安全保障

独メルケル党で分裂表面化! 党首が辞任表明!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ドイツのメルケル首相が所属するキリスト教民主同盟(CDU)で、クランプカレンバウアー党首が辞任することを表明した。

メルケル首相自身が、2018年のドイツの地方選で大敗を喫し、この段階で党首を辞任することになったが、その後を継いだクランプカレンバウアー党首も辞任表明したことで、キリスト教民主同盟は大混乱に陥っている。

党内は左右に分裂している。

もっとも対立が激しいのは移民政策で、例えば、テューリンゲン州支部は、党中央部の指示を無視して、不法移民に厳しい姿勢を取る「ドイツのための選択肢(AfD)」と連携し、不法移民への反対を明瞭に示した。

こうした党内の対立状況をうまくコントロールできないことから、クランプカレンバウアー党首は辞任する道を選んだ。

思い切って不法移民に反対する立場に明確に舵を切るか、そもなければ思い切って左右に分裂しないと、CDUは収まりがつかなくなっているように感じる。

メルケル首相は新たな党首を自ら探し出す意向を示したが、反不法移民派を納得させられるようなカリスマを今の党内から見つけるのは、ほぼ不可能であろう。

不法移民に対して明確に反対する態度に変わらないと、CDUがCDUとして生き残るのは難しくなっているといえよう。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元のブルームバーグの記事
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2020-02-10/Q5H9DFT1UM0W01

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 北朝鮮漁船と水産庁船の衝突 ようやく映像公開へ! 日本政府の対応には不信感がいっ…
  2. TSMCの日本投資は大きなチャンス! 反対論者は日台離反工作に乗せられていないか…
  3. 「研究所起源説」をめぐるアメリカ政府内部での攻防! ついに「起源説」が市民権を得…
  4. 文在寅大統領はチョ・グク氏の法相任命を強行! 力による抑圧に自信か?
  5. インドで爆発するコロナ感染! 冷淡で信頼を失ったバイデン政権!(朝香 豊)

関連記事

  1. 安全保障

    中国への技術流出防止を念頭に、外資規制強化の方針!(朝香 豊)

    政府は安全保障上重要な日本企業への外資の出資規制を強化する方向…

  2. 安全保障

    小池百合子東京都知事の学歴詐称疑惑! 後ろ盾はエジプト政界の重鎮!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!小池…

  3. 安全保障

    ミャンマーを憂慮するのは終わりだ! 日本政府は黒幕の中国を非難せよ!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!…

  4. 安全保障

    太平洋島嶼国の光ケーブル事業で中国排除! 対中姿勢に大きな変化!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!…

  5. 安全保障

    世界的権威はパンデミックを想定! 日本政府は大丈夫か?(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!武漢…

  6. 安全保障

    台湾、中国のスパイを拘束! 豪に亡命した中共スパイの暴露から!(朝香 豊)

    オーストラリアに亡命した元中国のスパイ・王立強氏の暴露により、…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 安全保障

    「新型コロナの流行は中国のせい」は濡れ衣だとし、アメリカを脅す! 中国外交部!(…
  2. 人権・民主主義

    水害被災者にバキュームカーで給水! 中国!(朝香 豊)
  3. 安全保障

    アメリカがギリシャ北部の港の民営化に積極的な動き! 中国牽制のためか?(朝香 豊…
  4. 人権・民主主義

    香港に呼び鈴を送った人が逮捕! 浮き彫りになる中国の異様さ!(朝香 豊)
  5. Featured Video Play Icon

    人権・民主主義

    被害者ヅラする加害者を許すな! 元朝日新聞記者 植村隆氏を擁護する映画の製作が進…
PAGE TOP