未分類

中国は人口統計もごまかしていた! すでに人口減少か?(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

中国の経済統計が信用できないことは割と知られるようになってきたが、なんと人口統計まであてにならないことが暴露された。

インドを代表する経済学者のメタ氏が突き止めた。

メタ氏

メタ氏は男女の出生性比にまず着目した。

1982年の中国の出生性比は108であった。すなわち、女子が100人に対して男子が108人生まれるような比率であった。

その後一人っ子政策が強化されるに従って、跡継ぎとなる男子を求める傾向が強いことから、出生性比は110〜120になるようになった。2009年には121というピークに達したはずである。

一人っ子政策の強化によって急激に上昇した中国の出生性比

にもかかわらず、現在の中国の公式統計ではあらゆる年齢層で人口の性比は104から106の間におさまっている。

つまり、男子の方が1割〜2割多く生まれたはずの年齢層でも、男子は4%〜6%しか多くないということになっている。

メタ氏はさらに、過去の人口統計と現在の人口統計を見比べて、不思議なことが起こっていることにも気がついた。

一例をあげよう。

2000年の中国の国勢調査のデータでは、5~10歳までの人口が9015万人となっていた。

このときの5~10歳までの人口は、2015年の国勢調査のデータでは20~25歳になっているはずだ。

もっとも15年の間には不幸にも命を落としている人もいるはずだから、9015万人よりも人口は微減しているのが正常な姿だ。

だが、2015年の国勢調査のデータでは1億31万人となっていて、なぜか同年代の人口が1000万人以上増えているのである。

そして現在確認できる最新データによると、この世代の人口はさらに増えて1億1380万人となっている。

つまり、20年間で2300万人以上増えたことになるわけだ。

こうした「上方修正」は他の年齢層でも行われており、すべて合わせると1億人以上になる。

こうしたことから考えれば、これまで中国の人口減少は2028年から始まると言われていたが、ひょっとしたらすでに始まっているのではないだろうか。

さて、なぜ中国はこのような改竄をおこなうのだろうか。

「人口が減少する国」→「マーケットが縮んでいく国」「勢いを失った国」というイメージを持たれるのをなるべく遅くしたいという意図があるのだろうか。

それとも、世界一人口が多い国がすでにインドになっていることがわかると、人々の関心が中国からインドへと向かってしまうのを恐れているのだろうか。

恐らくはその両方ともを意識しているのであろう。

ちなみにインドの人口はすでに13.5億人を超えていて、公式には中国との人口差は5000万人を切っているとされていた。

だが、中国が人口統計で1億人を超えるゲタを履かせているとすれば、すでに世界で最大の人口を持つ国はインドだということになる。

いやはや、なかなか興味深い話である。
 
 

もしよければ、無料のメルマガの登録もお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元の大紀元時報の記事
https://www.epochtimes.jp/p/2020/09/62131.html
「長期投資で資産運用にチャレンジ!」ブログからの引用画像(中国の人口ピラミッド)
https://plaza.rakuten.co.jp/img/user/36/58/7133658/27.png
Times of India からの引用画像(メタ氏)
https://timesofindia.indiatimes.com/thumb/msid-76426101,width-1200,height-900,resizemode-4/.jpg
毎日新聞からの引用画像(中国の出生性比)
https://cdn.mainichi.jp/vol1/2016/03/21/20160321dd0phj000026000p/8.jpg?1

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 米中通商協議が部分合意に! 今回はアメリカの一方的勝利!(朝香 豊)
  2. やはり感染者の実数は中国政府の公式発表の100倍程度で考えるべき!(朝香 豊)
  3. 最悪! 安倍・習会談、習近平氏の国賓来日の準備を進めることで一致! (朝香 豊)…
  4. 持ち込み荷物 X線検査受けずに出国! ゴーン被告!(朝香 豊)
  5. 被害者ヅラする加害者を許すな! 元朝日新聞記者 植村隆氏を擁護する映画の製作が進…

関連記事

  1. 未分類

    中国の圧力を受けて、EUが寄稿文から一文を削除していたことが判明!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

  2. 未分類

    コロナ対策でEU内が分裂! 高まる相互不信!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!欧州…

  3. 未分類

    体内から致死量のフェンタニルが検出されていた! ジョージ・フロイド!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!「黒…

  4. 未分類

    台湾で観客のいるプロ野球試合が始まる! 新型コロナ克服!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!台湾…

  5. 未分類

    蔡英文総統が二期目の就任式! おめでとう!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!蔡総…

  6. 未分類

    トランプがバイデンを完全逆転! 英イクスプレス報道!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 未分類

    中国は人口統計もごまかしていた! すでに人口減少か?(朝香 豊)
  2. 安全保障

    フランスもファーウェイ排除を拒否! 5G網でイギリスに続く!(朝香 豊)
  3. 安全保障

    オーストラリア初の中国系下院議員が、中国の統一戦線工作に従事していたと報道される…
  4. 人権・民主主義

    選手のツイッター投稿に激怒! 中国がアーセナルの試合を取りやめる!(朝香 豊)
  5. 人権・民主主義

    デンマークから中国への支援物資提供に、中国ネット民は「断固拒否」!(朝香 豊)
PAGE TOP