安全保障

新型ウイルスは人に大いに感染しやすい構造!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

新型コロナウイルスで感染の鍵となる分子の立体構造が、SARSウイルスのものと比べ、感染の標的となる人体内の分子に10~20倍くっつきやすいことが判明した。

米テキサス大学と米国立衛生研究所からなるチームが見つけ、米科学誌サイエンス電子版に発表した。

ウイルスの表面から突起状に突き出ている「スパイクタンパク質」を安定化させた試料を作成し、そのタンパク質分子の立体構造を極低温電子顕微鏡で詳しく観察した結果だそうだ。

安定化した試料を作るのに、SARSやMERSの研究が役に立ったらしい。

くっつきやすさを数値としてどう計算するのかは、文系の私にはさっぱりわからないが、新型コロナウイルスの感染力の強さが並ではないことには、警戒心を持った方がいいだろう。

当初「人から人への感染は限定的」みたいな話があったはずだが、あれはなんだったのだろう。

一方、大いに希望をもたせる部分もある。

このスパイクタンパク質が、いわゆる「抗原」にあたるもので、これに対する「抗体」を作り出す人間の免疫の仕組みを利用することで、免疫を事前に作り出せるという。

米国立衛生研究所では、このスパイクタンパク質をワクチン候補としてすでに実験に入っているそうだ。

研究チームはこのスパイクタンパク質の分子構造の3Dマップを、世界各地の共同研究者らに送付する予定だ。

抗ウイルス剤の開発に役立つことを期待したい。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

これのネタ元の産経新聞の記事
https://www.sankei.com/life/news/200220/lif2002200014-n1.html
これのネタ元のAFPBBの記事
https://www.afpbb.com/articles/-/3269213?cx_part=latest

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 尖閣諸島の危機的な状況に目を覚ませ!
  2. やはり感染者の実数は中国政府の公式発表の100倍程度で考えるべき!(朝香 豊)
  3. 中国が武漢P4からフランスを排除していた! 騙されたフランス!(朝香 豊)
  4. NHKの「家族や友人などのレンタルサービス」のやらせ番組、ようやくBPO審議入り…
  5. 主流派マスコミの異常さ! バイデン疑惑を正面から報道せよ!(朝香 豊)

関連記事

  1. 安全保障

    暴かれてきた膨大な闇の繋がり! 民主党・ドミニオン・CIA・共産国家群!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!トラ…

  2. 安全保障

    ミャンマーを憂慮するのは終わりだ! 日本政府は黒幕の中国を非難せよ!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!…

  3. 安全保障

    中国がフランスを貶めるコラムを掲載! フランスが大反発!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!在仏…

  4. 安全保障

    北朝鮮で、新型コロナウイルスで死者が出たとの情報!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!2月…

  5. 安全保障

    沖縄タイムスが軍隊廃止のコスタリカを絶賛! 歴史的背景を無視!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!常備…

  6. 安全保障

    気に入らない国民の疑念は無視する河野太郎! 総理を担うには不適格!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!河野…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 安全保障

    フィリピンの電力網はいつでも中国が遮断可能と、内部報告書!(朝香 豊)
  2. 人権・民主主義

    香港支持のツイートに中国激怒! NBAが大揺れに!(朝香 豊)
  3. 人権・民主主義

    ツイッターもフェイスブックも偏向していた! 上院公聴会で明らかに!(朝香 豊)
  4. 人権・民主主義

    ドレスデン市は非常事態宣言! 反イスラム運動「PEGIDA」の活動が活発化で!(…
  5. 人権・民主主義

    選挙不正の9つのキーポイント! ジュリアーニ弁護士が指摘!(朝香 豊)
PAGE TOP