安全保障

中国共産党員と家族の米渡航禁止? 揺さぶりかけるトランプ政権!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

アメリカのトランプ政権は、すべての中国共産党員とその家族がアメリカに渡航することを禁止することを検討していると、ニューヨーク・タイムズが報じた。

この問題を検討しているチームで大統領令の草案を準備し始めたが、まだトランプ大統領には諮られていないとしている。

中国共産党員の子供がアメリカの大学に留学しているようなケースもあるが、これも認めないことにするかどうかも検討しているとされる。

ホワイトハウスのマクナニー報道官は「中国に関しては全ての選択肢を維持している」とし、ニューヨーク・タイムズの記事については否定しなかった。

さて、中国共産党の幹部たちは、不正蓄財したお金をアメリカに逃がして、最後はアメリカに渡って、アメリカでいい暮らしをすることを夢見ている。

だから、米中対立がさらに先鋭化し、こうした処置が検討段階から実行段階に移行することを、中国共産党員の幹部たちは心底恐れているだろう。

米中対立を先鋭化しようとする習近平路線に対する風当たりは当然強くなる。

これが中国共産党内部の路線対立を激化させ、内部分裂を誘うことになる。

したがって、トランプ政権は恐らくこの処置を当面実行に移すことはしないだろう。

いつされるかわからないという恐怖が続いている方が、効果が高いからだ。

また、アメリカとしても、戦略物資であるレアアースの供給では、中国からの輸入に大いに頼っていて、まだ新たな供給先の確保の目処は十分には立っていない段階だ。

医薬品などの医療物資の供給体制の脱中国化も、まだ十分なレベルには達していない。

この点でも、まだ中国からの完全な報復を受けるような手段は取りにくい。

この観点からも、こうした手段もあるぞとちらつかせるながら、中国共産党の内部に心理的に圧迫を加えていく路線に留めるのではないかと思う。

いずれにせよこの情報リークは、中国共産党幹部に対する心理的な揺さぶりとして、大きな効果を持つのは間違いないだろう。
 
 

もしよければ、無料のメルマガの登録もお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元のニューズウィークの記事
https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2020/07/post-93984.php
Flickrからの引用画像(マクナニー報道官)
https://live.staticflickr.com/1801/42209458184_65c99be3e4_b.jpg
BBCからの引用画像(中国人留学生)
https://ichef.bbci.co.uk/news/976/cpsprodpb/11A75/production/_104490327_graduationus.jpg
Flickrからの引用画像(トランプ大統領)
https://live.staticflickr.com/4804/46451130962_d151b497d6_b.jpg
東洋経済からの引用画像(習近平と李克強)
https://premium.toyokeizai.net/smwimgs/1/1/-/img_113cdc76-0abc-4717-b013-5fcda392b632.jpg
Wikimediaからの引用画像(レアアース)
https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/thumb/5/55/Rareearthoxides.jpg/1024px-Rareearthoxides.jpg
Pixnioからの引用画像(医療物資)
https://pixnio.com/media/face-mask-hygienic-injector-medical-supplies#

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. FBのヒドロキシクロロキン否定は、トランプへのネガキャン利用のためだった! (朝…
  2. 人民元のデジタル通貨化に秘められた野望を見逃すな!
  3. サウジへの攻撃はハメネイ師の指示か! 私の見立て (朝香 豊)
  4. キャリー・ラム行政長官の意味深な発言は、中国政府の思惑に制限をかける狙いかも
  5. 親中から反中に抜本的に転換! インドネシアのジョコ政権! (朝香 豊)

関連記事

  1. 安全保障

    中共は明天集団を接収! 中国・香港は投資できる場所ではなくなった!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!肖建…

  2. 安全保障

    サウジへの派遣軍の増員は抑止と防衛のためだ=ポンペオ国務長官 (朝香 豊)

    ポンペオ米国務長官は、サウジアラビアの石油施設への攻撃を受けて…

  3. 安全保障

    金正恩、「苦痛は怒りに変わった」とアメリカを批判!(朝香 豊)

    北朝鮮の金正恩委員長は、「アメリカをはじめとする敵対勢力がわれ…

  4. 安全保障

    中国は1月上旬に「人→人感染」を知っていた! 対外的には否定の二枚舌!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

  5. 経済

    ウイグルの強制労働で生産された綿を、日本企業が使用か?(朝香 豊)

    日本の無印良品とユニクロは、中国の新疆ウイグル自治区で綿を調達…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 韓国・北朝鮮

    韓国対北朝鮮のサッカーの試合 TV放送できない模様!(朝香 豊)
  2. 経済

    安倍総理、大型の景気対策を指示か?(朝香 豊)
  3. 人権・民主主義

    香港で200万人がPTSD発症か? 香港大学が推計!(朝香 豊)
  4. 安全保障

    台湾への武器売却をさらに追加! 米トランプ政権!(朝香 豊)
  5. 安全保障

    朝鮮半島の南北問題が駄目になっているのは米韓同盟があるせいだ」と韓国政府が発言!…
PAGE TOP