外交

ロシアが憲法で領土譲渡の禁止提案! 安倍総理は訪露中止を!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

憲法改正を進めようとしているロシアで、作業グループが、ロシアの領土を譲渡することを禁止し、相手と交渉すらすべきでないとの規定を提案している。

これに対してプーチン大統領は「アイディアは気に入った」とし、「法律家にどう適切に表現するのがいいか依頼しよう」と述べた。

ロシアがそういう動きに出るなら、日本も対抗策を発動すべきだろう。

安倍総理は、ロシアの対ドイツ戦勝75年式典に出席するために、5月に訪露する予定となっているが、このまま出席すれば、ロシア側の意向に賛同したことになる。

「プーチン氏から式典に招かれており、首脳間対話を進める良い機会だ。断る選択肢はない」なんて声があるらしいが、冗談ではない。

これを取りやめる表明を直ちに行うべきだ。

ロシアとの友好関係は対中政策的には大切だから、ロシアを罵る必要はないが、静かに訪露は見直すことにしたくらいは、表明すべきだろう。

我が国の経済協力は、我が国とロシアの間で締結された1993年の東京宣言を、ロシア側が受け入れているということが前提であり、当然東京宣言を今日でも守る立場にロシアがいると信じている、くらいは述べておくべきだ。

2島返還で妥協したとか、2島返還すら諦めたと、ロシア側には取れるような状況は、一気にひっくり返しておくべきだろう。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元のNHKの記事
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200214/k10012284771000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_034
ネタ元の毎日の記事
https://mainichi.jp/articles/20200207/k00/00m/030/371000c

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 被害者ヅラする加害者を許すな! 元朝日新聞記者 植村隆氏を擁護する映画の製作が進…
  2. 中国が「新型インフラ建設」の大型投資を打ち出す! 西側は勝てるのか?(朝香 豊)…
  3. 北朝鮮漁船と水産庁船の衝突 ようやく映像公開へ! 日本政府の対応には不信感がいっ…
  4. 非常事態宣言の1ヶ月延長! ありえない! (朝香 豊)
  5. 中国は悪辣な独裁政権で自由国家に敵対的! 米政権が激しく非難!(朝香 豊)

関連記事

  1. 安全保障

    新型コロナの中国起源説を否定! 中国外務省がプロパガンダ戦へ!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!新型…

  2. 外交

    韓国がWTOに日本提訴! 日本は迎え撃て! (朝香 豊)

    韓国が今月11日にWTOに日本を提訴していたことがわかった。今…

  3. 外交

    文在寅政権が決めた駐米韓国大使の承認が異例の遅れ! アメリカ側はこのまま拒否か?(朝香 豊)

    韓国の次期駐米大使に内定した李秀赫議員に対して、すでに内定後5…

  4. 外交

    グレタさんを支える環境団体のバックに中国政府?(朝香 豊)

    国連で怒りのスピーチを行った16歳の環境活動家グレタさんの登壇…

  5. 安全保障

    尖閣諸島の危機的な状況に目を覚ませ!

    尖閣諸島に侵入している中国公船とは、中国の人民解放軍の指揮下に…

  6. 外交

    台湾の次期副総統の頼清徳氏、アメリカで大歓待!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!訪米…

無料メルマガ

おすすめ記事

  1. Featured Video Play Icon

アーカイブ

  1. 経済

    韓国では最低賃金の急上昇で失業者が急増し、雇用保険料を大幅増額へ! 何をやってる…
  2. 人権・民主主義

    強制送還直前で米外交官が脱北者を救助! 韓国政府は救助を躊躇!(朝香 豊)
  3. 外交

    台湾の次期副総統の頼清徳氏、アメリカで大歓待!(朝香 豊)
  4. 安全保障

    金与正氏が韓国に悪罵! 文政権はまたも従北対応!(朝香 豊)
  5. 人権・民主主義

    中国を怒らせた「サウスパーク」の中身がエグい!(朝香 豊)
PAGE TOP