人権・民主主義

「議事堂襲撃事件」にFBIが関与か? タッカー・カールソンが報道!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

フォックスニュースのタッカー・カールソンは「リボルバー・ニュース」の調査報道をもとに、1月6日の「議事堂襲撃事件」について大きな疑問を提出した。FBIがこの「議事堂襲撃事件」に関与していたのではないかというのである。

「リボルバー・ニュース」は「議事堂襲撃事件」で起訴された人たちに関する訴状を詳しく調査した結果として、奇妙なことに気がついた。この事件に関わりながら起訴されていない人たちの方が悪質なのではないかと思われるというのである。

「議事堂襲撃事件」ではアシュリー・バビットさんが射殺された。この射殺シーンを覚えている人も多いだろう。拳銃を放った「警官」は通路に設置されたドアの反対側にいて、しかもそのドア部分には机などでバリケードが築かれていて通れないようになっていた。「警官」の側には差し迫った危険性はまるでないのに、バビットさんは銃を撃たれた。あの場面での銃撃は過剰防衛にすら該当せず、極めて悪質な殺人である。だが、バビットさんを撃った「警官」は未だに誰であるかが明らかにされていない。すなわち起訴もされていないのである。

この例が代表するように、この日に議事堂内部にいた警察官の多くの身元は未だに隠されたままである。そして訴状を見ると、「未起訴の共犯者」の存在が浮かび上がってくるのである。

例えば「未起訴の共犯者」の一人は、訴状には「人物2」としか書かれていない。「人物2」は民兵組織の「オースキーパーズ」に属するトーマス・コールドウェルと同じホテルの部屋に宿泊し、一緒に議事堂を「襲撃」している。そしてコールドウェルはこの「人物2」から「人物3」と呼ばれる人物が「即応部隊」を率いて参加すると聞かされていた。

「人物2」や「人物3」が誰であるのかについて政府側は把握しているが、起訴していない。これは「人物2」や「人物3」がFBIのために行動していたことを示している。そして彼らはこの「議事堂襲撃事件」のまとめ役の役割を果たしていた。そしてこうした共犯者は20名以上いることがわかっている。

「人物2」や「人物3」は「議事堂襲撃事件」についての情報を、インテリジェンス機関やFBIに報告して、同事件の発生を阻止するためにどうして動かなかったのだろうか。

「議事堂襲撃事件」には、バリケードを突破して議事堂内部に人々が容易に入り込めるように実行した人たちと、容易に入れるようになった議事堂の中に観光客のように入り込んだ人たちがいた。そして今逮捕・拘束されているのは、なぜか後者の観光客のように入り込んだ人たちばかりなのだ。

問題にすべきは、こうした人たちよりも遥かに悪質な前者の側に属する「人物2」や「人物3」などのはずだが、彼らはFBIの工作員であったと見られるわけだ。

さて、上院の国土安全保障・規則委員会による5ヶ月にわたる調査によって、「議事堂襲撃事件」には連邦のインテリジェンス機関が当日暴力沙汰が発生する危険について警告せず、ワシントンDC警察をはじめとする警察機構が当日に備えた計画・準備を行なっていなかったことが浮き彫りにされた。

こうなると、FBIをはじめとする連邦機関がこの「議事堂襲撃事件」を仕組んだとの疑いを持たざるをえない。しかも、議事堂の中に観光客のように入り込んだ人たちはアメリカ国民である。こうしたアメリカ国民を陥れるためにFBIは謀略をかましたということになる。

このことは「反トランプは常に正義」だということを示している。「反トランプは常に正義」であるから、行政のトップがトランプだったとしてもそれに従う必要はない…そういう前提がアメリカを覆っていた。このことの持つおぞましい意味を、我々は噛みしめる必要がある。
 
 
 
ぜひとも無料のメルマガの登録もお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

www.revolver.newsの記事
https://www.revolver.news/2021/06/federal-foreknowledge-jan-6-unindicted-co-conspirators-raise-disturbing-questions/
www.foxnews.comの記事
https://www.foxnews.com/opinion/tucker-carlson-government-agents-helped-organize-capitol-riot
nippon-saikou.comの記事(殺害した警官は逮捕されたのか? 議事堂襲撃の謎!)
https://nippon-saikou.com/5568
nippon-saikou.comの記事(信じられないくらい緩い警備! 1月6日の米議事堂!)
https://nippon-saikou.com/5546nippon-saikou.comの記事(米議事堂が大混乱! アンティファとBLMにやられる!)
https://nippon-saikou.com/5519
タッカー・カールソンの画像
https://static.independent.co.uk/2021/06/18/16/Screenshot%202021-06-18%20at%2016.57.47.png?width=640&auto=webp&quality=75

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 「なんでも批判」を反省しない立憲民主党! 戦前の「批判」政治の過ちを忘れるな!(…
  2. 台湾で米台国交回復推進決議が全会一致で可決! なんと提案は国民党!(朝香 豊)
  3. 最悪! 安倍・習会談、習近平氏の国賓来日の準備を進めることで一致! (朝香 豊)…
  4. やはり感染者の実数は中国政府の公式発表の100倍程度で考えるべき!(朝香 豊)
  5. 被害者ヅラする加害者を許すな! 元朝日新聞記者 植村隆氏を擁護する映画の製作が進…

関連記事

  1. 安全保障

    中国のハニトラにかかった下院議員! ペロシは擁護!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!米下…

  2. 人権・民主主義

    カナダ人9割が中国は信頼できないと回答! 世論調査!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!世論調査…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 人権・民主主義

    中国で艾芬女医も拘束! 国境なき記者団が釈放を要求!(朝香 豊)
  2. 道理

    トランプ大統領については偏ったネガティブ報道! アメリカのリベラルマスコミ!(朝…
  3. 安全保障

    下船させるってどういうこと? WHOの方針!(朝香 豊)
  4. 安全保障

    トランプ政権もテキサス州の訴訟に参加! 加速化する情勢変化!(朝香 豊)
  5. 未分類

    反論は大歓迎! ただし私の疑問に真摯に答える姿勢を求む!(朝香 豊)
PAGE TOP