経済

ソフトバンク、ピンチ! WeWorkはキャッシュ枯渇か?(朝香 豊)

オシャレなシェアオフィスで知られるWeWorkは、現在資金繰りに困っている。

11月末までに資金調達できないと、WeWorkは資金繰りに行き詰まると推定されている。

WeWorkは現在、5400億円ほどの借り入れをしたいと、JPモルガン・チェースなどと協議していると報じられた。

このWeWorkは、ソフトバンクが資金を集めているビジョンファンドが多額の投資を行っている。

そして、WeWorkの企業価値は5兆円ほどあるとソフトバンクは評価していたが、WeWorkの新規公開の計画が具体的に持ち上がったときに、評価額を2兆円、さらには1兆円ほどに引き下げても、投資家から相手にされなかった。

こういうわけで、資金繰りに困っているのだ。

ビジョンファンドの投資先企業の企業評価は、ソフトバンクの企業評価に基づいているわけだが、WeWorkに対して極めて甘い評価をしてきたことが表沙汰になって、他の投資企業に対する評価にも疑問符が付けられるようになった。

WeWorkの資金調達にはソフトバンクの関与が必須になるが、ソフトバンクが資金調達に協力したとしても、WeWorkの低収益性が改善される見込みはない。

だからといって、WeWorkを見捨てれば、ソフトバンクの進めてきた投資ファンドのビジネスモデルが総崩れになることになる。

ソフトバンクは極めて厳しい状況に追い込まれている。

ソースとなったブルームバーグの記事https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2019-10-11/PZ7TXXT1UM0X01

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 中国の国家発展改革委員会が不動産バブルの維持を断念か? 体制崩壊につながる可能性…
  2. 笑えないレベルにまで向上した北朝鮮のミサイルシステム
  3. もうこれ以上、静かにしてはいられない! 文在寅政権に対して、アメリカは怒りを隠さ…
  4. ショーン・レノンが正論で反日韓国人に反論!
  5. 台湾で米台国交回復推進決議が全会一致で可決! なんと提案は国民党!(朝香 豊)

関連記事

  1. 経済

    中国企業の米市場上場禁止へ! 上院で法案全会一致で可決!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!「中…

  2. 安全保障

    パキスタンのインフラ投資で水増し請求発覚! 中国企業!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

  3. 経済

    歪んだ「GoToイート」キャンペーン! 飲食店に負担!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!「G…

  4. 経済

    今回の想定を超える台風被害の背景に、インフラの老朽化の影響がある! (朝香 豊)

    東京電力パワーグリッドは台風襲撃から5日目の13日に、今後の復…

  5. 経済

    新型肺炎で、企業を閉鎖する余裕はないとブラジル大統領! これは正論!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!ブラ…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 安全保障

    ソフトバンクの元社員が情報をロシア側に提供、逮捕! 逮捕できたからいいのか?(朝…
  2. 人権・民主主義

    北京大学との共同学位プログラム計画を否決! コーネル大学教授会!(朝香 豊)
  3. 安全保障

    北朝鮮、多弾頭ICBMを開発か? 脅威のレベルがさらにあがった!(朝香 豊)
  4. 安全保障

    ハンター・バイデンは習近平とも関係していた! 中国への投資案件で!(朝香 豊)
  5. 安全保障

    中国、「6G」の研究開発に着手! 日米連合も負けるな!(朝香 豊)
PAGE TOP