安全保障

北のミサイル、目標めがけて軌道修正できる模様!(朝香 豊)

北朝鮮の一部の弾道ミサイルについて、終末段階で誘導機動が行える機能が備わっている可能性がある。

つまり、普通の放物線を描くだけでなく、最後は目標にめがけて軌道を修正する機能を備えたのではないかということだ。

弾頭に光学装置と補助翼を備え、姿勢を変えていきながら艦艇などへ正確に当てられる。

短距離ミサイルだけでなく、中距離ミサイルにも、こうした誘導機能が搭載されていることが疑われている。

日本の自衛隊が明らかにした。

北朝鮮の弾道ミサイルについては、長距離化、発射形態の多様化、秘匿性の向上、即時性の向上、正確性の向上、運用能力の向上、奇襲攻撃能力の向上、変則的な軌道のそれぞれにおいて機能の向上が顕著だ。

北朝鮮ICBMの大気圏再突入技術についても、すでに2017年に発射された「火星14型」によって、極めて高いレベルにあることが確認されており、北朝鮮が一通りのミサイル技術を手に入れた可能性もある。

我が国は北朝鮮を侮ってはいられない。

そしてこの情報を、国内メディアが報じている気配がなく、韓国の朝鮮日報を通じて知ることになったという、悲しい現実も笑えない。

これの元ネタとなる朝鮮日報の記事http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/10/16/2019101680073.html

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 主流派マスコミの異常さ! バイデン疑惑を正面から報道せよ!(朝香 豊)
  2. もうこれ以上、静かにしてはいられない! 文在寅政権に対して、アメリカは怒りを隠さ…
  3. 進む中国のリトアニアいじめ! 徐々に広がる反発!(朝香 豊)
  4. 種苗法改正は必要! 日本の種苗の知的財産を守れ!(朝香 豊)
  5. TSMCの日本投資は大きなチャンス! 反対論者は日台離反工作に乗せられていないか…

関連記事

  1. 中国

    北京五輪で激化する中国と韓国の対立! 来月の韓国大統領選挙にも絶大な影響!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!北京…

  2. 安全保障

    なんでこんなに怒ってるの? 中国外交官の米政府関係者との接触の事前届出制!(朝香 豊)

    アメリカに駐在する中国の外交官がアメリカ政府関係者などと面会す…

  3. 韓国・北朝鮮

    チョ・グク法相任命に、韓国野党党首も丸刈り抗議! (朝香 豊)

    すでに無所属の女性議員が10日に丸刈にしていたが、韓国の保守系…

  4. 安全保障

    海鮮市場は最初の感染源ではない! なんと中国の研究機関が発表!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

  5. 人権・民主主義

    なんと、韓国で「慰安婦像を撤去せよ!」の抗議行動!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!ソウ…

  6. 安全保障

    発症しても、検査でわからないことがある! 新型肺炎!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!BB…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 人権・民主主義

    ブティジェッジも予備選で不正を使っていた! おぞましい米民主党の腐敗!(朝香 豊…
  2. 人権・民主主義

    香港警察は警官の発砲で瀕死に陥った高校生を「暴動罪」で起訴! 証拠をでっち上げか…
  3. 経済

    HSBC銀行に「国家安全法」への支持を脅す! 中国政府!(朝香 豊)
  4. 人権・民主主義

    どんどんファシズムに走るアメリカ!(朝香 豊)
  5. 人権・民主主義

    「国境の壁が犯罪を抑止する」がヘイトだって? ツイッターの検閲をFOXが報道!(…
PAGE TOP