人権・民主主義

森友問題で「赤木ファイル」が公開! さらに明白になった佐川理財局長の罪と安倍総理の潔白!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

森友学園への国有地売却を巡る財務省決裁文書の改ざん問題で、自殺した近畿財務局職員の赤木俊夫氏が改ざんの経緯をまとめた「赤木ファイル」の内容が、遺族である妻の雅子さんに開示された。

このファイルは雅子さんが国などを相手に損害賠償請求訴訟を大阪地裁に起こす中で開示を求めていた。

ファイルは518ページにも及び、「相当程度、意思表示し修正に抵抗」「修正することは問題があり、行うべきではないと強く抗議した」「国会答弁を踏まえた修正を行うよう指示があったとのこと」などの記載があった。「修正」という名の改ざんを求める財務省本省側に対して、赤木氏など近畿財務局側が激しく抵抗していたことが窺える。この件では当時の佐川宣寿理財局長の問題が以前より指摘されていたが、それがさらに明白になった形だ。

ところで「赤木ファイル」にはさらに注目すべきところがある。それは「(森友学園を)現場として厚遇した事実もないし、(会計)検査院等にも原調書のままで説明するのが適切」と意見し、「修正に抵抗」したと記載されていたことだ。

このことは散々国会で問題にされてきた安倍総理に対する忖度など、財務省の側にはまるでなかったことの明白な証拠である。

当時の佐川理財局長が準備不足の中でいい加減な答弁を行い、その尻拭いとして文書の改ざんを近畿財務局に命じ、これに抵抗しながら赤木氏が自殺に訴えたという経緯が明確になったと言えるだろう。

こうしたことはこの文書の公開以前からわかりきっていたことだが、偏向したマスコミや野党があたかもこの売却問題に関して財務省に安倍総理の意向に従う忖度があったかのように扱って、国会を散々に空転させてきた。このことの犯罪性が改めて明らかになったと言えるだろう。

 
 
無料のメルマガの登録をぜひともお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

www.yomiuri.co.jpの記事
https://www.yomiuri.co.jp/national/20210622-OYT1T50131/
森友学園の画像
https://www.asahicom.jp/articles/images/AS20181210005399_comm.jpg

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 中国、不動産バブル崩壊へ! 中国恒大集団が大幅値引販売実施!(朝香 豊)
  2. 中国は悪辣な独裁政権で自由国家に敵対的! 米政権が激しく非難!(朝香 豊)
  3. 進む日台離反工作! 工作に乗せられていないか、冷静に考え直そう!(朝香 豊)
  4. フロイド氏殺害でナイキがキャンペーン! でもナイキの本質はチキンだ!(朝香 豊)…
  5. 親中から反中に抜本的に転換! インドネシアのジョコ政権! (朝香 豊)

関連記事

  1. 人権・民主主義

    中国の清華大学の教授が、習近平体制を批判!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!清華…

  2. 人権・民主主義

    チェ・スンシル氏、タブレット端末を使用した事実さえない! (朝香 豊)

    チェ・スンシル氏って記憶にあるだろうか。朴槿恵前大統領を裏から…

  3. 人権・民主主義

    まずはジョージア州からぶっ飛ばす! シドニー・パウエル弁護士!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!トラ…

  4. 安全保障

    無責任な脱原発の訴え! もはや老害でしかない元首相5人組!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!東日…

  5. 道理

    軍艦島の説明に強制労働をきちんと入れろ! ユネスコが決議採択!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 安全保障

    金与正氏が韓国に悪罵! 文政権はまたも従北対応!(朝香 豊)
  2. 安全保障

    香港の自由と民主主義の死! 菅政権は対中政策の転換を!(朝香 豊)
  3. 安全保障

    ソフトバンクに打撃! AI技術の米国から中国への持ち出しはダメ!(朝香 豊)
  4. 安全保障

    中国がフランスを貶めるコラムを掲載! フランスが大反発!(朝香 豊)
  5. 安全保障

    中国人民解放軍が第三次世界大戦の準備! コロナウイルスを含む生物兵器で!(朝香 …
PAGE TOP