人権・民主主義

習近平思想の学習アプリに、スマホの管理権限を乗っ取る機能がある!(朝香 豊)

中国でもっとも多くダウンロードされているアプリは「学習強国」というものだ。

これは習近平思想を学ぶためのアプリで、中国共産党員はもちろん、中国の一般国民にもダウンロードが推奨されている。

ゲーム的な要素も入っている。

これをダウンロードして利用すると、中国の「社会信用システム」の評価が上がる。

「社会信用システム」とは、スコアを稼ぐと生活するのが楽になり、スコアを稼げないと生活するのが苦しくなるシステムだ。

例えば、スコアが悪いと飛行機や電車に乗ることもできなくなることさえある。飛行機の搭乗を拒否された人だけでも、のべで数千万人に達するとされる。

さらに、共産党員・一部の企業の社員・大学生・高校生はこれに取り組むことが必須で、しかも取り組んだ結果として得られるポイント数を、上司や教師に報告する義務がある。

ポイントが一定数に達しないと、「公開反省会」などが行われる。減給処分になることもある。

このアプリには、当局側が密かに管理権限を掴み、スマホの持ち主のすべての情報を操作できる機能がある。いつでも録音機能をオンにすることもできる。

このことが今回、米国が支援する調査組織「オープン・テクノロジー・ファンド」とドイツのIT調査会社との協力で明らかになった。

こういう趣旨の報道があったわけだが、実はもともとアプリの利用規約には、「アプリは国民識別番号、本名、生体情報、電話番号、買物履歴、位置情報、削除したコンテンツ、その他の個人情報を取得する」と書かれている。

そうでありながら、中国政府はこのアプリにユーザー情報の入手機能が備わっていることを否定しているそうだ。

当然ながら、だからといって呆れているばかりではいかない。

こんな国に我が国が負けるようなことがあってはならない。

日本を再興させ、こんな国に負けないようにしよう!

これの元ネタとなる大紀元時報の記事https://www.epochtimes.jp/p/2019/10/48162.html

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. フロイド氏殺害でナイキがキャンペーン! でもナイキの本質はチキンだ!(朝香 豊)…
  2. 主流派マスコミの異常さ! バイデン疑惑を正面から報道せよ!(朝香 豊)
  3. 台湾で米台国交回復推進決議が全会一致で可決! なんと提案は国民党!(朝香 豊)
  4. NHKの「家族や友人などのレンタルサービス」のやらせ番組、ようやくBPO審議入り…
  5. 予想通り、イランで体制の危機が発生! 政権崩壊まで進む可能性大! (朝香 豊)

関連記事

  1. 人権・民主主義

    韓国検察が最後の意地を見せる! チョ・グク氏を在宅起訴!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!昨年…

  2. 人権・民主主義

    香港の地下鉄を破壊しているのは、香港警察か? 動画あり!(朝香 豊)

    香港でよく発生する「黒衣暴徒」による地下鉄破壊活動においては、…

  3. 人権・民主主義

    EU議会が中国の政治犯学者にサハロフ賞を授与! 娘が代理出席!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!EU…

  4. 人権・民主主義

    バイデン政権は誕生する! それでもこれからもトランプを応援しよう!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!アラ…

  5. 人権・民主主義

    過剰防衛に走る、中国の建国70周年軍事パレード 厳戒態勢!  (朝香 豊)

    10月1日に予定されている中国の建国70周年の軍事パレードは、…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 道理

    パウエル弁護士のトランプ弁護団からの離脱! 事実は事実として受け止めよう!(朝香…
  2. 道理

    大不作の北朝鮮で、軍と農民のトラブルが深刻に! (朝香 豊)
  3. 人権・民主主義

    トランプ陣営がニューヨークタイムズを提訴! これで民主党は壊滅する!(朝香 豊)…
  4. 道理

    トランプとバイデンの支持率は事実上逆転! 米大統領選挙!(朝香 豊)
  5. 安全保障

    日本とEUが中国の一帯一路構想に対抗する新協定を締結! (朝香 豊)
PAGE TOP