安全保障

英中対立の激化は表面的! 英中緊密化の動きもある!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

イギリスの情報通信庁(オフコム)が中国の国営テレビのCGTNのイギリス国内での放送免許を取り消した報復として、中国は中国国内でのBBCワールドニュースの放送を禁止した。

このように英中対立が一方で激化しているのは確かだが、それでも英中の結びつきは今なお意外と強いし、一部にはさらに強化される動きもある。

ケンブリッジ大学のジーザス・コレッジは、ファーウェイから共同研究資金として15.5万ポンド(約2200万円)、中国国務院から「英中グローバル問題対話センター」設立のための資金として20万ポンド(約2900万円)を受け取っている。ケンブリッジ大学はテンセントからも量子コンピューター研究の資金を受け取っている。

テンセント社からの70万ポンド(約1億円)のスポンサーシップと引き換えに、オックスフォード大学が120年の歴史を持つワイクハム(Wykeham)という名前の教授職を、「テンセント・ワイクハム(Tencent-Wykeham)教授職」に改名したと、2月8日に報じられた。

こうした名門大学が中国の兵器メーカーに協力しているのはほぼ間違いないとも見られている。

中国との対立が伝えられるBBCでも、人気番組の一部をテンセントと共同制作する契約を結んだと、2月10日に報じられた。

日本よりはまだましだろうが、イギリスにおいても日本と似たような状況が展開されている。親中派の影響力の排除にはまだまだ大きな困難が伴うことは覚悟しなければならない。
 
 
 
ぜひとも無料のメルマガの登録もお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

www.breitbart.comの記事
https://www.breitbart.com/europe/2021/02/10/cambridge-university-bbc-took-cash-chinese-communist-party-backed-tech-giant-report/
www.telegraph.co.ukの記事
https://www.telegraph.co.uk/news/2021/02/09/chinese-firm-linked-countrys-intelligence-agency-worked-bbc/
www.dailymail.co.ukの記事
https://www.dailymail.co.uk/news/article-9245151/Cambridge-University-received-generous-gift-Chinese-software-giant-Tencent.html
www.visiontimesjp.comの記事
https://www.visiontimesjp.com/?p=14602
テンセントとケンブリッジ大学の画像
https://i.dailymail.co.uk/1s/2021/02/10/13/39118140-0-image-a-22_1612964773634.jpg142439324b6e4fdd9765ec4554f81828/800.jpeg

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. TSMCの日本投資は大きなチャンス! 反対論者は日台離反工作に乗せられていないか…
  2. テレ朝での問題発言がYouTubeにも飛び火! 池上彰!(朝香 豊)
  3. 銃犯罪の急増と検挙率の急低下! BLM運動で広がる無秩序!(朝香 豊)
  4. もうこれ以上、静かにしてはいられない! 文在寅政権に対して、アメリカは怒りを隠さ…
  5. NHKの「家族や友人などのレンタルサービス」のやらせ番組、ようやくBPO審議入り…

関連記事

  1. 道理

    ブラジル大統領の息子(下院議員)が中国を非難! 新型コロナウイルス!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!ブラ…

  2. 人権・民主主義

    不法移民を直ちに解放せよ! バイデン政権が指示!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!フォ…

  3. 人権・民主主義

    選手のツイッター投稿に激怒! 中国がアーセナルの試合を取りやめる!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!イギ…

  4. 安全保障

    ホンハイ精密工業の郭台銘氏は無所属で総統選出馬か? (朝香 豊)

    郭台銘氏が国民党を離党した。郭台銘氏は国民党の総統選出…

  5. 道理

    韓国で体に密着する商品から相次いで高放射能が検出され、回収騒ぎになる! (朝香 豊)

    市場に出回っている電気マット、枕、女性用下着、ソファなどから基…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 人権・民主主義

    本当は圧勝だったトランプ! シドニー・パウウェル弁護士が明かす!(朝香 豊)
  2. 人権・民主主義

    保守系ニュースは検索しても表示させない! Google!(朝香 豊)
  3. 安全保障

    英空母を南シナ海派遣へ! 極東常駐案も!(朝香 豊)
  4. 安全保障

    韓国の本当の仮想敵国は日本 これを前提に日本の国防を再構築しよう
  5. 人権・民主主義

    森元首相の一連の発言が炎上! 問題は森氏に対する賛否ではない!(朝香 豊)
PAGE TOP