安全保障

新型ウイルスは人に大いに感染しやすい構造!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

新型コロナウイルスで感染の鍵となる分子の立体構造が、SARSウイルスのものと比べ、感染の標的となる人体内の分子に10~20倍くっつきやすいことが判明した。

米テキサス大学と米国立衛生研究所からなるチームが見つけ、米科学誌サイエンス電子版に発表した。

ウイルスの表面から突起状に突き出ている「スパイクタンパク質」を安定化させた試料を作成し、そのタンパク質分子の立体構造を極低温電子顕微鏡で詳しく観察した結果だそうだ。

安定化した試料を作るのに、SARSやMERSの研究が役に立ったらしい。

くっつきやすさを数値としてどう計算するのかは、文系の私にはさっぱりわからないが、新型コロナウイルスの感染力の強さが並ではないことには、警戒心を持った方がいいだろう。

当初「人から人への感染は限定的」みたいな話があったはずだが、あれはなんだったのだろう。

一方、大いに希望をもたせる部分もある。

このスパイクタンパク質が、いわゆる「抗原」にあたるもので、これに対する「抗体」を作り出す人間の免疫の仕組みを利用することで、免疫を事前に作り出せるという。

米国立衛生研究所では、このスパイクタンパク質をワクチン候補としてすでに実験に入っているそうだ。

研究チームはこのスパイクタンパク質の分子構造の3Dマップを、世界各地の共同研究者らに送付する予定だ。

抗ウイルス剤の開発に役立つことを期待したい。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

これのネタ元の産経新聞の記事
https://www.sankei.com/life/news/200220/lif2002200014-n1.html
これのネタ元のAFPBBの記事
https://www.afpbb.com/articles/-/3269213?cx_part=latest

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. もうこれ以上、静かにしてはいられない! 文在寅政権に対して、アメリカは怒りを隠さ…
  2. 習近平体制が崩壊する?? 李克強が路線修正へ!(朝香 豊)
  3. 主流派マスコミの異常さ! バイデン疑惑を正面から報道せよ!(朝香 豊)
  4. ショーン・レノンが正論で反日韓国人に反論!
  5. 人民元のデジタル通貨化に秘められた野望を見逃すな!

関連記事

  1. 安全保障

    周到な工作で「米製」と偽装しての中国製機器の販売発覚! 8800万ドル分!(朝香 豊)

    ニューヨーク州にあるアベンチュラ・テクノロジーズ社は、十数年に…

  2. 安全保障

    IMFがさらなる財政出動を要請! 新型コロナ対策!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!IM…

  3. 安全保障

    重大事態! 南シナ海で原潜爆発か! (朝香 豊)

    南シナ海で、TNT換算で10〜20キロトン相当の水中爆発が観測…

  4. 安全保障

    衝撃のボルトン補佐官の解任! トランプはどこへ?

    トランプ大統領は、ボルトン大統領補佐官(国家安全保障問題担当)…

  5. 安全保障

    核軍縮条約への参加を、中国は拒否! 中国の本質がより明確に!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!アメリカ…

  6. 安全保障

    米豪はレアアースの安定調達の計画を発表へ! (朝香 豊)

    現在中国が世界生産量の80%を占めているレアアースの安定調達の…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 中国

    中国体制内部でも、習近平おろしが顕在化! 4月で失脚か?(朝香 豊)
  2. 経済

    日本のイカ釣り船の廃業相次ぐ! 北朝鮮などによる違法操業が影響!(朝香 豊)
  3. 人権・民主主義

    中国の清華大学の教授が、習近平体制を批判!(朝香 豊)
  4. 経済

    アフリカ豚コレラのワクチン開発! 100%効果的!(朝香 豊)
  5. 安全保障

    中国企業がなぜか落札! カナダ大使館のセキュリティーシステム!(朝香 豊)
PAGE TOP