韓国・北朝鮮

チョ・グク法相任命に、韓国野党党首も丸刈り抗議! (朝香 豊)

すでに無所属の女性議員が10日に丸刈にしていたが、韓国の保守系最大野党「自由韓国党」の黄教安代表も同じ抗議のパフォーマンスで、大統領府前の広場で丸刈にした。

日本ではこういうパフォーマンスに醒めた目を向ける向きがあるが、とにかく宣伝戦のためにはなんでもやるという姿勢は、むしろ見習うべきではないかと思う。

これに関連する産経新聞の記事
画像は日経新聞の記事から

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 米中通商協議が部分合意に! 今回はアメリカの一方的勝利!(朝香 豊)
  2. 不良ワクチンで女児死亡! 家族も徹底弾圧! 中国!(朝香 豊)
  3. 中国が武漢P4からフランスを排除していた! 騙されたフランス!(朝香 豊)
  4. 文在寅大統領はチョ・グク氏の法相任命を強行! 力による抑圧に自信か?
  5. ドイツが裏技でEUの財政ルールの回避を検討!

関連記事

  1. 安全保障

    サムスン、中国検索大手の百度向けAI半導体量産へ! アメリカはどう出る?(朝香 豊)

    人気ブログランキングでの応援、よろしくお願いします!中国の…

  2. 人権・民主主義

    韓国検察が最後の意地を見せる! チョ・グク氏を在宅起訴!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!昨年…

  3. 韓国・北朝鮮

    チョ・グク氏の疑惑が高まる中で、逆に与党「ともに民主党」の支持率が上昇している

    韓国では今、「タマネギ男」とも揶揄されるチョ・グク氏の疑惑でも…

  4. 安全保障

    北朝鮮がICBM用の地下鉄道を設置! 地上からの監視が困難に!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!外部…

  5. 安全保障

    文在寅大統領は「安定・終息」判断していた! 新型コロナウイルス!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!文在…

  6. 韓国・北朝鮮

    慰安婦報道の植村隆氏が韓国でジャーナリズム賞を受賞!(朝香 豊)

    真実の追求に努めたメディア関係者などに授与されるとされる、韓国…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 人権・民主主義

    カナダ人9割が中国は信頼できないと回答! 世論調査!(朝香 豊)
  2. 道理

    韓国検察の中に文在寅に反旗を翻す動きが現れる!
  3. 安全保障

    台湾、武漢のある湖北省からの団体客ゼロに! (朝香 豊)
  4. 安全保障

    新型コロナの開発中のワクチンの臨床試験開始! ただ実用化はまだまだ先!(朝香 豊…
  5. 安全保障

    仲裁裁判所の判決を無視しろ、そうしたら南シナ海の共同開発の利権を与えてやると、中…
PAGE TOP