスの変異株についてギリシャ文字のアルファ・ベータ・ガンマ・デルタ…という順番で名前を付けていたのはよく知られている。ちょっと前まで騒がれていたのは「インド変異型」とも呼ばれた「デルタ株」だった。

さて、デルタ株以降も様々な変異株が出現して「ミュー株」まで進んでいたのだが、なぜかこの後の2つの「ニュー」と「クサイ」をすっ飛ばして、最近南アフリカで広がってきたものを「オミクロン株」と呼ぶとWHOが言い出したのである。この裏事情に中国共産党の習近平総書記への忖度があったのではないかとの疑いが出ている。

「ニュー」は “New” と誤解されるから飛ばした方がいいというのはまだわかるのだが、「クサイ」は何か他のものと誤解されるのかと考えた時に、普通に考えれば特には浮かばないだろう。日本人は「クサイ」は「臭い」と思うだろうが、日本人以外はそんなことを考えることもしないはずだ。

さて「クサイ」はギリシャ文字では “ξ” と書き表すものだが、英語では “xi” という形で表現する。この “xi” がクセモノなのだ。

「習近平」は「シー・ジンピン」のように発音するが、これを英語では “Xi Jinping”のように書き表す。つまり “xi” はギリシャ文字の「クサイ」も表すが、「習」の中国音(英語音)の「シー」という発音を示すことにもなるのである。

WHOは習近平総書記への忖度を否定して、「ある地域に汚名を着せないため」(to avoid stigmatising a region)のように説明しているが、どう思われるだろうか。

WHOが「新型コロナウイルス」について「武漢ウイルス」とか「中国ウイルス」という言葉で呼ぶことを禁止していることからすれば、この扱いが習近平総書記とは無関係だというのはちょっと考えにくいのではないだろうか。

いかにも「クサイ」話だと思うのは、私が日本人だからなのだろうか。(笑)

 
 
無料のメルマガの登録をぜひともお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

やはり中国の影響は大きかった! 前回のWHOのウイルス起源報告! 調査団長が内幕暴露!(朝香 豊)


https://nippon-saikou.com/6653

遺伝子レベルで見ると、人為ウイルスの疑い濃厚! 新型コロナはいくつかのウイルスの特徴を組み合わせた人工キメラウイルスの可能性大!(朝香 豊)


https://nippon-saikou.com/6351

WHOの調査結果にも見える武漢ウイルス研究所起源の証拠 ! 中国と西側との対決の拡大方向は避けられない!(朝香 豊)


https://nippon-saikou.com/6261

globe.asahi.comの記事
https://globe.asahi.com/article/14490168
オミクロン株の画像
https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-yn/rpr/kutsunasatoshi/00269968/image-1637978791040.jpeg?exp=10800
スキップされた「クサイ」株の画像
https://p.potaufeu.asahi.com/4fc0-p/picture/26502870/8970a23d14753a4c863b03bad5cbf015.jpg

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 中国、不動産バブル崩壊へ! 中国恒大集団が大幅値引販売実施!(朝香 豊)
  2. 銃犯罪の急増と検挙率の急低下! BLM運動で広がる無秩序!(朝香 豊)
  3. ドイツが裏技でEUの財政ルールの回避を検討!
  4. 予想通り、イランで体制の危機が発生! 政権崩壊まで進む可能性大! (朝香 豊)
  5. 中国は悪辣な独裁政権で自由国家に敵対的! 米政権が激しく非難!(朝香 豊)

関連記事

  1. 安全保障

    台湾、中国向け団体旅行を全面中止へ! 日本も見習え!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!台湾…

  2. 中国

    中国発の原因不明の肺炎! 香港・マカオ・台湾・韓国にも拡大!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

  3. 中国

    新型コロナは武漢の研究所で作られた! 米政府の見方は固まってきた!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!アメ…

  4. 安全保障

    バイデンと習近平の深い関係! 「万向グループ」も関与!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!…

  5. 安全保障

    ウクライナ問題で中国が陥るジレンマ! 「ウイグル」独立の導火線!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!ウク…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 人権・民主主義

    「当確報道はいらない」と共産・志位委員長! この危険な発想を見落とすな!(朝香 …
  2. 人権・民主主義

    民主党の選挙不正には長年の歴史がある! 重大な内部告発!(朝香 豊)
  3. 安全保障

    「緊急事態宣言」法が成立! だが、中身は全く不十分! (朝香 豊)
  4. 人権・民主主義

    韓国、検察解体へ大なた! 政権批判を抹殺へ!(朝香 豊)
  5. 安全保障

    実際の感染者数は、やはり中国発表の100倍で考えるべき! 新型コロナウイルス!(…
PAGE TOP