安全保障

イランのコッズ部隊の司令官暗殺で、日本を無視! アメリカ!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

米軍がイラン革命防衛隊の精鋭部隊「コッズ部隊」トップのソレイマニ司令官を暗殺した件で、ポンペオ米国務長官は中国・イギリス・ドイツの外交トップに電話を掛け、アメリカの側から緊張を高める意図がないことを説明した。

ここで注目すべきは、アメリカとイランの仲介で大きな役割を果たしていたはずの我が国には、こうした連絡がなかったというところだ。

アメリカが提唱した有志連合への不参加を決め、対中政策でもアメリカと共同歩調を取ろうとしない日本政府の対応への不満が、今回もこのような形で暗示された。

陛下の即位礼に際にしても、アメリカが我が国に送ってきたのは運輸長官であった。日本で言えば、国土交通大臣みたいな存在にすぎない。

絶対に文句が出ることのないペンス副大統領クラスをどうしてアメリカは送ってこなかったか、この持つ意味合いを我々は改めて考えなくてはならない。

日米の緊密な連携がいまだに続いているという幻想を持っている人が多くいるが、緊密な連携ができていたら説明のつかないことが次々と起きていることから目をそらすべきではないだろう。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

これのネタ元の産経新聞の記事
https://www.sankei.com/world/news/200103/wor2001030038-n1.html

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 韓国の本当の仮想敵国は日本 これを前提に日本の国防を再構築しよう
  2. ドイツが裏技でEUの財政ルールの回避を検討!
  3. 朝鮮半島の南北問題が駄目になっているのは米韓同盟があるせいだ」と韓国政府が発言!…
  4. 主流派マスコミの異常さ! バイデン疑惑を正面から報道せよ!(朝香 豊)
  5. 被害者ヅラする加害者を許すな! 元朝日新聞記者 植村隆氏を擁護する映画の製作が進…

関連記事

  1. 安全保障

    中国のスパイが豪州に亡命希望! 香港と台湾の工作情報を豪政府に提出!(朝香 豊)

    中国のスパイ活動に従事してきた男性が、オーストラリアへの亡命を…

  2. 安全保障

    核軍縮条約への参加を、中国は拒否! 中国の本質がより明確に!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!アメリカ…

  3. 安全保障

    香港民主派の大物、黎智英氏逮捕! 西側の反発は必至!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!香港…

  4. 安全保障

    周到な工作で「米製」と偽装しての中国製機器の販売発覚! 8800万ドル分!(朝香 豊)

    ニューヨーク州にあるアベンチュラ・テクノロジーズ社は、十数年に…

  5. 安全保障

    下船させるってどういうこと? WHOの方針!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!世界…

  6. 安全保障

    ディズニーやアップルを名指し批判! 対中姿勢でバー司法長官!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!…

無料メルマガ

おすすめ記事

  1. Featured Video Play Icon

アーカイブ

  1. 人権・民主主義

    イタリアでリベラル勢力が暴走! サルビーニ氏の免責特権を剥奪!(朝香 豊)
  2. 未分類

    竹中平蔵氏をどう見るか! (朝香 豊)
  3. 安全保障

    米国防長官、北朝鮮に「勝つ準備」を確認する必要を強調!(朝香 豊)
  4. 道理

    選挙終盤でのあまりに不自然な逆転! 不正を訴えるトランプのツイートを削除!(朝香…
  5. 中国

    WTOの判断延期に騙されるな! 新型コロナウィルス!(朝香 豊)
PAGE TOP