道理

コロナで中国に責任を負わせろ! 米で続々続く中国非難の声!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

自らの責任を棚に上げ、新型コロナウイルスの起源はアメリカだとする中国側の主張に、アメリカは真剣に怒っている。

まずは、フロリダ州のバーマン・ロー・グループが、今回の新型コロナウイルスのパンデミックを引き起こした責任は中国政府にあると提訴した。

続いてクレイマン弁護士と保守派団体の「ジャジカル・ウォッチ」も、同様の訴訟を起こした。

さらに米下院のバンクス議員が、中国はこのパンデミックの償いをすべきだとし、中国が保有する米国債を無効にするとか、中国製品に懲罰的な関税を課すなどを、具体例として列挙した。

中国に罪を償わせようという動きは、政界にまで広がってきたわけだ。

さらに、ハドソン研究所も、「未来を守るためには中国に責任を負わせよ」との論文を公表し、2003年のSARSの教訓を学ばずに、情報開示を進めなかった中国は、自ら招いた責任を負うべきだと主張した。

こうした動きは、今後もアメリカからどんどんと出てくることになるだろうが、これに対してメンツの点で黙っていられないのが中国という国だ。

その結果として火に油を注ぎ続けることになり、アメリカ以外の国においても中国に対する警戒心と嫌中感情を高めていくことになるのは必然だ。

中国はどんどんと墓穴を掘っている。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元のハドソン研究所の記事
https://www.hudson.org/research/15847-to-protect-the-future-hold-china-to-account
ネタ元のThe Epoch Times の記事
https://www.theepochtimes.com/chinese-communist-party-should-pay-reparations-for-ccp-virus-coverup-rep-banks-says_3283293.html?utm_source=Epoch+Times+Newsletters&utm_campaign=341f3343df-EMAIL_CAMPAIGN_2020_03_23_11_14&utm_medium=email&utm_term=0_4fba358ecf-341f3343df-242483798
画像はNews 18から
https://images.news18.com/ibnlive/uploads/2020/01/corona.jpg

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. TSMCの日本投資は大きなチャンス! 反対論者は日台離反工作に乗せられていないか…
  2. 「表現の不自由展」を支援するよう求める社説掲載! 朝日新聞!(朝香 豊)
  3. インドで爆発するコロナ感染! 冷淡で信頼を失ったバイデン政権!(朝香 豊)
  4. フロイド氏殺害でナイキがキャンペーン! でもナイキの本質はチキンだ!(朝香 豊)…
  5. FBのヒドロキシクロロキン否定は、トランプへのネガキャン利用のためだった! (朝…

関連記事

  1. 安全保障

    中国の投資会社の株式を未だに保有! ハンター・バイデン!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!バイ…

  2. 人権・民主主義

    43万以上のトランプ票が消えていたことが発覚! ペンシルバニア州!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!ジョ…

  3. 安全保障

    英国防委員会がファーウェイの早期排除を提言! ドイツも反中に舵を切る!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!イギ…

  4. 人権・民主主義

    民主党の運動員が市の選挙事務を掌握していた! ウィスコンシン州!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!先の…

  5. 安全保障

    ついにドイツが対アジア外交を転換! 中国と距離を取る方針へ!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!ドイ…

  6. 人権・民主主義

    アメリカで静かに進む言論抑圧! 目を逸らさず知っておこう!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!私が…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 経済

    政府は大規模減税を示唆! 新型コロナ対策で!(朝香 豊)
  2. 外交

    新型コロナウイルスを武漢に持ち込んだのは米軍では? 中国がアメリカに反撃!(朝香…
  3. 安全保障

    新型コロナで先手を打つアメリカ! 先を読み、準備へ!(朝香 豊)
  4. 人権・民主主義

    民主党の不正を訴えるホワイトハウスの会見を中断! フォックス・ニュース!(朝香 …
  5. 道理

    スウェーデン検察、自国の元在中国大使を「外国勢力との不当交渉」で起訴!(朝香 豊…
PAGE TOP