安全保障

文政権の説明破綻! 問題の咸朴島の帰属を巡って (朝香 豊)

仁川空港から西にわずか45キロしか行っていないところに咸朴島という無人島だった島がある。ここに北朝鮮が最近軍事基地を作っていることがわかった。

これに対して文政権は、「咸朴島は停戦協定直後からずっと北朝鮮の管轄地域だった」と説明し、問題ないという姿勢を示してきた。

ところが、盧武鉉、李明博政権時代には、山林庁や韓国海洋水産部が咸朴島の実態調査を行っていたことが国会で追及される事態になった。

2004年12月発行の「仁川広域市島嶼現況」の無人島リストによると、咸朴島は山林庁が所有しており、部隊も駐留しているとしていた。

山林庁は2005年5月に咸朴島の調査を行い、「島嶼地域の国有財産実態調査」と題された報告書を作成していた。海洋水産部も2010年「咸朴島実態調査報告書」をまとめていた。韓国軍によって軍事施設保護区域に指定されていることから、「韓国軍によって接近が許可されなかったので調査はできなかった」との記述もされていた。

そもそも1965年に、この島では韓国の漁民が同島に出漁して北朝鮮に拉致される事件が起こり、当時は島は大韓民国の領土だとして、北朝鮮に抗議していたのだ。

つまり、文政権になってから韓国軍が咸朴島への監視をなぜかなくして、北朝鮮がここを軍事基地化するのを事実上黙認してきた疑いが強くなってきたわけだ。

チョ・グク疑惑に加えて、この咸朴島の件でも、文在寅政権は追い詰められることになった。

これに関連する朝鮮日報の記事

これに関するWipipediaの記事

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 中国が「新型インフラ建設」の大型投資を打ち出す! 西側は勝てるのか?(朝香 豊)…
  2. キャリー・ラム行政長官の意味深な発言は、中国政府の思惑に制限をかける狙いかも
  3. 中国、不動産バブル崩壊へ! 中国恒大集団が大幅値引販売実施!(朝香 豊)
  4. 非常事態宣言の1ヶ月延長! ありえない! (朝香 豊)
  5. 予想通り、イランで体制の危機が発生! 政権崩壊まで進む可能性大! (朝香 豊)

関連記事

  1. 安全保障

    米国防長官、北朝鮮に「勝つ準備」を確認する必要を強調!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!アメ…

  2. 安全保障

    新興国・発展途上国支援を、今こそ国策として追求しよう! (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!新型…

  3. 安全保障

    中国系アメリカ人教授が脱税で摘発される! 中国の「千人計画」に関与!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!元エ…

  4. 安全保障

    5Gへのファーウェイ参入阻止に向け、米上院が英国に超党派で書簡!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!5G…

  5. 安全保障

    「トランプが勝っている」と諜報筋! 最高裁は行動を!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!フォ…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 安全保障

    米共和党は中国大使館前の通りの変更を提案! 李文亮プラザ!(朝香 豊)
  2. 安全保障

    やはり感染者の実数は中国政府の公式発表の100倍程度で考えるべき!(朝香 豊)
  3. 外交

    米中合意は幻か? 中国再協議を求める!(朝香 豊)
  4. 人権・民主主義

    「武漢日記」著者に中国内で大バッシング! 裏切り者! (朝香 豊)
  5. 未分類

    投票結果が17万票の不適合! ペンシルバニア州!(朝香 豊)
PAGE TOP