道理

中国で新たなペスト確認! ネットの投稿は強制削除!(朝香 豊)

中国の内モンゴル自治区は新たなペスト感染を確認したと発表した。

これとは別に長春市でもペスト感染が確認され、罹患した男性が死亡したというネットへの投稿があったが、このユーザーアカウントは封鎖された。

これまでペストの発生場所は、内モンゴル自治区と河北省に限られていたが、長春市でも患者の発生があったとすれば、感染が拡大していることを示している。

このペスト感染については、中国政府が情報を徹底的に隠蔽しているために、生物兵器としてペストを培養していたのが外部に漏れたのではないかとの疑いも強い。

感染が大きな広がりを持たないことを願うが、中国政府の取り組みの鈍さからすると、最悪の事態に至る可能性も否定はできない。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。

ネタ元の産経新聞の記事
https://www.sankei.com/world/news/191129/wor1911290020-n1.html

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. ウクライナ機は撃墜か! イラン危機!(朝香 豊)
  2. 尖閣諸島の危機的な状況に目を覚ませ!
  3. やはり感染者の実数は中国政府の公式発表の100倍程度で考えるべき!(朝香 豊)
  4. ドイツが裏技でEUの財政ルールの回避を検討!
  5. 最悪! 安倍・習会談、習近平氏の国賓来日の準備を進めることで一致! (朝香 豊)…

関連記事

  1. 経済

    外出規制にさらなる強化! これって本当に正しいのか?(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!休業…

  2. 人権・民主主義

    ウクライナ疑惑で新しい動き! バイデンを潰せるか?(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!ウク…

  3. 道理

    国立アイヌ施設「ウポポイ」開業! こんな施設が必要か? (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!北海…

  4. 人権・民主主義

    「日本の尊厳と国益を護る会」が、習近平国賓に反対の意見書提出!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!自民…

  5. 人権・民主主義

    韓国検察が文在寅に叛旗を翻す! チョ・グク法相の親族を逮捕へ! (朝香豊)

    韓国のソウル中央地検はチョ・グク法相をめぐる不透明な投資疑惑に…

  6. 道理

    骨のある市長だ! チェコのプラハ市長が北京市との姉妹都市を解消決断!(朝香 豊)

    チェコ共和国首都のプラハ市は、中国の北京市との「姉妹都市」関係…

無料メルマガ

おすすめ記事

  1. Huawei のロゴ

アーカイブ

  1. 道理

    習近平国賓来日に賛成! 総理の芽を自ら潰した石破茂! (朝香 豊)
  2. 安全保障

    中国、「6G」の研究開発に着手! 日米連合も負けるな!(朝香 豊)
  3. 安全保障

    中国の人権侵害企業とは手を切れ! 米国務省が経営者に手紙を送る! (朝香 豊)
  4. 人権・民主主義

    「中国はウイグル自治区に国連監視団受け入れよ」と、イギリスが要求!(朝香 豊)
  5. 安全保障

    歓迎! 日本政府がついに韓国との世論戦に参入方針を示す! (朝香 豊)
PAGE TOP