安全保障

民主党バイデン、中国疑惑隠しに動く!(朝香 豊)

アメリカ大統領選で民主党最有力候補とされるジョー・バイデン氏。

彼は息子のハンター・バイデン氏とともに、中国で怪しい行動をとってきた。

ジョー・バイデン氏がオバマ政権の副大統領だった時に、彼は息子を連れて北京を訪問し、習近平総書記と会談している。

2人は中国に10日間も滞在した。

ハンター氏はローズモント・セネカ・パートナーズという投資会社の代表を務め、この投資会社が中国との合弁投資ファンドの渤海華美を設立した。

これはこの訪中時に決まった話だ。

渤海華美は、中国公安当局が監視システム構築のために採用している、顔認識プラットフォームの「Face++」に投資している。

つまり、ハンター・バイデン氏は、中国人民の自由と人権を抑圧する中国政府のシステムに投資を行い、習近平総書記の庇護のもと、多額の利益を得ているわけだ。

トランプ攻撃の反撃を受けて、父親のジョー・バイデン氏に対する目が厳しさを増す中で、ハンター氏の疑惑が俄然注目されるようになった。

こうした中で、渤海華美の役員をハンター氏は辞任した。疑惑の目が注がれるのを、できるだけ阻止したいということだろう。

しかしながら、彼は投資会社を通じてだけでなく、個人としても2年前に渤海華美の株式の10%を42万ドルで取得していて、これは退任後も保有している。

渤海華美はすでに20億ドルを運用しているため、同社の10%の株式が42万ドルであるはずはなく、彼の保有資産は数億ドルに達するのは確実だと見られている。

なお、ジョー・バイデン副大統領(当時)は、訪中に先駆けて訪日していた。

当時は中国の防空識別圏の問題が湧き上がっていたが、バイデン氏は日本側が求めた防空識別圏撤回、米航空会社の中国当局へのフライトプラン提出中止の要求について拒絶し、さらに 日米の合意事項を共同声明の形で発表することも却下した。

このように対日政策において極めて中国寄りの姿勢を取り、その後の習近平総書記との会談に際しての手土産にしていた疑いは極めて濃い。

そしてその返礼として、息子のハンター氏に格別の投資の機会が与えられた疑いが強いのだ。

こういう点で、我々日本人としては、バイデン疑惑についてもっと大きな関心を払うべきだと考える。

これの元ネタとなる大紀元時報の記事https://www.epochtimes.jp/p/2019/10/48157.html

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 韓国の本当の仮想敵国は日本 これを前提に日本の国防を再構築しよう
  2. 白人の子供たちは無邪気に幼少期をすごしてはいけない! おかしくないか?(朝香 豊…
  3. フェイスブックは特定の方向性のみを支持! ザッカーバーグが認める!(朝香 豊)
  4. テレ朝での問題発言がYouTubeにも飛び火! 池上彰!(朝香 豊)
  5. 文在寅大統領はチョ・グク氏の法相任命を強行! 力による抑圧に自信か?

関連記事

  1. 安全保障

    国内のアウトブレイク対策に移行せよ! 新型コロナウイルス!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!ダイ…

  2. 安全保障

    ソフトバンクに打撃! AI技術の米国から中国への持ち出しはダメ!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!ソフ…

  3. 中国

    TikTokに数多くの脆弱性が見つかる! 個人情報流出の恐れ!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!サイ…

  4. 安全保障

    日本学術会議6人除外に警察出身の杉田官房副長官が関与? 公安上の問題か?(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!「日…

  5. Huawei のロゴ

    中国

    ファーウェイ、内部告発者への報復がバレて、中国国内でも不買運動発生!(朝香 豊)

    人気ブログランキングでの応援、よろしくお願いします!ファー…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 人権・民主主義

    習近平思想の学習が、中国中の宗教コミュニティで義務化へ!(朝香 豊)
  2. 経済

    EUもついに緊縮財政見直しか? 日本も続け! (朝香 豊)
  3. 道理

    浮き足立つ自民党! 岸田自民党は方向転換を!(朝香 豊)
  4. 中国

    習近平主席が姿を消す! すでに一週間!(朝香 豊)
  5. 人権・民主主義

    上海で「打倒腐敗!」を叫ぶデモ発生! 香港の影響大! 動画あり!(朝香 豊)
PAGE TOP