安全保障

英中対立の激化は表面的! 英中緊密化の動きもある!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

イギリスの情報通信庁(オフコム)が中国の国営テレビのCGTNのイギリス国内での放送免許を取り消した報復として、中国は中国国内でのBBCワールドニュースの放送を禁止した。

このように英中対立が一方で激化しているのは確かだが、それでも英中の結びつきは今なお意外と強いし、一部にはさらに強化される動きもある。

ケンブリッジ大学のジーザス・コレッジは、ファーウェイから共同研究資金として15.5万ポンド(約2200万円)、中国国務院から「英中グローバル問題対話センター」設立のための資金として20万ポンド(約2900万円)を受け取っている。ケンブリッジ大学はテンセントからも量子コンピューター研究の資金を受け取っている。

テンセント社からの70万ポンド(約1億円)のスポンサーシップと引き換えに、オックスフォード大学が120年の歴史を持つワイクハム(Wykeham)という名前の教授職を、「テンセント・ワイクハム(Tencent-Wykeham)教授職」に改名したと、2月8日に報じられた。

こうした名門大学が中国の兵器メーカーに協力しているのはほぼ間違いないとも見られている。

中国との対立が伝えられるBBCでも、人気番組の一部をテンセントと共同制作する契約を結んだと、2月10日に報じられた。

日本よりはまだましだろうが、イギリスにおいても日本と似たような状況が展開されている。親中派の影響力の排除にはまだまだ大きな困難が伴うことは覚悟しなければならない。
 
 
 
ぜひとも無料のメルマガの登録もお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

www.breitbart.comの記事
https://www.breitbart.com/europe/2021/02/10/cambridge-university-bbc-took-cash-chinese-communist-party-backed-tech-giant-report/
www.telegraph.co.ukの記事
https://www.telegraph.co.uk/news/2021/02/09/chinese-firm-linked-countrys-intelligence-agency-worked-bbc/
www.dailymail.co.ukの記事
https://www.dailymail.co.uk/news/article-9245151/Cambridge-University-received-generous-gift-Chinese-software-giant-Tencent.html
www.visiontimesjp.comの記事
https://www.visiontimesjp.com/?p=14602
テンセントとケンブリッジ大学の画像
https://i.dailymail.co.uk/1s/2021/02/10/13/39118140-0-image-a-22_1612964773634.jpg142439324b6e4fdd9765ec4554f81828/800.jpeg

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 持ち込み荷物 X線検査受けずに出国! ゴーン被告!(朝香 豊)
  2. FBのヒドロキシクロロキン否定は、トランプへのネガキャン利用のためだった! (朝…
  3. 中国は悪辣な独裁政権で自由国家に敵対的! 米政権が激しく非難!(朝香 豊)
  4. 文在寅大統領はチョ・グク氏の法相任命を強行! 力による抑圧に自信か?
  5. やはり感染者の実数は中国政府の公式発表の100倍程度で考えるべき!(朝香 豊)

関連記事

  1. 安全保障

    カナダ、中国との自由貿易交渉中止へ! 「威圧外交」で!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!…

  2. 安全保障

    新型肺炎のデータ破棄を指示! 中国!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!遼寧…

  3. 人権・民主主義

    中国国旗を見なかったと、フランス人選手に罰金と警告処分!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!フラ…

  4. 安全保障

    中国は1月上旬に「人→人感染」を知っていた! 対外的には否定の二枚舌!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

  5. 人権・民主主義

    無念! トランプ大統領が敗北を受け入れる!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!連邦…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 未分類

    コロナ対策でEU内が分裂! 高まる相互不信!(朝香 豊)
  2. 経済

    国内企業物価指数が急上昇! 世界に広がるインフレの波!(朝香 豊)
  3. 安全保障

    トランプ政権もテキサス州の訴訟に参加! 加速化する情勢変化!(朝香 豊)
  4. 外交

    安倍総理、中国の李克強首相と濃密な時間! 習近平国賓来日の外堀が埋まる!(朝香 …
  5. 安全保障

    北朝鮮で、新型コロナウイルスで死者が出たとの情報!(朝香 豊)
PAGE TOP