中国

新型コロナウィルスは生物兵器として開発された可能性が!(続編)(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

武漢発の新型コロナウイルスについて探っていたところ、気になる情報がヒットしたので、ここに上げておく。

それは2003年に大流行したSARSのコロナウイルスについての話だ。

ロシア医学アカデミーのセルゲイ・コレスニコフ氏は、SARSのコロナウイルスは細菌兵器の研究所で培養されたウイルスだった可能性が高いとの見解を出していた。

コレスニコフ氏によると、SARSのウイルスははしかとおたふく風邪(または耳下腺炎)のウイルスを合成したものだと言うのである。

自然界ではこの2つの合成は起こりえず、研究施設でないとできないというのだ。

ウイルス学者のアラン・キャントウェル氏も似たような見解を示している。

モスクワ市の疫学部局長のニコライ・フィラトフ氏は、このウイルスに適合するワクチンが存在せず、構成が不確か(DNA情報がわからないという意味ではなく、由来が未知という意味か?)で、拡散性に限界があり、ヒトには免疫がないことから、このウイルスが人工合成されたものだとしている。

中国の生物科学者たちの最終結論も、SARSウィルスは人工合成だったようだが、これはあまり報じられていないという。

アメリカのABCニュースが例外で、中国の生物兵器だった可能性があると報じている。

SARSがそうであったならば、今回の新型コロナウィルスもそうである可能性はあるだろう。

今回の新型コロナウイルスも由来が不明の遺伝子素材が含まれているのだそうだ。

こうした専門的な話になると、文系の私にはお手上げなところもあるが、こういう見解もあるということは知っておいてもいいだろう。

なお、ワシントン・タイムズは武漢に2つの生物兵器関連の研究所があることを報じている。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

これの元ネタとなる Global Research の記事
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2020-01-24/Q4LU76DWRGG301
これの元ネタとなるワシントン・タイムズの記事
https://www.washingtontimes.com/news/2020/jan/24/virus-hit-wuhan-has-two-laboratories-linked-chines/

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. N国党の立花氏が脅迫の疑いで事情聴取! 計算ずくか?
  2. もうこれ以上、静かにしてはいられない! 文在寅政権に対して、アメリカは怒りを隠さ…
  3. 中国、不動産バブル崩壊へ! 中国恒大集団が大幅値引販売実施!(朝香 豊)
  4. 笑えないレベルにまで向上した北朝鮮のミサイルシステム
  5. 最悪! 安倍・習会談、習近平氏の国賓来日の準備を進めることで一致! (朝香 豊)…

関連記事

  1. 人権・民主主義

    香港「国家安全法」導入決定! 強硬路線進む中国! (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!アメ…

  2. 中国

    中共体制の崩壊につながるか? 新型コロナウイルス!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!新型…

  3. 安全保障

    米中の軍事的緊張は急激に高まっている! (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!2月…

  4. 安全保障

    中国政府、湖北省出身者にチャーター帰国便を準備!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

  5. 安全保障

    米下院が大学への中共のスパイ工作の調査を教育省の要求! 中共を許すな!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!米下…

無料メルマガ

おすすめ記事

  1. Featured Video Play Icon

アーカイブ

  1. 人権・民主主義

    懲役53年のはずのレイプ犯が7年後に釈放! 再びレイプ!(朝香 豊)
  2. 経済

    人民元のデジタル通貨化に秘められた野望を見逃すな!
  3. 外交

    米中合意は幻か? 中国再協議を求める!(朝香 豊)
  4. 安全保障

    「緊急事態宣言」法が成立! だが、中身は全く不十分! (朝香 豊)
  5. 安全保障

    中国の隠蔽と捏造を国際調査せよ! 米共和党有力議員が提言!(朝香 豊)
PAGE TOP