安全保障

文在寅大統領は日韓GSOMIAの維持をあくまでも拒否! エスパー国防長官の要求を突っぱねる!(朝香 豊)

アメリカのエスパー国防長官は「日韓GSOMIAは有事に韓国、アメリカ、日本が効果的かつ適時に情報を共有するため非常に重要」であり、「GSOMIA終了や日韓関係の悪化により利益を得るのは中国と北朝鮮」であるから、韓国の文在寅大統領に対して「GSOMIAを完全に終了させないよう」促した。

韓国内でも外交部(外務省)と国防部(防衛省)はGSOMIA終了に反対しているようだが、文在寅大統領はアメリカの要求を拒否する姿勢を明確に示した。

同盟国であるアメリカが強い意志を持ってGSOMIAの維持を求めたにもかかわらず、文大統領自らこれを明確に拒否した形となった。

何があっても親北朝鮮姿勢を崩さない姿勢を、文在寅政権は改めて示した。

米韓同盟を大きく揺るがすだけでなく、文在寅排除に向けたアメリカの動きが本格化することになるだろう。

これのネタ元の朝鮮日報の記事http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/11/16/2019111680005.html

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 中国が「新型インフラ建設」の大型投資を打ち出す! 西側は勝てるのか?(朝香 豊)…
  2. ウクライナ機は撃墜か! イラン危機!(朝香 豊)
  3. フェイスブックは特定の方向性のみを支持! ザッカーバーグが認める!(朝香 豊)
  4. 尖閣諸島の危機的な状況に目を覚ませ!
  5. 「表現の不自由展」を支援するよう求める社説掲載! 朝日新聞!(朝香 豊)

関連記事

  1. 安全保障

    イスラエル破壊は「達成可能な目標」! イラン革命防衛隊司令官!(朝香 豊)

    イラン革命防衛隊のホセイン・サラミ司令官は、宿敵イスラエルにつ…

  2. 安全保障

    フィリピンで中国軍兵士が潜伏か? 調査へ!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!フィ…

  3. 安全保障

    中共体制を潰す! ポンペオ演説!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!アメ…

  4. 経済

    韓国のルノーサムスンが再びストへ! 韓国から撤退か?(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!昨年…

  5. 安全保障

    対中経済安保の強化策を連発! 菅政権!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!菅政…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 経済

    中国の1〜2月の輸出は、前年比17%減! (朝香 豊)
  2. 未分類

    スリランカがデフォルトの危機! 中国の債務の罠にさらに深まる危険!(朝香 豊)
  3. 人権・民主主義

    武漢の改造病院は、病院ではなかった!(朝香 豊)
  4. Huawei のロゴ

    中国

    ファーウェイ、内部告発者への報復がバレて、中国国内でも不買運動発生!(朝香 豊)…
  5. 安全保障

    世界知的所有権機関のトップに中国人が就きそう! 高まる危機感!(朝香 豊)
PAGE TOP