安全保障

中国共産党員と家族の米渡航禁止? 揺さぶりかけるトランプ政権!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

アメリカのトランプ政権は、すべての中国共産党員とその家族がアメリカに渡航することを禁止することを検討していると、ニューヨーク・タイムズが報じた。

この問題を検討しているチームで大統領令の草案を準備し始めたが、まだトランプ大統領には諮られていないとしている。

中国共産党員の子供がアメリカの大学に留学しているようなケースもあるが、これも認めないことにするかどうかも検討しているとされる。

ホワイトハウスのマクナニー報道官は「中国に関しては全ての選択肢を維持している」とし、ニューヨーク・タイムズの記事については否定しなかった。

さて、中国共産党の幹部たちは、不正蓄財したお金をアメリカに逃がして、最後はアメリカに渡って、アメリカでいい暮らしをすることを夢見ている。

だから、米中対立がさらに先鋭化し、こうした処置が検討段階から実行段階に移行することを、中国共産党員の幹部たちは心底恐れているだろう。

米中対立を先鋭化しようとする習近平路線に対する風当たりは当然強くなる。

これが中国共産党内部の路線対立を激化させ、内部分裂を誘うことになる。

したがって、トランプ政権は恐らくこの処置を当面実行に移すことはしないだろう。

いつされるかわからないという恐怖が続いている方が、効果が高いからだ。

また、アメリカとしても、戦略物資であるレアアースの供給では、中国からの輸入に大いに頼っていて、まだ新たな供給先の確保の目処は十分には立っていない段階だ。

医薬品などの医療物資の供給体制の脱中国化も、まだ十分なレベルには達していない。

この点でも、まだ中国からの完全な報復を受けるような手段は取りにくい。

この観点からも、こうした手段もあるぞとちらつかせるながら、中国共産党の内部に心理的に圧迫を加えていく路線に留めるのではないかと思う。

いずれにせよこの情報リークは、中国共産党幹部に対する心理的な揺さぶりとして、大きな効果を持つのは間違いないだろう。
 
 

もしよければ、無料のメルマガの登録もお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元のニューズウィークの記事
https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2020/07/post-93984.php
Flickrからの引用画像(マクナニー報道官)
https://live.staticflickr.com/1801/42209458184_65c99be3e4_b.jpg
BBCからの引用画像(中国人留学生)
https://ichef.bbci.co.uk/news/976/cpsprodpb/11A75/production/_104490327_graduationus.jpg
Flickrからの引用画像(トランプ大統領)
https://live.staticflickr.com/4804/46451130962_d151b497d6_b.jpg
東洋経済からの引用画像(習近平と李克強)
https://premium.toyokeizai.net/smwimgs/1/1/-/img_113cdc76-0abc-4717-b013-5fcda392b632.jpg
Wikimediaからの引用画像(レアアース)
https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/thumb/5/55/Rareearthoxides.jpg/1024px-Rareearthoxides.jpg
Pixnioからの引用画像(医療物資)
https://pixnio.com/media/face-mask-hygienic-injector-medical-supplies#

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 文在寅大統領はチョ・グク氏の法相任命を強行! 力による抑圧に自信か?
  2. やはり感染者の実数は中国政府の公式発表の100倍程度で考えるべき!(朝香 豊)
  3. FBのヒドロキシクロロキン否定は、トランプへのネガキャン利用のためだった! (朝…
  4. テレ朝での問題発言がYouTubeにも飛び火! 池上彰!(朝香 豊)
  5. 中国は悪辣な独裁政権で自由国家に敵対的! 米政権が激しく非難!(朝香 豊)

関連記事

  1. 安全保障

    地方政府の中国との契約は無効! オーストラリアの外交方針と一致しないなら!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!オー…

  2. 安全保障

    米司法省、ファーウェイを追起訴! 中国をさらに追い詰める!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!米司…

  3. 安全保障

    北朝鮮で、新型コロナウイルスで死者が出たとの情報!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!2月…

  4. 安全保障

    マルクス主義や批判的人種理論が米軍内で浸透! これを批判する将校が除隊に!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!現在…

  5. 安全保障

    軌道修正始めた専門家たち! コロナの爆発的事態はない!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!…

  6. 安全保障

    イギリス・イタリアはファーウェイ排除! だがドイツは逆走へ!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!イギ…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 人権・民主主義

    韓国政府が米韓同盟破棄を示唆! しかも駐米大使!(朝香 豊)
  2. 中国

    香港市民に英市民権与える動きに中国が報復を宣言! 天滅中共への道!(朝香 豊)
  3. 安全保障

    武漢ウイルス研究所でコウモリの飼育はなかったはウソ! ウソがバレた!(朝香 豊)…
  4. 道理

    答えたくない議論から逃げる河野太郎氏! 彼を日本のリーダーにするわけにはいかない…
  5. 経済

    中国リニアが時速600キロ試験走行成功! 怒れ、日本の技術流出!(朝香 豊)
PAGE TOP