安全保障

アメリカの個人情報の80%は完全に中国に盗まれている! 米元高官が議会証言!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

米上院委員会の公聴会に国家防諜安全保障センターの元長官であるウィリアム・エバニナ氏が出席し、「アメリカの成人の80%の個人情報は完全に中国共産党に盗まれ、他の20%の個人データの大半も盗まれたと推測する」と述べた。ほぼ100%の個人情報を中国政府が押さえているということになる。

エバニナ氏は、中国政府は「国全体を対象とするアプローチ」を使って、「利用し、影響を与え、浸透しようとしている。さらに、あらゆる場所から米国の成果を盗もうとしている」と述べた。

同公聴会には前大統領副補佐官(国家安全保障担当)のマシュー・ポッティンジャー氏も出席した。中国政府はデータをハッキングなどの違法手段で窃取してアメリカ人の情報ファイルを作り、これを使ってアメリカの国民やアメリカの政治家を攻撃し、脅迫し、恐喝し、侮辱して、米国内での影響力拡大を狙い、最終的には服従させようとしていると証言した。

エバニナ氏とポッティンジャー氏はアメリカ人のことについてしか触れていないが、中国政府は日本人についても同様のことを進めているのは間違いない。私たちが考えなければならないのは、それを前提とした対中国政策ではないのか。

日本政府には、中国政府について性善説に基づいて対処するのはもうやめにしてもらいたい。彼らの悪だくみにどうすれば対処できるかというレベルで物事を考えないと、完全にやられてしまうだろう。

※拡散制限を回避するために、「朝香豊の日本再興ニュース」ブログからの直リンクをつけていません。コメント欄にリンクをつけておきますので、こちらへのご協力もよろしくお願いいたします。

「朝香豊の日本再興ニュース」ブログの応援、よろしくお願いいたします。(リンクのブログ記事の「朝香豊は今何位?」をクリック!)

 
 
無料のメルマガの登録をぜひともお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

www.epochtimes.jpの記事
https://www.epochtimes.jp/p/2021/08/77071.html?fbclid=IwAR0zvvqQrqYMrPTQdkDNS4ZGk5RsirhwxljRTtFN2GX03W-lch9Q2n88N48
ウィリアム・エバニナ氏の画像
https://www.odni.gov/media/k2/items/cache/1247c616d35a18ca73146bfb1e85b713_L.jpg
マシュー・ポッティンジャー氏の画像
https://images.wsj.net/im-109384?width=1280&size=1.33333333

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 米中通商協議が部分合意に! 今回はアメリカの一方的勝利!(朝香 豊)
  2. 橋本聖子や山下泰裕の派遣でお茶を濁すようなことをするな! 北京オリンピックでの対…
  3. テレ朝での問題発言がYouTubeにも飛び火! 池上彰!(朝香 豊)
  4. 中国、不動産バブル崩壊へ! 中国恒大集団が大幅値引販売実施!(朝香 豊)
  5. キャリー・ラム行政長官の意味深な発言は、中国政府の思惑に制限をかける狙いかも

関連記事

  1. 安全保障

    EUが外国直接投資の審査を強化! 中国を念頭!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!EU…

  2. 経済

    6500億ドルものSDRの新規配分決定! 最大の受益国は中国!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!あま…

  3. 安全保障

    第3回新型コロナウイルス専門家会議開催!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!政府…

  4. 安全保障

    ヨーロッパは民主主義の立場で中国と対峙せよ! ポンペオ米国務長官!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!…

  5. 安全保障

    なんでこんなに怒ってるの? 中国外交官の米政府関係者との接触の事前届出制!(朝香 豊)

    アメリカに駐在する中国の外交官がアメリカ政府関係者などと面会す…

  6. 安全保障

    米司法省、ファーウェイを追起訴! 中国をさらに追い詰める!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!米司…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 中国

    韓国の無法を改めないと出席しないと管総理! 日中韓首脳会談!(朝香 豊)
  2. 安全保障

    北朝鮮に仮想通貨の技術を伝えたことで、アメリカの専門家を逮捕!(朝香 豊)
  3. 安全保障

    ロシア陰謀説を国家情報長官が完全否定! ハンター・バイデンの疑惑で!(朝香 豊)…
  4. 人権・民主主義

    ドイツは中国軍への支援中止を! 香港民主派の黄之鋒氏!(朝香 豊)
  5. 人権・民主主義

    監視カメラ設置台数の多い都市世界ランキングのトップ5は全て中国の都市! 当たり前…
PAGE TOP