人権・民主主義

アメリカだって有罪率は99%超だった! 日本を一方的に非難するな!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

レバノンに逃亡したカルロス・ゴーン被告の主張を鵜呑みにし、日本叩きを行うマスコミの先頭に、アメリカのウォール・ストリート・ジャーナルがある。

ウォール・ストリート・ジャーナルは「共産党が支配する中国の話であろうか。いや、資本主義の日本で起きたことだ」、「日本の検察のやり方は、有罪を認めるまで容疑者を拘束し、弁護士の立ち会いなしに尋問する。裁判は基本的に形式的なもので、あらかじめ有罪は決まっている」、「日本の不透明な企業統治と法に基づくデュープロセスの欠如を白日の下に晒した」、「日本が現代的な自由市場経済によりふさわしくなるよう司法制度と企業統治を改革することが正義を果たす最善の方法である」と、徹底的に日本をこき下ろした。

歳川隆雄氏は、日本の裁判では有罪率99%を超えており、とても公平とは言えないと言われているが、アメリカでも司法取引による有罪答弁も含めれば、有罪率は99%超になることを指摘した。

ウォール・ストリート・ジャーナルは、このアメリカの実際を無視して、日本叩きを行っているわけだ。

氏のこの指摘はさすがである。

ただ、歳川氏は、取り調べに弁護士の同席が認められないのは米、英、仏、独、伊、韓など主要国で日本のみだとし、この点については「日本は人質司法」と呼ばれる所以だとしている。

ここについては氏に反論したい。

それだからという理由で日本が「人質司法」と呼べるかどうかは、自分には疑問である。

日本では取り調べの録音・録画が行われており、被告の人権にも十分配慮しているとも言えるからだ。

取り調べのやり方は国ごとに特徴があるのは当然であり、欧米の基準ですべてを判断するのが正しいとは思わない。

そもそも日本では捜査において盗聴が許されるのは極めて限定されていて、ゴーン被告の疑いでは利用ができない。このあたりでは欧米とはかなり大きな違いがある。

日本では現行犯でない限りは逮捕令状を裁判所が認めないと逮捕できないが、アメリカでは犯罪を犯しているという十分な証拠がなくても、警察官の判断で危険性があるとみなした場合には、令状なしに逮捕できる。

日本の捜査や裁判のあり方に問題点もあるだろうが、それに対して論ずる場合にも、日本社会により適合したシステムを考えていくという観点から考察すべきだと考える。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

これのネタ元のゲンダイ is mediaの記事
https://gendai.ismedia.jp/articles/-/69865

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 最悪! 安倍・習会談、習近平氏の国賓来日の準備を進めることで一致! (朝香 豊)…
  2. 人民元のデジタル通貨化に秘められた野望を見逃すな!
  3. 白人の子供たちは無邪気に幼少期をすごしてはいけない! おかしくないか?(朝香 豊…
  4. 中国、不動産バブル崩壊へ! 中国恒大集団が大幅値引販売実施!(朝香 豊)
  5. ドイツが裏技でEUの財政ルールの回避を検討!

関連記事

  1. 人権・民主主義

    香港人権法案、米上院が全会一致で可決!(朝香 豊)

    米上院は、中国が香港に高度の自治を保障する「一国二制度」を守っ…

  2. 人権・民主主義

    米共和党のマコーネル議員、香港市民を支持する声明をトランプ大統領に求める!(朝香 豊)

    アメリカのマコーネル共和党上院院内総務は、トランプ大統領に対し…

  3. 安全保障

    ペンス副大統領が再び厳しい対中国政策の演説へ

    アメリカは中国への攻撃の手をさらに強める❗ペンス副大統領と…

  4. 安全保障

    トルコ、難民入れるとEU脅す! ヨーロッパ危機!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!トル…

  5. 安全保障

    米議事堂が大混乱! アンティファとBLMにやられる!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!運命…

無料メルマガ

おすすめ記事

  1. Featured Video Play Icon

アーカイブ

  1. 経済

    中国の1〜2月の輸出は、前年比17%減! (朝香 豊)
  2. 外交

    しつこい韓国! 韓国人教授が「五輪で旭日旗の使用を許すな」と、205カ国のIOC…
  3. 安全保障

    アメリカ保守派が中国に対して20兆ドルの損害賠償を請求! 新型コロナウイルス!(…
  4. 人権・民主主義

    習近平思想の学習が、中国中の宗教コミュニティで義務化へ!(朝香 豊)
  5. 道理

    韓国が新型コロナで北朝鮮を支援準備! 自国民よりも北朝鮮が大切!(朝香 豊)
PAGE TOP