安全保障

北のミサイル、目標めがけて軌道修正できる模様!(朝香 豊)

北朝鮮の一部の弾道ミサイルについて、終末段階で誘導機動が行える機能が備わっている可能性がある。

つまり、普通の放物線を描くだけでなく、最後は目標にめがけて軌道を修正する機能を備えたのではないかということだ。

弾頭に光学装置と補助翼を備え、姿勢を変えていきながら艦艇などへ正確に当てられる。

短距離ミサイルだけでなく、中距離ミサイルにも、こうした誘導機能が搭載されていることが疑われている。

日本の自衛隊が明らかにした。

北朝鮮の弾道ミサイルについては、長距離化、発射形態の多様化、秘匿性の向上、即時性の向上、正確性の向上、運用能力の向上、奇襲攻撃能力の向上、変則的な軌道のそれぞれにおいて機能の向上が顕著だ。

北朝鮮ICBMの大気圏再突入技術についても、すでに2017年に発射された「火星14型」によって、極めて高いレベルにあることが確認されており、北朝鮮が一通りのミサイル技術を手に入れた可能性もある。

我が国は北朝鮮を侮ってはいられない。

そしてこの情報を、国内メディアが報じている気配がなく、韓国の朝鮮日報を通じて知ることになったという、悲しい現実も笑えない。

これの元ネタとなる朝鮮日報の記事http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/10/16/2019101680073.html

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. ショーン・レノンが正論で反日韓国人に反論!
  2. キャリー・ラム行政長官の意味深な発言は、中国政府の思惑に制限をかける狙いかも
  3. やはり感染者の実数は中国政府の公式発表の100倍程度で考えるべき!(朝香 豊)
  4. 親中から反中に抜本的に転換! インドネシアのジョコ政権! (朝香 豊)
  5. 韓国の本当の仮想敵国は日本 これを前提に日本の国防を再構築しよう

関連記事

  1. 安全保障

    北朝鮮に仮想通貨の技術を伝えたことで、アメリカの専門家を逮捕!(朝香 豊)

    アメリカ政府は米国の制裁を逃れられるブロックチェーン技術を北朝…

  2. 安全保障

    日本で改憲意識が急激に高まっている!

    日本人の意識もようやく急激に変化してきたようだ。日経新聞とテレ…

  3. 安全保障

    ウクライナ機は撃墜か! イラン危機!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!イラ…

  4. 安全保障

    中国、豪にエージェントを送り込む工作が明るみに! 候補男性は死体に!(朝香 豊)

    オーストラリアのテレビ局「ナイン・ネットワーク」は、中国のスパ…

  5. 韓国・北朝鮮

    青瓦台(韓国大統領府)のツイッターが、なんと、鍵アカに! (朝香 豊)

    韓国大統領府の公式ツイッターアカウントが鍵アカウントになってい…

  6. 安全保障

    米司法省、ファーウェイを追起訴! 中国をさらに追い詰める!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!米司…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 外交

    習近平、赤っ恥! ネパールはチベット難民の引き渡しを拒否!(朝香 豊)
  2. 経済

    EUからのイギリスの離脱交渉が急激に動き始めた! 合意到達間近か!(朝香 豊)
  3. 経済

    中国の国有企業でまたデフォルト発生! 今年6件目!(朝香 豊)
  4. 経済

    北朝鮮の深刻な経済を、金正恩委員長が認める!(朝香 豊)
  5. 人権・民主主義

    香港で200万人がPTSD発症か? 香港大学が推計!(朝香 豊)
PAGE TOP