経済

山林での太陽光発電に規制法を作れ! 各地で相次ぐトラブル!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

政府は2030年度の温室効果ガス46%削減という「野心的」な国際公約のために、太陽光発電の電源比率を2019年の6.7%から14〜16%へと、2倍以上に増やすとしている。

だが、国土の平地面積あたりの太陽光発電所の面積は、すでに日本は世界最大となっているのが実際である。このため、新規の太陽光発電設備の設置場所としては、田畑とか山林を利用することがどうしても増えざるをえないところに追い込まれている。

里山で太陽光発電を行うことに反対する住民運動は多いが、太陽光パネルを規制できるような法制度が整備されていない。環境省の内部では「太陽光発電環境配慮ガイドライン」というものを作っているが、これを守らなければならない法的枠組みがないのである。

この結果として山林の樹木を伐採して斜面に太陽光パネルを敷き詰めるようなことが行われているわけだが、雨が降ると土壌が流出して田んぼ、道路などを埋めてしまうということが起こったりしている。崩落被害も生じている。

中には倒産事業体も出てきて、こうした問題が起こったとしても事業体に生じた被害の弁済をさせることもできないケースも目立つ。

そもそも一度土壌が流出してしまえば、そこをもとの森林に戻すことができない。一度はげ山になってしまえば、ずっとはげ山になりつづけることになる。

外資規制もないので、こういう事業を中国資本や韓国資本が手掛けているケースも多いが、彼らは日本の自然を守ろうという意識など最初からない。もちろん日本の資本であっても自然を守るつもりのない事業者も多い。

国が動かない中で、地方自治体の中には独自の太陽光発電規制の条例を作っているところも多い。だが、当然ながら地方自治体ごとにバラバラの対応というのは本来は好ましいことではなく、国として統一的な法制度を作るべきではないだろうか。
 
 
無料のメルマガの登録をぜひともお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

太陽光・風力導入により懸念される製造業の空洞化 ! 小型原子炉の事業所設置により対処せよ!(朝香 豊)


https://nippon-saikou.com/6276

無責任に再生可能エネルギー100%を主張する菅直人氏! 無責任発言はやめにしてもらいたい!(朝香 豊)


https://nippon-saikou.com/7079

国破れて山河なし! ソーラーパネルと風車の襲来!(松尾 利昭)


https://nippon-saikou.com/6689

全国再エネ問題連絡会の記事
https://saiene-news.com/?p=587
崩落した太陽光パネルの画像
https://www.oms.energy-itsol.com/omswp/wp-content/uploads/2019/06/oms_article07_8.png

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 中国が「新型インフラ建設」の大型投資を打ち出す! 西側は勝てるのか?(朝香 豊)…
  2. 朝鮮半島の南北問題が駄目になっているのは米韓同盟があるせいだ」と韓国政府が発言!…
  3. 「優生思想で危険」だとNumber編集部に非難の声! いやいや、危険なのはむしろ…
  4. 進む中国のリトアニアいじめ! 徐々に広がる反発!(朝香 豊)
  5. 台湾で米台国交回復推進決議が全会一致で可決! なんと提案は国民党!(朝香 豊)

関連記事

  1. 人権・民主主義

    韓国で再び大統領の弾劾はあるのか? 弾劾の請願が140万人突破!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!韓国…

  2. 安全保障

    中国からの国内回帰の補助金は競争率11倍! 選別せずに全部戻せよ!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!新型…

  3. 人権・民主主義

    韓国検察が文在寅に叛旗を翻す! チョ・グク法相の親族を逮捕へ! (朝香豊)

    韓国のソウル中央地検はチョ・グク法相をめぐる不透明な投資疑惑に…

  4. 経済

    中国で大物経営者が次々退任・失脚! 民営企業受難の時代に! (朝香 豊)

    アリババ創業者の馬雲氏がアリババ会長を退任したのに続いて、テン…

  5. 人権・民主主義

    米下院がルール変更! トランプ大統領には差別発言を容認!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!民主…

  6. 道理

    武漢の新型肺炎を最初にSNSに上げた、李文亮医師の追悼動画が作られた!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!香港…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 外交

    文在寅政権が決めた駐米韓国大使の承認が異例の遅れ! アメリカ側はこのまま拒否か?…
  2. 中国

    北京などで強風に煽られ大火事! 中共政府は呪われている?(朝香 豊)
  3. 人権・民主主義

    中国で教会の十戒が削除され、習近平の言葉に差し替えられている! (朝香 豊)
  4. 安全保障

    WHOが全員検査を勧告! やはり背景には中国か?(朝香 豊)
  5. 経済

    迷走する「GoToキャンペーン」! 見失いたくない旅行業・観光業の打撃!(朝香 …
PAGE TOP