人権・民主主義

トランプ陣営への不当な盗聴! FBI機密文書公開でより明確に!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

「スティール文書」というものがある。

トランプ氏が大統領に立候補する前の話だが、モスクワのホテルの部屋に売春婦を呼んで乱痴気騒ぎを行い、その様子をロシア政府が隠しカメラで撮影し、トランプ氏を操り人形にしようとしているという作り話をまとめあげた文書だ。

この文書は前回の大統領選挙の際に民主党の側から資金提供して作らせた文書であることが現在ではわかっている。

FOXが報じたスティール文書ができるまでの流れ

民主党側はこれが信頼に足る文書であるかのように見せかける工作を行った。

これを根拠にしてFBIの内部にいる民主党グループが裁判所から礼状を取得し、トランプ陣営を盗聴していたのである。

トランプ氏の大統領当選を阻止しようと、民主党はこのような手段まで用いていた。

だが、アメリカ国民の中でこの事実をきちんと理解している人は未だに少数派だ。

なぜなら、こうした事実は民主党が力を握るリベラルマスコミではきちんと報道されてこなかったからだ。

これに対してトランプ大統領は、これまで機密扱いにされてきたこの件に関するFBIの文書を公開した。

この文書の公開により、トランプ氏がロシアに弱みを握られているという証拠が何もなかったということが、さらに明白になった。

公開された文書には、FBIが「スティール文書」が真実かどうかの裏取りを行ったところ、それを立証するものが何もなかったことが示されている。

例えば「スティール文書」ではトランプ氏が宿泊したのはリッツ・カールトンホテルの「プレジデンシャル・スイート」だということになっていたのだが、「プレジデンシャル・スイート」なる部屋はモスクワのリッツ・カールトンホテルには存在していないことが記されている。

この話に限らず、「スティール文書」に記された話には全て裏付けがないことが明らかになった。

そもそもこの文書を作るに当たっての情報提供者が、この文書をまとめたスティール氏が雇用した契約社員であり、ロシア人でさえなかったのである。

FBIは「スティール文書」が全く信頼できないものであることを十分承知の上で、この文書の真実性を前提にしないと行えないはずのトランプ陣営に対する盗聴を行っていたわけだ。

FBIはトランプ陣営を一方的に不当に扱っていたのである。

トランプ陣営とクリントン陣営でFBIの対応が全然違ったことが、機密解除されたFBI文書でわかったと証言するグラハム上院議員

さて、この話はどの程度まで報道されるのだろうか。

アメリカのマスコミの状況を考えた場合には、過剰な期待はしてはならないが、面白い展開になるかもしれない。

なお、ニューヨーク・ポストが報じたバイデン親子の疑惑の証拠について、バイデンを囲む集会では質問すら出ず、これに対する対応にバイデン陣営が窮していることも明らかになった。

元ニューヨーク市長でトランプ大統領の顧問弁護士をおこなっているジュリアーニ氏は、バイデン親子の中国に関する爆弾も近々投入することを予告している。

リベラル派との戦いは山場を迎えている。

この件と関わる動画をYouTubeに見つけたので、このブログの下の方に貼っておく。よかったら見てもらいたい。
 
 

無料のメルマガの登録をぜひともお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元の看中国の記事
https://www.visiontimesjp.com/?p=9926
ネタ元のニューヨーク・ポストの記事
https://nypost.com/2020/10/15/biden-gets-no-questions-on-hunter-biden-expose-at-abc-news-town-hall/?utm_source=maropost&utm_medium=email&utm_campaign=news_alert&utm_content=20201015&mpweb=755-9127025-720667516
Fox Businessからの引用画像(FOXが報じたスティール文書につながる流れ)
https://s1.dmcdn.net/v/MKuBK1P-3LNO7Uws6/x1080
Fox Newsからの引用画像(トランプ陣営とクリントン陣営でFBIの対応が全然違ったことを証言するグラハム上院議員)
https://abcnews4.com/resources/media/61375ead-2f8e-4e0a-a070-b0de5fef765c-large16x9_LindseyGrahamonFoxNewsWCIV.PNG?1598203715699
フォーブス・ジャパンの記事からの引用画像(ジュリアーニ氏)
https://2019.images.forbesjapan.media/articles/13000/13051/photos/410×615/781ffb9b4c471a6850804fc8fa639451.jpg

機密解除により明白になったトランプロシア疑惑の捏造

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 中国は悪辣な独裁政権で自由国家に敵対的! 米政権が激しく非難!(朝香 豊)
  2. 持ち込み荷物 X線検査受けずに出国! ゴーン被告!(朝香 豊)
  3. もうこれ以上、静かにしてはいられない! 文在寅政権に対して、アメリカは怒りを隠さ…
  4. 中国が武漢P4からフランスを排除していた! 騙されたフランス!(朝香 豊)
  5. 親中から反中に抜本的に転換! インドネシアのジョコ政権! (朝香 豊)

関連記事

  1. 人権・民主主義

    カナダ人9割が中国は信頼できないと回答! 世論調査!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!世論調査…

  2. 安全保障

    ペンス副大統領が再び厳しい対中国政策の演説へ

    アメリカは中国への攻撃の手をさらに強める❗ペンス副大統領と…

  3. 人権・民主主義

    予想通り、イランで体制の危機が発生! 政権崩壊まで進む可能性大! (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!イラ…

  4. 人権・民主主義

    民主党に都合の悪い言論を取締り? Twitterの怪しい動き!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!Tw…

  5. 道理

    中国で新たなペスト確認! ネットの投稿は強制削除!(朝香 豊)

    中国の内モンゴル自治区は新たなペスト感染を確認したと発表した。…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 経済

    ソフトバンク出資のWirecardが破綻! エンロン以来の大会計スキャンダル!(…
  2. 安全保障

    TikTokがiPhoneのデータ取得! 直したはずが直っていない!(朝香 豊)…
  3. 安全保障

    台湾への武器売却をさらに追加! 米トランプ政権!(朝香 豊)
  4. 安全保障

    5Gへのファーウェイ参入阻止に向け、米上院が英国に超党派で書簡!(朝香 豊)
  5. 安全保障

    英はファーウェイ5G参入を見直しか? コロナ情報隠蔽で!(朝香 豊)
PAGE TOP