人権・民主主義

習近平思想の学習アプリに、スマホの管理権限を乗っ取る機能がある!(朝香 豊)

中国でもっとも多くダウンロードされているアプリは「学習強国」というものだ。

これは習近平思想を学ぶためのアプリで、中国共産党員はもちろん、中国の一般国民にもダウンロードが推奨されている。

ゲーム的な要素も入っている。

これをダウンロードして利用すると、中国の「社会信用システム」の評価が上がる。

「社会信用システム」とは、スコアを稼ぐと生活するのが楽になり、スコアを稼げないと生活するのが苦しくなるシステムだ。

例えば、スコアが悪いと飛行機や電車に乗ることもできなくなることさえある。飛行機の搭乗を拒否された人だけでも、のべで数千万人に達するとされる。

さらに、共産党員・一部の企業の社員・大学生・高校生はこれに取り組むことが必須で、しかも取り組んだ結果として得られるポイント数を、上司や教師に報告する義務がある。

ポイントが一定数に達しないと、「公開反省会」などが行われる。減給処分になることもある。

このアプリには、当局側が密かに管理権限を掴み、スマホの持ち主のすべての情報を操作できる機能がある。いつでも録音機能をオンにすることもできる。

このことが今回、米国が支援する調査組織「オープン・テクノロジー・ファンド」とドイツのIT調査会社との協力で明らかになった。

こういう趣旨の報道があったわけだが、実はもともとアプリの利用規約には、「アプリは国民識別番号、本名、生体情報、電話番号、買物履歴、位置情報、削除したコンテンツ、その他の個人情報を取得する」と書かれている。

そうでありながら、中国政府はこのアプリにユーザー情報の入手機能が備わっていることを否定しているそうだ。

当然ながら、だからといって呆れているばかりではいかない。

こんな国に我が国が負けるようなことがあってはならない。

日本を再興させ、こんな国に負けないようにしよう!

これの元ネタとなる大紀元時報の記事https://www.epochtimes.jp/p/2019/10/48162.html

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. キャリー・ラム行政長官の意味深な発言は、中国政府の思惑に制限をかける狙いかも
  2. フロイド氏殺害でナイキがキャンペーン! でもナイキの本質はチキンだ!(朝香 豊)…
  3. 非常事態宣言の1ヶ月延長! ありえない! (朝香 豊)
  4. 朝鮮半島の南北問題が駄目になっているのは米韓同盟があるせいだ」と韓国政府が発言!…
  5. 中国の国家発展改革委員会が不動産バブルの維持を断念か? 体制崩壊につながる可能性…

関連記事

  1. 人権・民主主義

    恐怖! 中国では臓器移植で「30才以下」などの注文までできる!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!アメ…

  2. 人権・民主主義

    WHO内にも台湾を肯定的に高く評価する声が登場! 変わる力関係!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!WH…

  3. 人権・民主主義

    韓国公務員が北朝鮮軍に銃撃・焼却される! 謎の沈黙を続けた文在寅!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!韓国…

  4. 人権・民主主義

    米下院、香港人権民主主義法案を再可決! 米中は全面対決へ! (朝香 豊)

    米下院は、10月15日に一度可決していた香港人権民主主義法案を…

  5. 人権・民主主義

    韓国政府による脱北者送還! 国連調査に韓国政府協力せず!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!11…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 道理

    キャリー・ラム行政長官の意味深な発言は、中国政府の思惑に制限をかける狙いかも
  2. 外交

    中国の巨額援助の約束の多くは履行されていない! 台湾主張!(朝香 豊)
  3. 経済

    新型コロナ対策で、きめ細かいイギリスの処置! 日本も見習え!(朝香 豊)
  4. 道理

    北朝鮮が日本船舶のバラスト水放出を反倫理的犯罪だと非難!
  5. 人権・民主主義

    中国でスウェーデン国籍の桂民海氏に懲役10年の判決! 言論弾圧!(朝香 豊)
PAGE TOP