安全保障

新型ウイルスは人に大いに感染しやすい構造!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

新型コロナウイルスで感染の鍵となる分子の立体構造が、SARSウイルスのものと比べ、感染の標的となる人体内の分子に10~20倍くっつきやすいことが判明した。

米テキサス大学と米国立衛生研究所からなるチームが見つけ、米科学誌サイエンス電子版に発表した。

ウイルスの表面から突起状に突き出ている「スパイクタンパク質」を安定化させた試料を作成し、そのタンパク質分子の立体構造を極低温電子顕微鏡で詳しく観察した結果だそうだ。

安定化した試料を作るのに、SARSやMERSの研究が役に立ったらしい。

くっつきやすさを数値としてどう計算するのかは、文系の私にはさっぱりわからないが、新型コロナウイルスの感染力の強さが並ではないことには、警戒心を持った方がいいだろう。

当初「人から人への感染は限定的」みたいな話があったはずだが、あれはなんだったのだろう。

一方、大いに希望をもたせる部分もある。

このスパイクタンパク質が、いわゆる「抗原」にあたるもので、これに対する「抗体」を作り出す人間の免疫の仕組みを利用することで、免疫を事前に作り出せるという。

米国立衛生研究所では、このスパイクタンパク質をワクチン候補としてすでに実験に入っているそうだ。

研究チームはこのスパイクタンパク質の分子構造の3Dマップを、世界各地の共同研究者らに送付する予定だ。

抗ウイルス剤の開発に役立つことを期待したい。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

これのネタ元の産経新聞の記事
https://www.sankei.com/life/news/200220/lif2002200014-n1.html
これのネタ元のAFPBBの記事
https://www.afpbb.com/articles/-/3269213?cx_part=latest

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 韓国の本当の仮想敵国は日本 これを前提に日本の国防を再構築しよう
  2. ショーン・レノンが正論で反日韓国人に反論!
  3. 笑えないレベルにまで向上した北朝鮮のミサイルシステム
  4. 中国、不動産バブル崩壊へ! 中国恒大集団が大幅値引販売実施!(朝香 豊)
  5. 中国が「新型インフラ建設」の大型投資を打ち出す! 西側は勝てるのか?(朝香 豊)…

関連記事

  1. 安全保障

    FBIが捜査するスパイ案件の半数は中国! 中国は最大級の脅威! (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!アメ…

  2. 安全保障

    反乱法は無理! 冷静になって考えよう!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!私の…

  3. 安全保障

    ツイッターが危険! 中華系のLi氏が取締役に就任!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!Tw…

  4. 安全保障

    下船させるってどういうこと? WHOの方針!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!世界…

  5. 安全保障

    新型コロナウイルスの対応を、現実に即した運営に変えよう!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!新型…

  6. 安全保障

    新型コロナの最初患者は11月発症! 年末には226人! 中国政府は全部隠蔽!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!香港…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 人権・民主主義

    韓国銀行のまとめた報告書が執筆者に無断で改竄された!(朝香 豊)
  2. 経済

    中国の工場で「火事」が多発! 体制危機の象徴!(朝香 豊)
  3. 安全保障

    台湾で国民党の新主席に江啓臣氏! 中国は祝電出さず!(朝香 豊)
  4. 安全保障

    日本で改憲意識が急激に高まっている!
  5. 安全保障

    愛媛銀行経由で5億円超、埼玉県信用組合経由で19億円のマネロン発覚! (朝香 豊…
PAGE TOP