中国

新型コロナウィルスは生物兵器として開発された可能性が!(続編)(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

武漢発の新型コロナウイルスについて探っていたところ、気になる情報がヒットしたので、ここに上げておく。

それは2003年に大流行したSARSのコロナウイルスについての話だ。

ロシア医学アカデミーのセルゲイ・コレスニコフ氏は、SARSのコロナウイルスは細菌兵器の研究所で培養されたウイルスだった可能性が高いとの見解を出していた。

コレスニコフ氏によると、SARSのウイルスははしかとおたふく風邪(または耳下腺炎)のウイルスを合成したものだと言うのである。

自然界ではこの2つの合成は起こりえず、研究施設でないとできないというのだ。

ウイルス学者のアラン・キャントウェル氏も似たような見解を示している。

モスクワ市の疫学部局長のニコライ・フィラトフ氏は、このウイルスに適合するワクチンが存在せず、構成が不確か(DNA情報がわからないという意味ではなく、由来が未知という意味か?)で、拡散性に限界があり、ヒトには免疫がないことから、このウイルスが人工合成されたものだとしている。

中国の生物科学者たちの最終結論も、SARSウィルスは人工合成だったようだが、これはあまり報じられていないという。

アメリカのABCニュースが例外で、中国の生物兵器だった可能性があると報じている。

SARSがそうであったならば、今回の新型コロナウィルスもそうである可能性はあるだろう。

今回の新型コロナウイルスも由来が不明の遺伝子素材が含まれているのだそうだ。

こうした専門的な話になると、文系の私にはお手上げなところもあるが、こういう見解もあるということは知っておいてもいいだろう。

なお、ワシントン・タイムズは武漢に2つの生物兵器関連の研究所があることを報じている。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

これの元ネタとなる Global Research の記事
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2020-01-24/Q4LU76DWRGG301
これの元ネタとなるワシントン・タイムズの記事
https://www.washingtontimes.com/news/2020/jan/24/virus-hit-wuhan-has-two-laboratories-linked-chines/

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 親中から反中に抜本的に転換! インドネシアのジョコ政権! (朝香 豊)
  2. 進む中国のリトアニアいじめ! 徐々に広がる反発!(朝香 豊)
  3. 米中通商協議が部分合意に! 今回はアメリカの一方的勝利!(朝香 豊)
  4. パイプラインへのサイバー攻撃で、アメリカ東部は大混乱! 黒幕は本当にロシアか?(…
  5. 尖閣諸島の危機的な状況に目を覚ませ!

関連記事

  1. 安全保障

    新興国・発展途上国支援を、今こそ国策として追求しよう! (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!新型…

  2. 人権・民主主義

    ロシアも武漢からの国民の退避を中国政府と相談! 日本はまだ?(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!在中…

  3. 人権・民主主義

    中国の清華大学の教授が、習近平体制を批判!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!清華…

  4. 外交

    米中対立で中国が反撃! 近く米関連のブラックリストを公表へ!(朝香 豊)

    人気ブログランキング香港やウイグルでの人権弾圧がアメリカで…

無料メルマガ

おすすめ記事

  1. Huawei のロゴ

アーカイブ

  1. 未分類

    イタリアから大統領選に介入した? イタリア連邦裁判所で証言!(朝香 豊)
  2. 経済

    人民元のデジタル通貨化に秘められた野望を見逃すな!
  3. 道理

    五輪打ち上げカラオケ事件でテレビ朝日が処分発表! これで幕引きは許されない!(朝…
  4. 人権・民主主義

    中国の大学憲章から「思想の自由」が消える! 学生が抵抗!(朝香 豊)
  5. 安全保障

    日本は韓国ほど検査していない! 新型コロナウイルス!(朝香 豊)
PAGE TOP