経済

COP25での日本非難に迎合するな! 日本ほどの環境先進国はない!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

日本の石炭火力発電の依存度が高いとして、COP25では日本非難が沸き起こり、日本を侮蔑するような「化石賞」が与えられたことが報道された。

だが、一口に石炭火力発電と言うが、このあり方も各国ではまちまちだ。

未だに煙モクモクの発電所をイメージしているとしたら、日本の石炭火力の現実は全く違う。

2014年の比較になるが、1kwhの電力を生み出す際に、どれだけのSOxが排出されるかを比較すると、カナダが2.0g、アメリカが1.0g、ドイツでも0.5gであるのに対して、日本は0.2gでしかない。

2015年に新設された磯子石炭火力発電所の場合には、0.001gだ。クリーンさのレベルが段違いなのだ。

NOxについても、カナダが1.2g、アメリカが0.6g、ドイツが0.8gであるのに対して、日本は0.3gにすぎない。

NOxについても、磯子石炭火力発電所の場合には、0.06gだ。

石炭火力発電の熱効率も、日本は世界で圧倒的に高い。

諸外国が32%から38%に留まっているのに対して、日本では平均でも42%を超えている。

これはすなわち、日本で発電される石炭火力の場合には、諸外国に比して2割程度CO2の排出量が少ないということを意味している。

近年では石炭ガス化複合発電が開発され、さらにその進化系である石炭ガス化燃料電池複合発電も2025年をめどに技術開発が進められている。

石炭ガス化燃料電池複合発電では熱効率は55%程度と目され、CO2排出量もインドの石炭火力と比した場合にはほぼ半分、アメリカと比しても3割減となる。

LNGの方が熱効率のさらに高い技術が確立されていて、さらにCO2排出量が小さいのは事実だとしても、他国のLNG火力発電以上の効率化とクリーン化の進んでいる日本の石炭火力がやり玉に挙げられるのは、不愉快だ。

「世界世論」におもねて、軽率に「脱炭素」を唱える経団連の姿勢にも問題がある。

はっきり言うが、日本の先を行くような省エネ・クリーン技術開発を行っている国があるのか。

日本は世界に冠たる技術レベルの高さを訴えて、「化石賞」などという侮蔑が当てはまらないことを、世界にもっともっとアピールすべきだろう。

小泉大臣、しっかりしろ!

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 持ち込み荷物 X線検査受けずに出国! ゴーン被告!(朝香 豊)
  2. 中国、不動産バブル崩壊へ! 中国恒大集団が大幅値引販売実施!(朝香 豊)
  3. インドで爆発するコロナ感染! 冷淡で信頼を失ったバイデン政権!(朝香 豊)
  4. 進む中国のリトアニアいじめ! 徐々に広がる反発!(朝香 豊)
  5. 主流派マスコミの異常さ! バイデン疑惑を正面から報道せよ!(朝香 豊)

関連記事

  1. 経済

    中国の賃金未払い問題が地方政府レベルでも広がる! (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

  2. 経済

    円は1ドル=95円に向かう! ゴールドマン・サックス! 日本は財政出動を!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!ゴー…

  3. 経済

    EUはブレグジットで不要なイギリスいじめをしている場合ではない!

    ブレグジットを巡って、EUのバルニエ首席交渉官は、英国が当…

  4. 経済

    終わっている立憲民主党の経済政策! 民主党政権の悪夢から何も学んでいない!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!立憲…

  5. 経済

    ダンスケ銀行のエストニア部門元CEOが遺体で発見!(朝香 豊)

    デンマーク最大のダンスケ銀行のエストニア部門元CEOが遺体で発…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 安全保障

    韓国の北朝鮮への有償融資9億ドル余、返済は240万ドルのみ!(朝香 豊)
  2. 未分類

    反岸田を主眼にする二階派の動き! 最後は高市総裁誕生へ!(朝香 豊)
  3. 安全保障

    コロナ騒ぎのどさくさ狙った、英半導体大手の中国完全乗っ取り計画! 失敗!(朝香 …
  4. 人権・民主主義

    「中国はウイグル自治区に国連監視団受け入れよ」と、イギリスが要求!(朝香 豊)
  5. 安全保障

    恐らく、北朝鮮でも新型コロナウイルスが拡散!(朝香 豊)
PAGE TOP