道理

疑惑の判定に抗議しない日本のおかしさ! 選手の「心のケア」にこそ抗議が必要!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

北京五輪のスピードスケート男子500メートルで、日本選手がいる最終2つの組(14組、15組)で1度目のスタートが相次いでフライング判定となった。だが直後に流れたスロー再生映像を見れば、ピストルが鳴ってから選手が反応していたことは明らかであり、フライングがあったとは到底考えられない。金メダル候補だった新浜立也はこのフライング判定で調子を崩し、まさかの20位に沈んだ。

フライングにはならなかったものの、13組で滑走した村上右磨も「構えてから鳴るまでが少し長く、待たされる感じだった。フライングなのかなと思ったけど、鳴ったので出た」として、スターターの動きに違和感を感じていたことを口にしている。

不利な状況に陥っても、気持ちを切り替えて結果を出すのが選手に求められる力だとも言えるかもしれないが、オリンピック選手とはいえ人間である。理想通りに感情を完璧にコントロールすることなど普通はできないだろう。

私自身は動画で確認はしていないが、優勝した中国人選手は見た目からしてフライング気味だったにも関わらず、そのまま滑走することができたという声がある。

疑惑のジャッジについて問われた日本選手団の伊東秀仁団長は、「それは、スターターが判断することなので、残念ながら私にコメントできることではありません。選手からも、何も(意見は)出ていません。それは結果論なので。森重選手は見事に銅メダルを取りましたし、新浜選手が(2回目の)スタートは自分のミスなので。それはしょうがないと思う」と語った。

こうした「ことを荒らげない」やり方はいかにも日本的であるが、競技の根幹を決定するルールの公平性に疑義が出ているのを放置するのが正しいあり方なのか。

このことを正当化する論理として、伊東団長は「選手の(心の)ケアが最優先」だとの考えを披露した。疑惑の判定について抗議することよりも、選手の心のケアの方が大切だという考えである。一見もっともな話にも聞こえるが、だが疑惑の判定について抗議することと選手の心のケアをすることは対立する概念ではないはずだ。選手の心のケアを最優先するならなおさら、声を上げられない選手に代わって体を張った動きを示すべきではないのか。それこそが選手の心のケアに大きく貢献することではないのか。

これらの動画をスローモーションできちんと比較して、スタート位置につかせてからピストルが鳴るまでの時間と、ピストルが鳴ってから選手の動き出しが確認されるまでの時間を厳密に計測して示すべきである。1人だけの確認では客観性が保てないというのであれば、5カ国くらいから1人ずつ参加してもらって別々に計測し、客観的な数値として確定することである。そのうえで各組のスタートが公平になされているか、フライングの判定が公平性に基づいて行われていたかを明確にすることである。そしてそれを広く公表して、世界中がその事実を確認することもやるべきである。

おかしなやり方を変えるために国際世論を味方につけ、今後こうした不条理で選手が泣くことがないようにしていくべきではないのか。その上で、なぜ見た目の動き出しとスターターの判断に大きな違いがあるのかを問うべきである。

伊東団長はスキーのジャンプ混合団体でスーツ規定違反で高梨沙羅が失格となったについても国際スキー連盟に抗議しない考えを明らかにした。

高梨沙羅は防寒用に履いていたスパッツを脱ぐように求められての計測をされたが、それは今までの競技では一度もなかったことだ。ここまでおかしなことをされても抗議をしないというのはありえない。

我々が追求すべきは、結果を変えることであり、不当なことで苦しんだ選手を救うことである。
 
 
無料のメルマガの登録をぜひともお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

北京五輪で激化する中国と韓国の対立! 来月の韓国大統領選挙にも絶大な影響!(朝香 豊)


https://nippon-saikou.com/7302

楽しみにする声は17%のみ! ターニングポイントになる北京五輪!(朝香 豊)


https://nippon-saikou.com/7255

読売新聞の記事
https://www.yomiuri.co.jp/olympic/2022/20220213-OYT1T50185/
スポーツ報知の記事
https://news.yahoo.co.jp/articles/05e6a114503845990e4031f84a363bf363d2a0f4
スピードスケートの画像
https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/N/Nathannate/20220214/20220214020852.png

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. フロイド氏殺害でナイキがキャンペーン! でもナイキの本質はチキンだ!(朝香 豊)…
  2. ドイツが裏技でEUの財政ルールの回避を検討!
  3. 中国、不動産バブル崩壊へ! 中国恒大集団が大幅値引販売実施!(朝香 豊)
  4. 主流派マスコミの異常さ! バイデン疑惑を正面から報道せよ!(朝香 豊)
  5. NHKの「家族や友人などのレンタルサービス」のやらせ番組、ようやくBPO審議入り…

関連記事

  1. 安全保障

    民主党バイデン、中国疑惑隠しに動く!(朝香 豊)

    アメリカ大統領選で民主党最有力候補とされるジョー・バイデン氏。…

  2. 経済

    IMFトップに親中疑惑浮上! 任期途中での辞任の可能性も!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!…

  3. 安全保障

    コロナ不安で出生数激減! 大騒ぎの意外なツケ!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!…

  4. 経済

    やっぱりね! 国産大型ジェット機開発に、中国は国家ぐるみで組織的なハッキング!(朝香 豊)

    アメリカのサイバーセキュリティ企業「クラウドストライク」は、中…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 未分類

    非現実の極みの第6次エネルギー基本計画案! パブリックコメントに声を届けよう!(…
  2. 道理

    首里城正殿には電気コードが溶けた痕が見つかる! 管理責任のある沖縄県側の説明はウ…
  3. 中国

    南アフリカ起源の新種は「オミクロン株」と命名! ここに習近平への忖度があったのか…
  4. 人権・民主主義

    話を作っての主張はやめるべきだ! 生活保護費の引き下げ問題!(朝香 豊)
  5. 安全保障

    まじか? 中国共産党が政策白書で中国の崩壊に言及! (朝香 豊)
PAGE TOP