安全保障

ツイッターが危険! 中華系のLi氏が取締役に就任!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

Twitter社は新しい取締役に、Fei-Fei Li氏を迎えた。

Li氏は名高いAI研究者で、スタンフォード大学の教授を務めており、そのAIの技能を買われて、Google社の副社長だったこともある才女だ。

Fei-Fei Li氏は名前の通り中華系で、中国共産党の千人計画に関わっているとされる。

Google時代にも、中国の北京にGoogle社のAI研究所を開設するプロジェクトに参加していた。

さらに、アメリカ国防総省が進める動画認識にAIを利用するプロジェクトに、Google社が参加することには反対する立場に立ち、Google社にこれを断念させた経歴もある。

ドローンが自動的に画像認識して標的を攻撃できるようにするのは、人道に反するというわけだ。

これが一つの原因となって、Li氏はGoogle社を退社することになった。

Twitter社は新型コロナウイルスとアメリカ大統領選挙などの「ニセ情報」を取り締まることに、AI技術を利用し始めている。

ここにLi氏が関わるのは確実だ。

今後Twitterに中華系のバイアスが強まる恐れが高いことは、覚悟しなければならないだろう。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元のビジネス・インサイダーの記事
https://www.businessinsider.com/twitter-board-member-former-google-ai-fei-fei-li-maven-2020-5
画像も同上から
https://i.insider.com/5b59586da592a51b008b4644?width=1300&format=jpeg&auto=webp

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 種苗法改正は必要! 日本の種苗の知的財産を守れ!(朝香 豊)
  2. もうこれ以上、静かにしてはいられない! 文在寅政権に対して、アメリカは怒りを隠さ…
  3. キャリー・ラム行政長官の意味深な発言は、中国政府の思惑に制限をかける狙いかも
  4. 「研究所起源説」をめぐるアメリカ政府内部での攻防! ついに「起源説」が市民権を得…
  5. フェイスブックは特定の方向性のみを支持! ザッカーバーグが認める!(朝香 豊)

関連記事

  1. 安全保障

    日米印豪の防衛協力をNATO並に引き上げる! ビーガン国務副長官!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!アメ…

  2. 経済

    弱っている中国経済! 日本企業は強気になれ! (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

  3. 安全保障

    コロナを気にせず、学校を再開せよ! 米CDCが提言!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!アメ…

  4. 安全保障

    北朝鮮に仮想通貨の技術を伝えたことで、アメリカの専門家を逮捕!(朝香 豊)

    アメリカ政府は米国の制裁を逃れられるブロックチェーン技術を北朝…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 安全保障

    WHOの奇妙な非常事態宣言! 日本は騙されるな!(朝香 豊)
  2. 人権・民主主義

    郭台銘は台湾総統選への無所属の立候補を断念 (朝香 豊)
  3. 安全保障

    一貫性のないバイデン政権の中東政策! 混乱する中東!(朝香 豊)
  4. 安全保障

    コロナは急激に弱毒化しているのでは? CDC統計から考える!(朝香 豊)
  5. 人権・民主主義

    生活保護受給者に怯えるケースワーカー! 死体遺棄まで関わる!(朝香 豊)
PAGE TOP