安全保障

不良品でヨーロッパで信頼をなくす中国! 新型コロナの医療物資!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

すでに何回か取り上げたことでもあるが、感染拡大が続く新型コロナウイルスに関して、中国からEUに送られた支援物資には欠陥品が多く、EU内で問題になっている。

スペイン政府は、中国のメーカーから購入した約6万個のコロナウイルス迅速診断キットについて、診断精度が低すぎて、判定結果も出ない不良品が続出し、感染者を特定できたのは30%にすぎなかったとして、返品することにした。

中国からチェコが購入した検査キットも、大学病院で試用してみたところ、エラー率が80%にのぼり、感染者が1人も検出できなかった。

オランダが中国から輸入したマスクは、品質認証を受けているはずであったが、きちんと装着できず、フィルターもきちんと機能していないことが判明した。

こうしたことが相次いで報道される中で、中国共産党の機関紙の「環球時報」は、「反論」に打って出た。

「環球時報」は、「理論的には」一部の製品が基準を満たしていない可能性はあるとしつつも、中国製品の品質はすべて「間違いなく信頼できる」と言い切った。

そのうえで、西側諸国への支援を「たいへんなのに感謝されない仕事」だとしつつ、「関連国の世論が物資の質が悪いと騒ぎ立てるとしたら、それは故意の挑発であると中国国民から受け止められる可能性がある」と述べ、中国に対する苦情を言い立てたら、必要とする医療物資の供給を止める可能性まで示唆した。

しかしながら、中国から購入したものが欠陥商品だったことによって、院内感染が引き起こされるなどの様々な問題が発生した場合に、その原因がヨーロッパの医療水準が低いせいだとされてはかなわない。

EUのボレル外交安全保障上級代表は、中国はみずからを「責任ある信頼できるパートナー」であるかのようにアピールしているが、ヨーロッパは「(中国製品には欠陥商品が多いという)事実で武装」しつつ、「いわれなき中傷からヨーロッパを守る」べきだ、と述べている。

欠陥商品があったなら、素直に認め、当該商品を作った会社にすぐさま責任を取らせるような対応を取れば、まだ信頼は維持できただろうに、「メンツ」のためにそういうことができないのであろうか。

「環球時報」の記者が実は隠れ反習近平派で、一見では習近平総書記のメンツを立てるように見せながら、ヨーロッパでの反発を意図的に計算してやっている可能性もあるかもしれない。

いずれにせよ、ヨーロッパ諸国においても、中国は単に信頼できないだけでなく、極めて不愉快な国だという意識が、一気に広がったと言えるだろう。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元のニューズウィークの記事
https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2020/04/eu-218.php

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. ショーン・レノンが正論で反日韓国人に反論!
  2. 中国が「新型インフラ建設」の大型投資を打ち出す! 西側は勝てるのか?(朝香 豊)…
  3. 主流派マスコミの異常さ! バイデン疑惑を正面から報道せよ!(朝香 豊)
  4. 進む日台離反工作! 工作に乗せられていないか、冷静に考え直そう!(朝香 豊)
  5. NHKの「家族や友人などのレンタルサービス」のやらせ番組、ようやくBPO審議入り…

関連記事

  1. 安全保障

    アメリカはイラン中央銀行に制裁を発動! (朝香 豊)

    イランのサウジアラビアへの攻撃が確実視される中で、トランプ大統…

  2. 安全保障

    イギリス・イタリアはファーウェイ排除! だがドイツは逆走へ!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!イギ…

  3. 中国

    中国で相次ぐ天変地異! 火山の爆発もある?(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!この…

  4. 中国

    症状が出ていない感染者からもウイルスはうつる! 新型肺炎!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!香港…

  5. 安全保障

    健全なオーストラリア国民の対中意識! 日本政府はここから学べ!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!オー…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 安全保障

    モンテネグロにも債務の罠が! 反中同盟への流れは生じるか?(朝香 豊)
  2. 人権・民主主義

    中国が良心の囚人から臓器を強制摘出しているとの調査結果を、英国の独立民衆法廷は国…
  3. 人権・民主主義

    政治・社会風刺を売り物にする米人気アニメ番組を中国は完全排除へ!(朝香 豊)
  4. Huawei のロゴ

    安全保障

    これは痛い! フランスは5Gからファーウェイを排除せず!(朝香 豊)
  5. 人権・民主主義

    「暴力には力で対抗」の何が悪い! フェイスブックが投稿削除!(朝香 豊)
PAGE TOP