安全保障

イランのコッズ部隊の司令官暗殺で、日本を無視! アメリカ!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

米軍がイラン革命防衛隊の精鋭部隊「コッズ部隊」トップのソレイマニ司令官を暗殺した件で、ポンペオ米国務長官は中国・イギリス・ドイツの外交トップに電話を掛け、アメリカの側から緊張を高める意図がないことを説明した。

ここで注目すべきは、アメリカとイランの仲介で大きな役割を果たしていたはずの我が国には、こうした連絡がなかったというところだ。

アメリカが提唱した有志連合への不参加を決め、対中政策でもアメリカと共同歩調を取ろうとしない日本政府の対応への不満が、今回もこのような形で暗示された。

陛下の即位礼に際にしても、アメリカが我が国に送ってきたのは運輸長官であった。日本で言えば、国土交通大臣みたいな存在にすぎない。

絶対に文句が出ることのないペンス副大統領クラスをどうしてアメリカは送ってこなかったか、この持つ意味合いを我々は改めて考えなくてはならない。

日米の緊密な連携がいまだに続いているという幻想を持っている人が多くいるが、緊密な連携ができていたら説明のつかないことが次々と起きていることから目をそらすべきではないだろう。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

これのネタ元の産経新聞の記事
https://www.sankei.com/world/news/200103/wor2001030038-n1.html

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. キャリー・ラム行政長官の意味深な発言は、中国政府の思惑に制限をかける狙いかも
  2. 「表現の不自由展」を支援するよう求める社説掲載! 朝日新聞!(朝香 豊)
  3. 被害者ヅラする加害者を許すな! 元朝日新聞記者 植村隆氏を擁護する映画の製作が進…
  4. もうこれ以上、静かにしてはいられない! 文在寅政権に対して、アメリカは怒りを隠さ…
  5. 最悪! 安倍・習会談、習近平氏の国賓来日の準備を進めることで一致! (朝香 豊)…

関連記事

  1. 安全保障

    WHOの奇妙な非常事態宣言! 日本は騙されるな!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!1月…

  2. 安全保障

    台湾で国民党の新主席に江啓臣氏! 中国は祝電出さず!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!1月…

  3. 安全保障

    尖閣諸島の危機的な状況に目を覚ませ!

    尖閣諸島に侵入している中国公船とは、中国の人民解放軍の指揮下に…

  4. 安全保障

    中国のスパイが豪州に亡命希望! 香港と台湾の工作情報を豪政府に提出!(朝香 豊)

    中国のスパイ活動に従事してきた男性が、オーストラリアへの亡命を…

  5. 安全保障

    新型ウイルスは人に大いに感染しやすい構造!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!新型…

  6. 安全保障

    シンガポールの感染者数が多い理由を知ろう!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!シン…

無料メルマガ

おすすめ記事

  1. Featured Video Play Icon

アーカイブ

  1. 人権・民主主義

    総理、新型肺炎で現地の日本人希望者を全員帰国させる方針!(朝香 豊)
  2. 外交

    中華民国(台湾)建国記念日に、安倍総理と麻生財務相が祝福メッセージ!(朝香 豊)…
  3. 安全保障

    PCR法は信頼できない! ではどうすべきか?(朝香 豊)
  4. 人権・民主主義

    安倍総理から野党と偏向マスコミに対する皮肉か? 官邸での記者会見で!(朝香 豊)…
  5. 人権・民主主義

    ドレスデン市は非常事態宣言! 反イスラム運動「PEGIDA」の活動が活発化で!(…
PAGE TOP