中国

新型コロナウィルスは生物兵器として開発された可能性が!(続編)(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

武漢発の新型コロナウイルスについて探っていたところ、気になる情報がヒットしたので、ここに上げておく。

それは2003年に大流行したSARSのコロナウイルスについての話だ。

ロシア医学アカデミーのセルゲイ・コレスニコフ氏は、SARSのコロナウイルスは細菌兵器の研究所で培養されたウイルスだった可能性が高いとの見解を出していた。

コレスニコフ氏によると、SARSのウイルスははしかとおたふく風邪(または耳下腺炎)のウイルスを合成したものだと言うのである。

自然界ではこの2つの合成は起こりえず、研究施設でないとできないというのだ。

ウイルス学者のアラン・キャントウェル氏も似たような見解を示している。

モスクワ市の疫学部局長のニコライ・フィラトフ氏は、このウイルスに適合するワクチンが存在せず、構成が不確か(DNA情報がわからないという意味ではなく、由来が未知という意味か?)で、拡散性に限界があり、ヒトには免疫がないことから、このウイルスが人工合成されたものだとしている。

中国の生物科学者たちの最終結論も、SARSウィルスは人工合成だったようだが、これはあまり報じられていないという。

アメリカのABCニュースが例外で、中国の生物兵器だった可能性があると報じている。

SARSがそうであったならば、今回の新型コロナウィルスもそうである可能性はあるだろう。

今回の新型コロナウイルスも由来が不明の遺伝子素材が含まれているのだそうだ。

こうした専門的な話になると、文系の私にはお手上げなところもあるが、こういう見解もあるということは知っておいてもいいだろう。

なお、ワシントン・タイムズは武漢に2つの生物兵器関連の研究所があることを報じている。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

これの元ネタとなる Global Research の記事
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2020-01-24/Q4LU76DWRGG301
これの元ネタとなるワシントン・タイムズの記事
https://www.washingtontimes.com/news/2020/jan/24/virus-hit-wuhan-has-two-laboratories-linked-chines/

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 文在寅大統領はチョ・グク氏の法相任命を強行! 力による抑圧に自信か?
  2. 「研究所起源説」をめぐるアメリカ政府内部での攻防! ついに「起源説」が市民権を得…
  3. 被害者ヅラする加害者を許すな! 元朝日新聞記者 植村隆氏を擁護する映画の製作が進…
  4. 尖閣諸島の危機的な状況に目を覚ませ!
  5. 持ち込み荷物 X線検査受けずに出国! ゴーン被告!(朝香 豊)

関連記事

  1. 安全保障

    米中の狭間で股裂きの韓国外交! 西側への裏切りは明確に!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!韓国…

  2. 道理

    コロナ陰謀説には広告を載せない! Googleの言論弾圧!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!…

  3. 安全保障

    中国政府、湖北省出身者にチャーター帰国便を準備!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

  4. 安全保障

    新型コロナウイルスの対応を抜本的に変えよ! 日本政府!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!厚生…

  5. 安全保障

    英中対立の激化は表面的! 英中緊密化の動きもある!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!イギ…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 安全保障

    シンガポールの感染者数が多い理由を知ろう!(朝香 豊)
  2. 未分類

    竹中平蔵氏をどう見るか! (朝香 豊)
  3. 経済

    日中韓自由貿易協定の公式交渉開催へ こんなもの必要か?(朝香 豊)
  4. 経済

    韓国でのアフリカ豚コレラ発生により、中国は韓国からの豚肉輸入を禁止に! (朝香 …
  5. 外交

    ラグビーW杯での旭日旗使用さえ、韓国教授は抗議へ! (朝香 豊)
PAGE TOP