道理

コロナで中国に責任を負わせろ! 米で続々続く中国非難の声!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

自らの責任を棚に上げ、新型コロナウイルスの起源はアメリカだとする中国側の主張に、アメリカは真剣に怒っている。

まずは、フロリダ州のバーマン・ロー・グループが、今回の新型コロナウイルスのパンデミックを引き起こした責任は中国政府にあると提訴した。

続いてクレイマン弁護士と保守派団体の「ジャジカル・ウォッチ」も、同様の訴訟を起こした。

さらに米下院のバンクス議員が、中国はこのパンデミックの償いをすべきだとし、中国が保有する米国債を無効にするとか、中国製品に懲罰的な関税を課すなどを、具体例として列挙した。

中国に罪を償わせようという動きは、政界にまで広がってきたわけだ。

さらに、ハドソン研究所も、「未来を守るためには中国に責任を負わせよ」との論文を公表し、2003年のSARSの教訓を学ばずに、情報開示を進めなかった中国は、自ら招いた責任を負うべきだと主張した。

こうした動きは、今後もアメリカからどんどんと出てくることになるだろうが、これに対してメンツの点で黙っていられないのが中国という国だ。

その結果として火に油を注ぎ続けることになり、アメリカ以外の国においても中国に対する警戒心と嫌中感情を高めていくことになるのは必然だ。

中国はどんどんと墓穴を掘っている。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元のハドソン研究所の記事
https://www.hudson.org/research/15847-to-protect-the-future-hold-china-to-account
ネタ元のThe Epoch Times の記事
https://www.theepochtimes.com/chinese-communist-party-should-pay-reparations-for-ccp-virus-coverup-rep-banks-says_3283293.html?utm_source=Epoch+Times+Newsletters&utm_campaign=341f3343df-EMAIL_CAMPAIGN_2020_03_23_11_14&utm_medium=email&utm_term=0_4fba358ecf-341f3343df-242483798
画像はNews 18から
https://images.news18.com/ibnlive/uploads/2020/01/corona.jpg

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 「研究所起源説」をめぐるアメリカ政府内部での攻防! ついに「起源説」が市民権を得…
  2. FBのヒドロキシクロロキン否定は、トランプへのネガキャン利用のためだった! (朝…
  3. フェイスブックは特定の方向性のみを支持! ザッカーバーグが認める!(朝香 豊)
  4. ファイザーワクチンが南ア変異株に弱いだって? リアルデータから検証しよう!(朝香…
  5. ウクライナ機は撃墜か! イラン危機!(朝香 豊)

関連記事

  1. 安全保障

    気に入らない国民の疑念は無視する河野太郎! 総理を担うには不適格!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!河野…

  2. 道理

    日本の「無印良品」の商標権、中国でまたも認められず敗訴!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!「無…

  3. 安全保障

    武漢の研究室で漏洩か? 米国務省が新情報を公表!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!武漢…

  4. 外交

    安倍総理、中国の李克強首相と濃密な時間! 習近平国賓来日の外堀が埋まる!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!安倍…

  5. 道理

    教育の公的支出割合 日本はOECD加盟国中最下位! (朝香 豊)

    日本政府や地方自治体が負担する教育費がGDPに占める割合は2.…

  6. 安全保障

    河野防衛相、中国の軍事拡大に警告!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!日本…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 経済

    新型肺炎で、韓国経済は崩壊へ!(朝香 豊)
  2. 馬雲 ジャック・マー

    経済

    まだ難局の始まりかもしれない! アリババ創業者のジャック・マー!(朝香 豊)
  3. 経済

    ジャック・マーがアリババ取締役を退任! 進む毛沢東路線への回帰!(朝香 豊)
  4. 安全保障

    アメリカがギリシャ北部の港の民営化に積極的な動き! 中国牽制のためか?(朝香 豊…
  5. 道理

    外国からの研究資金の開示義務づけへ! 科研費対象研究!(朝香 豊)
PAGE TOP