人権・民主主義

中国大使がスウェーデンの報道機関を脅迫! スウェーデン政府が呼び出して抗議!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

スウェーデン外務省は、中国の桂従友・駐スウェーデン大使を呼び出し、同氏がスウェーデンの報道機関を脅迫したとして抗議した。

桂従友大使は、「48キロのフライ級選手」であるスウェーデンが、「86キロのヘビー級選手」の中国に挑もうとしているとし、「忠告を聞き入れないフライ級の選手が挑発し続け、ヘビー級の選手の家まで押しかけたとしたら、ヘビー級選手には(彼をやっつける以外)選択肢はないだろう」と述べた。

香港で反中国体制の書籍を販売する「銅鑼湾書店」を経営していた桂民海氏は、スウェーデン国籍だが、中国警察によって暴力的に拉致され、現在も中国政府に不当に拘禁されている。

スウェーデンの民間団体である「スウェーデン・ペンクラブ」は、昨年11月に言論の自由をたたえる「トゥホルスキー賞」を桂民海氏に授与したが、この件でもスウェーデンと中国は激しく対立した。

スウェーデン議会のアダクトゥソン議員(キリスト教民主党)は、「桂従友氏を国外退去の対象にすべきだ」と政府に求めた。

スウェーデンでの反中意識はさらに高まることになりそうだ。

なお、こんな国の元首を国賓で招待するなんて、絶対に御免である。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

これのネタ元の大紀元時報の記事
https://www.epochtimes.jp/p/2020/01/50923.html

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. テレ朝での問題発言がYouTubeにも飛び火! 池上彰!(朝香 豊)
  2. NHKの「家族や友人などのレンタルサービス」のやらせ番組、ようやくBPO審議入り…
  3. パイプラインへのサイバー攻撃で、アメリカ東部は大混乱! 黒幕は本当にロシアか?(…
  4. 予想通り、イランで体制の危機が発生! 政権崩壊まで進む可能性大! (朝香 豊)
  5. 朝鮮半島の南北問題が駄目になっているのは米韓同盟があるせいだ」と韓国政府が発言!…

関連記事

  1. 経済

    中国の製造業再開が暗礁に! 海外の受注が大激減!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

  2. 中国

    新型肺炎で中国との境界封鎖要求高まる! 香港!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!新型…

  3. 安全保障

    バイデン政権が打ち出した総額2兆ドル(220兆円)の大型投資! 日本も見習え!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!アメ…

  4. 人権・民主主義

    技能実習生は低賃金? 意外な高待遇も!(平野 正幸)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!今回…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 経済

    米中貿易協議「第一弾」が合意へ! (朝香 豊)
  2. 人権・民主主義

    中国で開催された「世界弁護士大会」に、人権派弁護士の参加が禁止される!(朝香 豊…
  3. 安全保障

    なんでこんなに怒ってるの? 中国外交官の米政府関係者との接触の事前届出制!(朝香…
  4. 安全保障

    中国からの求人を禁止へ! デカップリングに一歩踏み出した台湾!(朝香 豊)
  5. 経済

    FRBもデジタル通貨発行に向けて動き出す! 日本も研究を加速せよ!(朝香 豊)
PAGE TOP