道理

中国で新たなペスト確認! ネットの投稿は強制削除!(朝香 豊)

中国の内モンゴル自治区は新たなペスト感染を確認したと発表した。

これとは別に長春市でもペスト感染が確認され、罹患した男性が死亡したというネットへの投稿があったが、このユーザーアカウントは封鎖された。

これまでペストの発生場所は、内モンゴル自治区と河北省に限られていたが、長春市でも患者の発生があったとすれば、感染が拡大していることを示している。

このペスト感染については、中国政府が情報を徹底的に隠蔽しているために、生物兵器としてペストを培養していたのが外部に漏れたのではないかとの疑いも強い。

感染が大きな広がりを持たないことを願うが、中国政府の取り組みの鈍さからすると、最悪の事態に至る可能性も否定はできない。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。

ネタ元の産経新聞の記事
https://www.sankei.com/world/news/191129/wor1911290020-n1.html

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 文在寅大統領はチョ・グク氏の法相任命を強行! 力による抑圧に自信か?
  2. 橋本聖子や山下泰裕の派遣でお茶を濁すようなことをするな! 北京オリンピックでの対…
  3. 尖閣諸島の危機的な状況に目を覚ませ!
  4. 中国が武漢P4からフランスを排除していた! 騙されたフランス!(朝香 豊)
  5. ドイツが裏技でEUの財政ルールの回避を検討!

関連記事

  1. 道理

    韓国で体に密着する商品から相次いで高放射能が検出され、回収騒ぎになる! (朝香 豊)

    市場に出回っている電気マット、枕、女性用下着、ソファなどから基…

  2. 人権・民主主義

    トランプ法務チームが方針転換! 焦点をドミニオンに集める!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!トラ…

  3. 安全保障

    自衛隊の派遣を前向きに進めよ! アフガニスタン!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!アフ…

  4. 人権・民主主義

    中国で記者に新基準! 習近平思想の堅持とネットでの世論誘導を求める!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!日本…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 人権・民主主義

    トランプ大統領署名で、「香港人権・民主主義法」が成立! 香港、大盛り上がり!(朝…
  2. 安全保障

    遺伝子レベルで見ると、人為ウイルスの疑い濃厚! 新型コロナはいくつかのウイルスの…
  3. 安全保障

    チョ・グク氏の義兄が北朝鮮からベトナムへの石炭密輸に関与発覚! (朝香 豊)
  4. 未分類

    トランプがバイデンを完全逆転! 英イクスプレス報道!(朝香 豊)
  5. 人権・民主主義

    香港人権民主主義法案の米上院可決に、中国猛反発! 報復を示唆! (朝香 豊)
PAGE TOP