道理

中国の武漢で原因不明の肺炎! 27人発症確認!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

中国の武漢市は、27人がウイルス性肺炎を発症したと発表した。

医療関係者が中国のSNSに挙げた情報によると、2003年に大流行したSARS(重症急性呼吸器症候群)だとされているが、中国政府は「ウイルスの特定を急いでいる」「原因は不明」として、SARSであるとの認定を行なっていない。

情報公開をしない国のため、生物兵器が管理施設から漏れたのではないかといった様々な憶測が生まれるのは、やむをえないだろう。

南モンゴルで11月に発生した肺ペストについても、感染源などの情報は隠蔽され、その後完全に沈静化したのかどうかも明らかにされないままになっている。

こうした事例については、迅速な情報公開を願いたいものだ。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

これのネタ元の産経新聞の記事
https://www.sankei.com/world/news/191231/wor1912310023-n1.html

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 尖閣諸島の危機的な状況に目を覚ませ!
  2. 中国が「新型インフラ建設」の大型投資を打ち出す! 西側は勝てるのか?(朝香 豊)…
  3. 予想通り、イランで体制の危機が発生! 政権崩壊まで進む可能性大! (朝香 豊)
  4. 人民元のデジタル通貨化に秘められた野望を見逃すな!
  5. キャリー・ラム行政長官の意味深な発言は、中国政府の思惑に制限をかける狙いかも

関連記事

  1. 道理

    朝日新聞のねじ曲がった悪意! 浄化処理を行った水を「汚染水」と報じる!

    原田環境相兼原子力防災担当相は10日の記者会見で、福島原発の処…

  2. 中国

    武漢発の新型肺炎、真の感染源は海鮮市場ではなかった?? (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!武漢…

  3. 外交

    安倍総理、中国の李克強首相と濃密な時間! 習近平国賓来日の外堀が埋まる!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!安倍…

  4. 安全保障

    中国は1月上旬に「人→人感染」を知っていた! 対外的には否定の二枚舌!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

  5. 中国

    「エイズの責任をアメリカは取ったのか?」 中国外交部の異常な「反論」! (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

  6. 道理

    出資は日本、建設は中国はおかしい! 進次郎、これは正論!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!小泉…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 経済

    アメリカが中国の為替操作国を除外へ! 狡猾なトランプ政権! (朝香 豊)
  2. 安全保障

    アメリカの要人が相次いで中国を非難! 民主党出身のペロシ下院議長も!(朝香 豊)…
  3. 安全保障

    北京に入ると14日の強制隔離処置! 日本政府、この現実を直視せよ!(朝香 豊)
  4. 人権・民主主義

    陸自のヘリがレーザー照射される! 絶対許すな! (朝香 豊)
  5. 外交

    迅速合意なければ、トランプ政権は対中摩擦を激化させる?? (朝香 豊)
PAGE TOP