外交

ロシアが憲法で領土譲渡の禁止提案! 安倍総理は訪露中止を!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

憲法改正を進めようとしているロシアで、作業グループが、ロシアの領土を譲渡することを禁止し、相手と交渉すらすべきでないとの規定を提案している。

これに対してプーチン大統領は「アイディアは気に入った」とし、「法律家にどう適切に表現するのがいいか依頼しよう」と述べた。

ロシアがそういう動きに出るなら、日本も対抗策を発動すべきだろう。

安倍総理は、ロシアの対ドイツ戦勝75年式典に出席するために、5月に訪露する予定となっているが、このまま出席すれば、ロシア側の意向に賛同したことになる。

「プーチン氏から式典に招かれており、首脳間対話を進める良い機会だ。断る選択肢はない」なんて声があるらしいが、冗談ではない。

これを取りやめる表明を直ちに行うべきだ。

ロシアとの友好関係は対中政策的には大切だから、ロシアを罵る必要はないが、静かに訪露は見直すことにしたくらいは、表明すべきだろう。

我が国の経済協力は、我が国とロシアの間で締結された1993年の東京宣言を、ロシア側が受け入れているということが前提であり、当然東京宣言を今日でも守る立場にロシアがいると信じている、くらいは述べておくべきだ。

2島返還で妥協したとか、2島返還すら諦めたと、ロシア側には取れるような状況は、一気にひっくり返しておくべきだろう。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元のNHKの記事
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200214/k10012284771000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_034
ネタ元の毎日の記事
https://mainichi.jp/articles/20200207/k00/00m/030/371000c

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. キャリー・ラム行政長官の意味深な発言は、中国政府の思惑に制限をかける狙いかも
  2. 主流派マスコミの異常さ! バイデン疑惑を正面から報道せよ!(朝香 豊)
  3. 不良ワクチンで女児死亡! 家族も徹底弾圧! 中国!(朝香 豊)
  4. 米中通商協議が部分合意に! 今回はアメリカの一方的勝利!(朝香 豊)
  5. ドイツが裏技でEUの財政ルールの回避を検討!

関連記事

  1. 外交

    文在寅政権が決めた駐米韓国大使の承認が異例の遅れ! アメリカ側はこのまま拒否か?(朝香 豊)

    韓国の次期駐米大使に内定した李秀赫議員に対して、すでに内定後5…

  2. 外交

    ファーウェイ孟晩舟被告の裁判で、テレビに映ったメッセージボードはヤラセだった!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!カナ…

  3. 外交

    アメリカに感謝して「トランプ湖」と命名か? コソボとセルビアの国境の湖!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!コソ…

  4. 安全保障

    新型コロナの中国起源説を否定! 中国外務省がプロパガンダ戦へ!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!新型…

  5. 外交

    機密情報持ち出しで、ロシアスパイの書類送検の方針を、ロシアはけん制!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!ソフ…

  6. 外交

    米中合意は幻か? 中国再協議を求める!(朝香 豊)

    中国は米国との「第1段階」の通商合意に署名する前に、合意を巡る…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 人権・民主主義

    米大学生がTikTokを集団提訴! 個人情報を中国に転送で!(朝香 豊)
  2. 安全保障

    仁川から45キロの、本来韓国の領土である島に北朝鮮の基地! 韓国政府の北朝鮮に対…
  3. 経済

    種苗法改正は必要! 日本の種苗の知的財産を守れ!(朝香 豊)
  4. 経済

    IMFが世界成長率予測の更なる引き下げを示唆! 日本は政策転換せよ!(朝香 豊)…
  5. 人権・民主主義

    中国で開催された「世界弁護士大会」に、人権派弁護士の参加が禁止される!(朝香 豊…
PAGE TOP