外交

習近平国家主席の国賓来日予定に変更なし! 菅官房長官!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

菅官房長官は、新型コロナウイルス感染拡大の影響で延期された中国の習近平国家主席の国賓来日について、「地域、国際社会が直面する課題に日中両国がともに責任を果たしていくことを内外に示す機会としていく考えに変わりはなく、関連の状況全体を見ながら日中間で意思疎通を図っていきたい」と述べた。

つまり、国賓として招くことに変更はないとの意思表示だ。

新型コロナウイルスの感染拡大について、中国政府の情報隠蔽が原因であるのが明らかであるのに、その政府のトップを国賓として招くという考えに変更がないとは、どういうことだ。

むしろ日本も諸外国と並んで、中国政府に賠償を請求すべき立場ではないのか。

しかも、中国政府が国家安全法を香港に適応して、「一国二制度」を完全に潰そうとしている最中に、一体何をやっているのか。

香港で人権が踏みにじられていることへの批判もなく、無前提に国賓来日を考えることが理解できない。

そもそも、アメリカとの同盟関係よりも中国のほうが大切だということなのか。

アメリカは中国との断交も場合によってはあるとの立場を示し、中国切り離しを明白に進めているのに、その路線に符合する動きは行わないということか。

首相官邸に、抗議のメッセージをじゃんじゃん送ろうではないか。
https://www.kantei.go.jp/jp/forms/goiken_ssl.html

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元の時事通信の記事
https://www.jiji.com/jc/article?k=2020052200606&g=pol

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 米中通商協議が部分合意に! 今回はアメリカの一方的勝利!(朝香 豊)
  2. インドで爆発するコロナ感染! 冷淡で信頼を失ったバイデン政権!(朝香 豊)
  3. 予想通り、イランで体制の危機が発生! 政権崩壊まで進む可能性大! (朝香 豊)
  4. ファイザーワクチンが南ア変異株に弱いだって? リアルデータから検証しよう!(朝香…
  5. 中国の国家発展改革委員会が不動産バブルの維持を断念か? 体制崩壊につながる可能性…

関連記事

  1. 経済

    中国の配車サービスのDiDiに中国政府が圧力! 上場したてのアメリカの投資家に大打撃!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

  2. 安全保障

    アメリカ、中国便の禁止を検討! 新型コロナウイルスで!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!武漢…

  3. 安全保障

    太平洋島嶼国の光ケーブル事業で中国排除! 対中姿勢に大きな変化!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 安全保障

    生まれたばかりの赤ちゃんが死亡! 妊婦がコロナで受け入れ拒否!(朝香 豊)
  2. 人権・民主主義

    香港区議選挙、民主派圧勝! 議席の2/3超え!(朝香 豊)
  3. 人権・民主主義

    ウイグルでの工場を閉鎖し、ウイグル人の人権を守れ! フォルクスワーゲンに人権団体…
  4. 人権・民主主義

    ウイグル人に情けは無用! 中国政府内部文書がリークされる!(朝香 豊)
  5. 人権・民主主義

    ジョージア州でバイデンが逆転だって! ありえない❗(朝香 豊)
PAGE TOP