安全保障

不良品でヨーロッパで信頼をなくす中国! 新型コロナの医療物資!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

すでに何回か取り上げたことでもあるが、感染拡大が続く新型コロナウイルスに関して、中国からEUに送られた支援物資には欠陥品が多く、EU内で問題になっている。

スペイン政府は、中国のメーカーから購入した約6万個のコロナウイルス迅速診断キットについて、診断精度が低すぎて、判定結果も出ない不良品が続出し、感染者を特定できたのは30%にすぎなかったとして、返品することにした。

中国からチェコが購入した検査キットも、大学病院で試用してみたところ、エラー率が80%にのぼり、感染者が1人も検出できなかった。

オランダが中国から輸入したマスクは、品質認証を受けているはずであったが、きちんと装着できず、フィルターもきちんと機能していないことが判明した。

こうしたことが相次いで報道される中で、中国共産党の機関紙の「環球時報」は、「反論」に打って出た。

「環球時報」は、「理論的には」一部の製品が基準を満たしていない可能性はあるとしつつも、中国製品の品質はすべて「間違いなく信頼できる」と言い切った。

そのうえで、西側諸国への支援を「たいへんなのに感謝されない仕事」だとしつつ、「関連国の世論が物資の質が悪いと騒ぎ立てるとしたら、それは故意の挑発であると中国国民から受け止められる可能性がある」と述べ、中国に対する苦情を言い立てたら、必要とする医療物資の供給を止める可能性まで示唆した。

しかしながら、中国から購入したものが欠陥商品だったことによって、院内感染が引き起こされるなどの様々な問題が発生した場合に、その原因がヨーロッパの医療水準が低いせいだとされてはかなわない。

EUのボレル外交安全保障上級代表は、中国はみずからを「責任ある信頼できるパートナー」であるかのようにアピールしているが、ヨーロッパは「(中国製品には欠陥商品が多いという)事実で武装」しつつ、「いわれなき中傷からヨーロッパを守る」べきだ、と述べている。

欠陥商品があったなら、素直に認め、当該商品を作った会社にすぐさま責任を取らせるような対応を取れば、まだ信頼は維持できただろうに、「メンツ」のためにそういうことができないのであろうか。

「環球時報」の記者が実は隠れ反習近平派で、一見では習近平総書記のメンツを立てるように見せながら、ヨーロッパでの反発を意図的に計算してやっている可能性もあるかもしれない。

いずれにせよ、ヨーロッパ諸国においても、中国は単に信頼できないだけでなく、極めて不愉快な国だという意識が、一気に広がったと言えるだろう。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元のニューズウィークの記事
https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2020/04/eu-218.php

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. やはり感染者の実数は中国政府の公式発表の100倍程度で考えるべき!(朝香 豊)
  2. 中国が武漢P4からフランスを排除していた! 騙されたフランス!(朝香 豊)
  3. フロイド氏殺害でナイキがキャンペーン! でもナイキの本質はチキンだ!(朝香 豊)…
  4. 「なんでも批判」を反省しない立憲民主党! 戦前の「批判」政治の過ちを忘れるな!(…
  5. FBのヒドロキシクロロキン否定は、トランプへのネガキャン利用のためだった! (朝…

関連記事

  1. 安全保障

    武漢の海鮮市場起源説はやはりおかしい! 新型コロナウイルス!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!新型…

  2. 安全保障

    英国防委員会がファーウェイの早期排除を提言! ドイツも反中に舵を切る!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!イギ…

  3. 安全保障

    ドコモ口座を愉快犯レベルで捉えるな! 国家が背景である可能性も!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!…

  4. 中国

    WTOの判断延期に騙されるな! 新型コロナウィルス!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!世界…

  5. 人権・民主主義

    武漢の病院の様子を撮影! 遺体がどんどん運び出される!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!武漢…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 人権・民主主義

    過密状態のフィリピンの刑務所で、大量の陽性反応! 新型コロナウイルス!(朝香 豊…
  2. 外交

    台湾の次期副総統の頼清徳氏、アメリカで大歓待!(朝香 豊)
  3. 人権・民主主義

    ネットの大幅制限で、イランの閣僚の米資産凍結へ! 米は反政府デモを支持!(朝香 …
  4. 人権・民主主義

    Facebookのザッカーバーグ氏が中国を批判! 従来の立場から決別!(朝香 豊…
  5. 安全保障

    フィリピンの電力網はいつでも中国が遮断可能と、内部報告書!(朝香 豊)
PAGE TOP