中国

新型コロナウィルスは生物兵器として開発された可能性が!(続編)(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

武漢発の新型コロナウイルスについて探っていたところ、気になる情報がヒットしたので、ここに上げておく。

それは2003年に大流行したSARSのコロナウイルスについての話だ。

ロシア医学アカデミーのセルゲイ・コレスニコフ氏は、SARSのコロナウイルスは細菌兵器の研究所で培養されたウイルスだった可能性が高いとの見解を出していた。

コレスニコフ氏によると、SARSのウイルスははしかとおたふく風邪(または耳下腺炎)のウイルスを合成したものだと言うのである。

自然界ではこの2つの合成は起こりえず、研究施設でないとできないというのだ。

ウイルス学者のアラン・キャントウェル氏も似たような見解を示している。

モスクワ市の疫学部局長のニコライ・フィラトフ氏は、このウイルスに適合するワクチンが存在せず、構成が不確か(DNA情報がわからないという意味ではなく、由来が未知という意味か?)で、拡散性に限界があり、ヒトには免疫がないことから、このウイルスが人工合成されたものだとしている。

中国の生物科学者たちの最終結論も、SARSウィルスは人工合成だったようだが、これはあまり報じられていないという。

アメリカのABCニュースが例外で、中国の生物兵器だった可能性があると報じている。

SARSがそうであったならば、今回の新型コロナウィルスもそうである可能性はあるだろう。

今回の新型コロナウイルスも由来が不明の遺伝子素材が含まれているのだそうだ。

こうした専門的な話になると、文系の私にはお手上げなところもあるが、こういう見解もあるということは知っておいてもいいだろう。

なお、ワシントン・タイムズは武漢に2つの生物兵器関連の研究所があることを報じている。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

これの元ネタとなる Global Research の記事
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2020-01-24/Q4LU76DWRGG301
これの元ネタとなるワシントン・タイムズの記事
https://www.washingtontimes.com/news/2020/jan/24/virus-hit-wuhan-has-two-laboratories-linked-chines/

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 朝鮮半島の南北問題が駄目になっているのは米韓同盟があるせいだ」と韓国政府が発言!…
  2. 人民元のデジタル通貨化に秘められた野望を見逃すな!
  3. ショーン・レノンが正論で反日韓国人に反論!
  4. 種苗法改正は必要! 日本の種苗の知的財産を守れ!(朝香 豊)
  5. 北朝鮮漁船と水産庁船の衝突 ようやく映像公開へ! 日本政府の対応には不信感がいっ…

関連記事

  1. 安全保障

    イタリアが脱中国の動きに転換した模様!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!新型…

  2. 人権・民主主義

    習近平国家首席の国賓待遇来日批判、野党にも広がる! 頑張ろう!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!国民…

  3. 安全保障

    コロナ調査要求に対して、中国が豪州を恫喝! 豪州ははねのける! (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!アメ…

  4. 経済

    内容は曖昧さを残したまま、米中貿易合意第一弾が署名! トランプの狡猾さに注目!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!米中…

  5. 安全保障

    中共は明天集団を接収! 中国・香港は投資できる場所ではなくなった!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!肖建…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 経済

    週休3日制で、生産性が40%向上! 日本マイクロソフト!(朝香 豊)
  2. 外交

    中国が対米戦略を大転換か? 環球時報が方針転換を主張! (朝香 豊)
  3. 安全保障

    「落ち着いて行動するように」と安倍総理! 国民の不安を解消しているのか?(朝香 …
  4. 韓国・北朝鮮

    慰安婦報道の植村隆氏が韓国でジャーナリズム賞を受賞!(朝香 豊)
  5. 道理

    釜山市長のセクハラ辞任の裏事情!(朝香 豊)
PAGE TOP