道理

中国の武漢で原因不明の肺炎! 27人発症確認!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

中国の武漢市は、27人がウイルス性肺炎を発症したと発表した。

医療関係者が中国のSNSに挙げた情報によると、2003年に大流行したSARS(重症急性呼吸器症候群)だとされているが、中国政府は「ウイルスの特定を急いでいる」「原因は不明」として、SARSであるとの認定を行なっていない。

情報公開をしない国のため、生物兵器が管理施設から漏れたのではないかといった様々な憶測が生まれるのは、やむをえないだろう。

南モンゴルで11月に発生した肺ペストについても、感染源などの情報は隠蔽され、その後完全に沈静化したのかどうかも明らかにされないままになっている。

こうした事例については、迅速な情報公開を願いたいものだ。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

これのネタ元の産経新聞の記事
https://www.sankei.com/world/news/191231/wor1912310023-n1.html

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 主流派マスコミの異常さ! バイデン疑惑を正面から報道せよ!(朝香 豊)
  2. フロイド氏殺害でナイキがキャンペーン! でもナイキの本質はチキンだ!(朝香 豊)…
  3. もうこれ以上、静かにしてはいられない! 文在寅政権に対して、アメリカは怒りを隠さ…
  4. 笑えないレベルにまで向上した北朝鮮のミサイルシステム
  5. パイプラインへのサイバー攻撃で、アメリカ東部は大混乱! 黒幕は本当にロシアか?(…

関連記事

  1. 安全保障

    アメリカと台湾を結ぶ海底ケーブルが承認される! 香港ルートはボツ!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!米連…

  2. 安全保障

    中国のオーストラリア攻撃が激化! (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!習近…

  3. 安全保障

    中国、致死性の高い新型ウイルスを開発していた! 論文発掘!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!新型…

  4. 安全保障

    バイデン一家への外国からの資金は14年前から! 迂回手段はヘッジファンド!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

  5. 安全保障

    BLMがノーベル平和賞にノミネート! あの運動を「平和」だとする矛盾!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!「黒…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 安全保障

    日本は2030年までにCO2を50%減らせだって! 中国は2030年まで増やすん…
  2. 中国

    なおも続く中国の豪雨! 三峡ダムは全力で放水! 下流域の被害は甚大!(朝香 豊)…
  3. 安全保障

    軌道修正始めた専門家たち! コロナの爆発的事態はない!(朝香 豊)
  4. 人権・民主主義

    チョ・グク氏逮捕濃厚に! 文政権に打撃!(朝香 豊)
  5. 人権・民主主義

    ホワイトハウスを離れるお別れスピーチ! トランプ大統領!(朝香 豊)
PAGE TOP