安全保障

北のミサイル、目標めがけて軌道修正できる模様!(朝香 豊)

北朝鮮の一部の弾道ミサイルについて、終末段階で誘導機動が行える機能が備わっている可能性がある。

つまり、普通の放物線を描くだけでなく、最後は目標にめがけて軌道を修正する機能を備えたのではないかということだ。

弾頭に光学装置と補助翼を備え、姿勢を変えていきながら艦艇などへ正確に当てられる。

短距離ミサイルだけでなく、中距離ミサイルにも、こうした誘導機能が搭載されていることが疑われている。

日本の自衛隊が明らかにした。

北朝鮮の弾道ミサイルについては、長距離化、発射形態の多様化、秘匿性の向上、即時性の向上、正確性の向上、運用能力の向上、奇襲攻撃能力の向上、変則的な軌道のそれぞれにおいて機能の向上が顕著だ。

北朝鮮ICBMの大気圏再突入技術についても、すでに2017年に発射された「火星14型」によって、極めて高いレベルにあることが確認されており、北朝鮮が一通りのミサイル技術を手に入れた可能性もある。

我が国は北朝鮮を侮ってはいられない。

そしてこの情報を、国内メディアが報じている気配がなく、韓国の朝鮮日報を通じて知ることになったという、悲しい現実も笑えない。

これの元ネタとなる朝鮮日報の記事http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/10/16/2019101680073.html

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 文在寅大統領はチョ・グク氏の法相任命を強行! 力による抑圧に自信か?
  2. 習近平体制が崩壊する?? 李克強が路線修正へ!(朝香 豊)
  3. 中国は悪辣な独裁政権で自由国家に敵対的! 米政権が激しく非難!(朝香 豊)
  4. サウジへの攻撃はハメネイ師の指示か! 私の見立て (朝香 豊)
  5. 親中から反中に抜本的に転換! インドネシアのジョコ政権! (朝香 豊)

関連記事

  1. 安全保障

    新型コロナウイルスで渡航制限の拡大を検討! トランプ大統領!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!アメ…

  2. 経済

    韓国の就業者実績が過去最高だと発表! そんなわけないだろ!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!韓国…

  3. Huawei のロゴ

    安全保障

    アメリカがファーウェイ製5G機器使うなら、同盟国でも制裁を検討! (朝香 豊)

    アメリカは同盟国がファーウェイ製の5G機器を使う場合には、情報…

  4. 安全保障

    賢く使い捨てマスクの再利用を進めよう!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!使い…

  5. 安全保障

    TikTokとオラクルとの提携案をトランプ政権は拒絶! 原則を貫くトランプ!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!米商…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 安全保障

    台湾、武漢のある湖北省からの団体客ゼロに! (朝香 豊)
  2. 人権・民主主義

    安倍総理から野党と偏向マスコミに対する皮肉か? 官邸での記者会見で!(朝香 豊)…
  3. 外交

    NATOは「脳死状態」だと、仏マクロン大統領!(朝香 豊)
  4. 外交

    習近平国家主席の国賓来日予定に変更なし! 菅官房長官!(朝香 豊)
  5. 人権・民主主義

    香港を応援しよう! 台湾は29日に香港応援デモ開催へ!
PAGE TOP