人権・民主主義

香港の影響か! ロシア社会でデモ参加者を弾圧する政権批判が急速に広がる!(朝香 豊)

モスクワ市議会選挙では、反体制派の立候補が妨害されるという事態が生じ、これに抗議するデモが行われた。こうした抗議デモに関連し、多数の逮捕者が出ている。

このような事態に対して、ロシアでは今までにないような動きが出現している。

引き金になったのは、パベル・ウスチノフ被告のケースだ。彼は警察官への暴行罪で起訴されたが、彼は現場近くで人を待っていただけで、暴行していない証拠の動画もあることを訴えた。

こうした訴えを受けて、拘束直後から10万人分以上のウスチノフ被告の釈放を求める署名がネット上に集まっていた。

だが、裁判所はこの動画を証拠として採用せずに、彼を禁錮3年6ヶ月の実刑判決を下した。

この後に衝撃の動きが起こった。

この判決に対してプーチン政権との関係が深いはずのロシア正教会の司祭200名が、判決の見直しを求める請願をインターネット上に公表したのだ。

同様に、教師グループ3500人も「現在の状況では生徒に正しさとは何かを教えられない」とし、公正な裁判や法執行を求める請願を公表した。

さらに心理学者のグループ、科学者のグループ、医師のグループ、出版関係者のグループ、報道関係者のグループなども同様の請願を相次いで公表した。

こうした国民運動が影響したと思われるが、控訴審ではウスチノフ被告は禁錮1年(執行猶予2年)に減刑された。国民の幅広い反発を恐れたプーディン政権が、方向転換をした結果であると見られている。

社会の運営を権力者の恣意に任せることへの嫌悪感が、ロシア社会に広がっているのだろうと見られている。

この背景には、ロシアでネット統制や言論統制が強化され、治安機関の権限強化が図られ、住民の意向が無視されているという思いが強くなっていることがある。

さらに、香港デモが依然収束せずに継続していることも、大いに勇気を与えている側面もあるだろう。

香港デモの長期化によって、今、世界は激変しつつあるように感じる。

これの元ネタとなる産経新聞の記事https://www.sankei.com/world/news/191009/wor1910090016-n1.html

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 中国が武漢P4からフランスを排除していた! 騙されたフランス!(朝香 豊)
  2. 白人の子供たちは無邪気に幼少期をすごしてはいけない! おかしくないか?(朝香 豊…
  3. 「表現の不自由展」を支援するよう求める社説掲載! 朝日新聞!(朝香 豊)
  4. 不良ワクチンで女児死亡! 家族も徹底弾圧! 中国!(朝香 豊)
  5. 種苗法改正は必要! 日本の種苗の知的財産を守れ!(朝香 豊)

関連記事

  1. 安全保障

    台湾で国民党の新主席に江啓臣氏! 中国は祝電出さず!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!1月…

  2. 人権・民主主義

    TikTokでメークしながら、習近平国賓反対動画を作る日本人女性登場!(朝香 豊)

    人気ブログランキングでの応援、よろしくお願いします!アメリ…

  3. 人権・民主主義

    「黒人の命は大切」だからキリスト像を破壊せよだって? ありえない!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!「黒…

  4. 人権・民主主義

    参議院の委員会で中国の人権問題が取り上げられる! 臓器狩りも!(朝香 豊)

    山田宏・参議院議員は、外交防衛委員会で政府に中国の人権問題を取…

  5. 人権・民主主義

    専門家会議の議事録は完全に不要! なんで筋論を最後まで通さないのか?(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!新型…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 人権・民主主義

    米議会は超党派で中国に圧力をかけ、香港を守る意思を明確にした!
  2. 道理

    ローマで中国国歌が流れる! 「中国ありがとう!」って、気持ち悪くないか?(朝香 …
  3. 安全保障

    日本は国内のアウトブレイクに備える段階! フェーズを変えよ!(朝香 豊)
  4. 人権・民主主義

    BBCが香港に関する番組を数多く制作! この番組もぜひ見てもらいたい! (朝香 …
  5. 安全保障

    アメリカと台湾を結ぶ海底ケーブルが承認される! 香港ルートはボツ!(朝香 豊)
PAGE TOP