人権・民主主義

中国で艾芬女医も拘束! 国境なき記者団が釈放を要求!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

私は以前のブログで武漢市中心医院の救急救命科主任の艾芬(アイ・フェン)女医のことを取り上げたことがある。

彼女は、この新型コロナウイルスの中国国内の情報拡散の起点になった重要人物だ。

この件では、SNSに情報をアップして中国当局に拘束され、後にウイルスにかかって亡くなった李文亮医師のことが頭に浮かぶ人が多いと思うが、そもそもあの情報は彼女が李文亮氏を含む同僚医師に患者のウイルス報告書を写メして送ったのが発端だった。

李文亮医師が亡くなった後に、彼女は人民日報系の雑誌「人物」のインタビュー記事で事態の経緯を語った。

病院の党規律委員会に呼び出されて「デマをでっち上げた」と糾弾され、この肺炎のことについて「ご主人にも言ってはいけない」と口止めされたこと。

「防護服を着用すると社会不安を引き起こす」と病院の幹部に言われ、白衣の下に防護服を着て凌ぐこともやっていたこと。

目の前で倒れてそのまま死亡した人、やっと病院にたどり着いたがそのまま息を引き取った人、家族をICUに送ったまま二度とあえなくなった人などのことを思うと、艾芬氏は「時間を巻き戻せたら」と思うとも、記事の中で語っていた。

ネット上にも掲載された彼女のこの記事は、またたく間に10万回閲覧されて、相次いで転載されたが、掲載2時間後には削除され、転載を禁止された。

この艾芬氏が行方不明になってから既に2週間以上経過しており、「国境なき記者団」が中国当局に彼女の近況を明らかにするように求めていることがわかった。

中国のSNS「微博」では、彼女の投稿が更新されていて、いかにも自由に行動ができるかのようなビデオメッセージが残されているが、これを当人が行っているかどうかは疑わしいと見られている。

彼女以外にも、陳秋実氏、方斌氏、李沢華氏などの市民ジャーナリストが拘束されている。

中国当局に対して「国境なき記者団」は、彼女の状況について最大限の透明性を要求し、彼女が拘束されているのであれば、他に拘束されているジャーナリストたちも含めて即座に解放し、中国政府が秘匿している情報を開示するように求めた。

オーストラリアでは、テレビ番組の”60 Minutes”が、こうした話の詳細について報じている。

日本でこういう報道をするテレビ局は出てこないものだろうか。

何とも情けない。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元の国境なき記者団の記事
https://rsf.org/en/news/whistleblowing-doctor-missing-after-criticizing-beijings-coronavirus-censorship
画像も同記事から
https://rsf.org/sites/default/files/styles/rsf_full/public/2020-04-10_rsf_china_ai_fen_coronavirus.png?itok=D2swluSN&timestamp=1586513815

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 中国の国家発展改革委員会が不動産バブルの維持を断念か? 体制崩壊につながる可能性…
  2. 「表現の不自由展」を支援するよう求める社説掲載! 朝日新聞!(朝香 豊)
  3. フロイド氏殺害でナイキがキャンペーン! でもナイキの本質はチキンだ!(朝香 豊)…
  4. 最悪! 安倍・習会談、習近平氏の国賓来日の準備を進めることで一致! (朝香 豊)…
  5. 進む中国のリトアニアいじめ! 徐々に広がる反発!(朝香 豊)

関連記事

  1. 人権・民主主義

    陸自のヘリがレーザー照射される! 絶対許すな! (朝香 豊)

    府中基地を離陸上昇中の陸自のヘリが、何者かによって地上からレー…

  2. 人権・民主主義

    香港人権法案、米上院が全会一致で可決!(朝香 豊)

    米上院は、中国が香港に高度の自治を保障する「一国二制度」を守っ…

  3. 人権・民主主義

    トランプは当選させない! ドミニオン社の副社長が語っていた!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!私は…

  4. 道理

    米企業開発の新型コロナ薬が「浙江省産」の「中華神薬」だって! ありえん!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!アメ…

  5. 安全保障

    武漢ウイルス研究所に対する疑惑が再燃! 駐中米大使館が危険性を事前に指摘!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!新型…

  6. 中国

    中国政府はアメリカ政府の支援を拒否! 新型肺炎!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!新型…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 経済

    中国の工場で「火事」が多発! 体制危機の象徴!(朝香 豊)
  2. 人権・民主主義

    北京オリンピック協賛スポンサーに対して圧力! 国際人権団体!(朝香 豊)
  3. 安全保障

    WHOが全員検査を勧告! やはり背景には中国か?(朝香 豊)
  4. 道理

    「環境保護団体」って、どこまで自分勝手なの? 自動車会社の看板に「内燃機関やめろ…
  5. 外交

    林芳正外相の訪中を肯定! 福田達夫総務会長のありえない考え!(朝香 豊)
PAGE TOP