安全保障

イランのコッズ部隊の司令官暗殺で、日本を無視! アメリカ!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

米軍がイラン革命防衛隊の精鋭部隊「コッズ部隊」トップのソレイマニ司令官を暗殺した件で、ポンペオ米国務長官は中国・イギリス・ドイツの外交トップに電話を掛け、アメリカの側から緊張を高める意図がないことを説明した。

ここで注目すべきは、アメリカとイランの仲介で大きな役割を果たしていたはずの我が国には、こうした連絡がなかったというところだ。

アメリカが提唱した有志連合への不参加を決め、対中政策でもアメリカと共同歩調を取ろうとしない日本政府の対応への不満が、今回もこのような形で暗示された。

陛下の即位礼に際にしても、アメリカが我が国に送ってきたのは運輸長官であった。日本で言えば、国土交通大臣みたいな存在にすぎない。

絶対に文句が出ることのないペンス副大統領クラスをどうしてアメリカは送ってこなかったか、この持つ意味合いを我々は改めて考えなくてはならない。

日米の緊密な連携がいまだに続いているという幻想を持っている人が多くいるが、緊密な連携ができていたら説明のつかないことが次々と起きていることから目をそらすべきではないだろう。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

これのネタ元の産経新聞の記事
https://www.sankei.com/world/news/200103/wor2001030038-n1.html

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. サウジへの攻撃はハメネイ師の指示か! 私の見立て (朝香 豊)
  2. 種苗法改正は必要! 日本の種苗の知的財産を守れ!(朝香 豊)
  3. 予想通り、イランで体制の危機が発生! 政権崩壊まで進む可能性大! (朝香 豊)
  4. もうこれ以上、静かにしてはいられない! 文在寅政権に対して、アメリカは怒りを隠さ…
  5. 「なんでも批判」を反省しない立憲民主党! 戦前の「批判」政治の過ちを忘れるな!(…

関連記事

  1. 安全保障

    中国への技術流出を防げ! あまりに甘い日本の大学!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!…

  2. 安全保障

    GoogleはAI開発で中国と共同研究! 軍事部門も手がけている! (朝香 豊)

    Googleは今なお、中国のAI開発に積極的に協力している。…

  3. 安全保障

    中国の食糧危機は深刻かも! 食べ残し厳禁を習総書記が号令!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

  4. 安全保障

    北朝鮮がICBM用の地下鉄道を設置! 地上からの監視が困難に!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!外部…

  5. 安全保障

    北朝鮮がFacebookなどを通じて、日本などの選挙にも介入か? (朝香 豊)

    VOA(ボイス・オブ・アメリカ)の報道によると、英国オックスフ…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 安全保障

    サイバーセキュリティの国際組織がファーウェイの会員資格を一時停止へ! (朝香 豊…
  2. 道理

    韓国「旭日旗」クレームがポーランドの飲料を販売中止に追い込む! (朝香豊)
  3. 人権・民主主義

    ベトナム戦争時の民間人虐殺に関する調査を、韓国政府は拒否!(朝香 豊)
  4. 安全保障

    台湾で国民党の新主席に江啓臣氏! 中国は祝電出さず!(朝香 豊)
  5. 安全保障

    TikTok、アメリカでも禁止へ! 事業売却か?(朝香 豊)
PAGE TOP