道理

コロナで中国に責任を負わせろ! 米で続々続く中国非難の声!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

自らの責任を棚に上げ、新型コロナウイルスの起源はアメリカだとする中国側の主張に、アメリカは真剣に怒っている。

まずは、フロリダ州のバーマン・ロー・グループが、今回の新型コロナウイルスのパンデミックを引き起こした責任は中国政府にあると提訴した。

続いてクレイマン弁護士と保守派団体の「ジャジカル・ウォッチ」も、同様の訴訟を起こした。

さらに米下院のバンクス議員が、中国はこのパンデミックの償いをすべきだとし、中国が保有する米国債を無効にするとか、中国製品に懲罰的な関税を課すなどを、具体例として列挙した。

中国に罪を償わせようという動きは、政界にまで広がってきたわけだ。

さらに、ハドソン研究所も、「未来を守るためには中国に責任を負わせよ」との論文を公表し、2003年のSARSの教訓を学ばずに、情報開示を進めなかった中国は、自ら招いた責任を負うべきだと主張した。

こうした動きは、今後もアメリカからどんどんと出てくることになるだろうが、これに対してメンツの点で黙っていられないのが中国という国だ。

その結果として火に油を注ぎ続けることになり、アメリカ以外の国においても中国に対する警戒心と嫌中感情を高めていくことになるのは必然だ。

中国はどんどんと墓穴を掘っている。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元のハドソン研究所の記事
https://www.hudson.org/research/15847-to-protect-the-future-hold-china-to-account
ネタ元のThe Epoch Times の記事
https://www.theepochtimes.com/chinese-communist-party-should-pay-reparations-for-ccp-virus-coverup-rep-banks-says_3283293.html?utm_source=Epoch+Times+Newsletters&utm_campaign=341f3343df-EMAIL_CAMPAIGN_2020_03_23_11_14&utm_medium=email&utm_term=0_4fba358ecf-341f3343df-242483798
画像はNews 18から
https://images.news18.com/ibnlive/uploads/2020/01/corona.jpg

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 朝鮮半島の南北問題が駄目になっているのは米韓同盟があるせいだ」と韓国政府が発言!…
  2. 予想通り、イランで体制の危機が発生! 政権崩壊まで進む可能性大! (朝香 豊)
  3. 中国、不動産バブル崩壊へ! 中国恒大集団が大幅値引販売実施!(朝香 豊)
  4. 韓国の本当の仮想敵国は日本 これを前提に日本の国防を再構築しよう
  5. 文在寅大統領はチョ・グク氏の法相任命を強行! 力による抑圧に自信か?

関連記事

  1. 人権・民主主義

    反体制派の許章潤教授が行方不明に! 中国!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

  2. 安全保障

    イランの病院は死体の山! まるで武漢!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!イラ…

  3. 安全保障

    米政府、5Gのノキアとエリクソンの買収まで検討! ファーウェイ外しで!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!バー…

  4. 人権・民主主義

    蔡英文総統、中国による台湾への浸透を阻止する法案の審議を要請!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!台湾…

  5. 人権・民主主義

    狂気の中国! 習近平氏への「忠誠心」テストで落第点だと、記者証剥奪する! (朝香 豊)

    中国は中国メディアの記者や編集者に対して、習近平国家主席の政治…

  6. 人権・民主主義

    英テスコ、中国工場の稼働を一時停止! 受刑者の強制労働の疑いで!(朝香 豊)

    人気ブログランキングでの応援、よろしくお願いします!イギリ…

無料メルマガ

おすすめ記事

  1. Featured Video Play Icon

アーカイブ

  1. 人権・民主主義

    ドイツのメルケル首相が中国に対して香港の件で釘をさす!
  2. 人権・民主主義

    予想通り、イランで体制の危機が発生! 政権崩壊まで進む可能性大! (朝香 豊)
  3. 経済

    ルノーサムスン協力会社が閉鎖! スト頻発でギブアップ!(朝香 豊)
  4. 安全保障

    米政府、5Gのノキアとエリクソンの買収まで検討! ファーウェイ外しで!(朝香 豊…
  5. 経済

    中国で何が起きているんだ? 百度(バイドゥ)が資金難か? (朝香 豊)
PAGE TOP