経済

ソフトバンク、ピンチ! WeWorkはキャッシュ枯渇か?(朝香 豊)

オシャレなシェアオフィスで知られるWeWorkは、現在資金繰りに困っている。

11月末までに資金調達できないと、WeWorkは資金繰りに行き詰まると推定されている。

WeWorkは現在、5400億円ほどの借り入れをしたいと、JPモルガン・チェースなどと協議していると報じられた。

このWeWorkは、ソフトバンクが資金を集めているビジョンファンドが多額の投資を行っている。

そして、WeWorkの企業価値は5兆円ほどあるとソフトバンクは評価していたが、WeWorkの新規公開の計画が具体的に持ち上がったときに、評価額を2兆円、さらには1兆円ほどに引き下げても、投資家から相手にされなかった。

こういうわけで、資金繰りに困っているのだ。

ビジョンファンドの投資先企業の企業評価は、ソフトバンクの企業評価に基づいているわけだが、WeWorkに対して極めて甘い評価をしてきたことが表沙汰になって、他の投資企業に対する評価にも疑問符が付けられるようになった。

WeWorkの資金調達にはソフトバンクの関与が必須になるが、ソフトバンクが資金調達に協力したとしても、WeWorkの低収益性が改善される見込みはない。

だからといって、WeWorkを見捨てれば、ソフトバンクの進めてきた投資ファンドのビジネスモデルが総崩れになることになる。

ソフトバンクは極めて厳しい状況に追い込まれている。

ソースとなったブルームバーグの記事https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2019-10-11/PZ7TXXT1UM0X01

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 最悪! 安倍・習会談、習近平氏の国賓来日の準備を進めることで一致! (朝香 豊)…
  2. 予想通り、イランで体制の危機が発生! 政権崩壊まで進む可能性大! (朝香 豊)
  3. 親中から反中に抜本的に転換! インドネシアのジョコ政権! (朝香 豊)
  4. 習近平体制が崩壊する?? 李克強が路線修正へ!(朝香 豊)
  5. ウクライナ機は撃墜か! イラン危機!(朝香 豊)

関連記事

  1. 経済

    中国リニアが時速600キロ試験走行成功! 怒れ、日本の技術流出!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!「中…

  2. 安全保障

    中国の8割以上の会社のN95マスクの販売を禁止! 米トランプ政権!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!低品…

  3. 経済

    額式体温計の半分が偽物! 中国!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

  4. 経済

    コロナ対策で社会主義化は必然! 中野剛志氏! (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!MM…

  5. 経済

    万国郵便連合からのアメリカの脱退は寸前で回避! (朝香 豊)

    小型国際郵便の料金の設定の仕方がおかしいとし、万国郵便連合から…

  6. 外交

    トランプ大統領、対中融和姿勢から一転強硬姿勢へ! (朝香 豊)

    強硬派のボルトン大統領補佐官解任後に融和姿勢を見せていたトラン…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 人権・民主主義

    国際調査報道ジャーナリスト連合が、中国のウイグル人弾圧の内部文書を公表! (朝香…
  2. 人権・民主主義

    香港の攻防は心理戦! 香港市民はぜひデモに参加を!(朝香 豊)
  3. 人権・民主主義

    選挙不正の9つのキーポイント! ジュリアーニ弁護士が指摘!(朝香 豊)
  4. 安全保障

    新型コロナウイルスの対応を抜本的に変えよ! 日本政府!(朝香 豊)
  5. 人権・民主主義

    香港人権民主主義法案の米上院可決に、中国猛反発! 報復を示唆! (朝香 豊)
PAGE TOP