人権・民主主義

習近平思想の学習アプリに、スマホの管理権限を乗っ取る機能がある!(朝香 豊)

中国でもっとも多くダウンロードされているアプリは「学習強国」というものだ。

これは習近平思想を学ぶためのアプリで、中国共産党員はもちろん、中国の一般国民にもダウンロードが推奨されている。

ゲーム的な要素も入っている。

これをダウンロードして利用すると、中国の「社会信用システム」の評価が上がる。

「社会信用システム」とは、スコアを稼ぐと生活するのが楽になり、スコアを稼げないと生活するのが苦しくなるシステムだ。

例えば、スコアが悪いと飛行機や電車に乗ることもできなくなることさえある。飛行機の搭乗を拒否された人だけでも、のべで数千万人に達するとされる。

さらに、共産党員・一部の企業の社員・大学生・高校生はこれに取り組むことが必須で、しかも取り組んだ結果として得られるポイント数を、上司や教師に報告する義務がある。

ポイントが一定数に達しないと、「公開反省会」などが行われる。減給処分になることもある。

このアプリには、当局側が密かに管理権限を掴み、スマホの持ち主のすべての情報を操作できる機能がある。いつでも録音機能をオンにすることもできる。

このことが今回、米国が支援する調査組織「オープン・テクノロジー・ファンド」とドイツのIT調査会社との協力で明らかになった。

こういう趣旨の報道があったわけだが、実はもともとアプリの利用規約には、「アプリは国民識別番号、本名、生体情報、電話番号、買物履歴、位置情報、削除したコンテンツ、その他の個人情報を取得する」と書かれている。

そうでありながら、中国政府はこのアプリにユーザー情報の入手機能が備わっていることを否定しているそうだ。

当然ながら、だからといって呆れているばかりではいかない。

こんな国に我が国が負けるようなことがあってはならない。

日本を再興させ、こんな国に負けないようにしよう!

これの元ネタとなる大紀元時報の記事https://www.epochtimes.jp/p/2019/10/48162.html

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 難民認定を甘くすることに反対!(朝香 豊)
  2. TSMCの日本投資は大きなチャンス! 反対論者は日台離反工作に乗せられていないか…
  3. やはり感染者の実数は中国政府の公式発表の100倍程度で考えるべき!(朝香 豊)
  4. 文在寅大統領はチョ・グク氏の法相任命を強行! 力による抑圧に自信か?
  5. 中国、不動産バブル崩壊へ! 中国恒大集団が大幅値引販売実施!(朝香 豊)

関連記事

  1. 人権・民主主義

    懲役53年のはずのレイプ犯が7年後に釈放! 再びレイプ!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!アス…

  2. 人権・民主主義

    中国の大学憲章から「思想の自由」が消える! 学生が抵抗!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!上海の復…

  3. 安全保障

    中共は明天集団を接収! 中国・香港は投資できる場所ではなくなった!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!肖建…

  4. 安全保障

    政府はLINE対策を抜本的に強化せよ! LINE側にも問題大!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!…

  5. 人権・民主主義

    香港 デモ参加者のマスク禁止へ!(朝香 豊)

    香港では、「緊急事態または公共の安全に危害が及ぶ事態」と判断し…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 人権・民主主義

    イタリアでリベラル勢力が暴走! サルビーニ氏の免責特権を剥奪!(朝香 豊)
  2. 安全保障

    2022年まで断続的に都市封鎖が必要かも! ハーバード大学の研究結果!(朝香 豊…
  3. 経済

    中国の不思議な不動産統計! 政府部内で混乱が生じている? (朝香 豊)
  4. 道理

    ウォームビア夫妻が執念の北朝鮮への報復! 全世界の隠し資産を探求!(朝香 豊)
  5. 経済

    広東省での感染拡大! 中国経済に打撃!(朝香 豊)
PAGE TOP