FBI

  1. 安全保障

    米企業のファーウェイへの技術・製品輸出を認める! 改めて示したバイデン政権の親中ぶり!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!バイデン政権が実は親中政権であることは以前から指摘してきたことであるが、ついにその本質…

  2. 安全保障

    中国への技術流出を防げ! あまりに甘い日本の大学!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!2019年10月にFBIは「中国:アカデミアへのリスク」という報告書を発表した。この報…

  3. 人権・民主主義

    クリントン夫妻が殺し屋を雇った疑惑! FBIがセス・リッチ事件の情報を公開! (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!2016年7月10日に、アメリカ民主党全国委員会(DNC)のIT担当だったセス・リッチ氏が、背…

  4. 安全保障

    暗号化メッセージアプリをFBIが管理! 犯罪摘発に活かす!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!ANOMというメッセージアプリを使った「トロイの盾」作戦をご存知だろうか。この…

  5. 安全保障

    FBIによる16000名のアメリカ国民に対する違法なスパイ行為に関する記録公表をNSAが認める! ア…

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!アメリカの国家安全保障局(NSA)は、FBIが行っている1万6000人のアメリカ国民に対する違…

  6. 人権・民主主義

    「議事堂襲撃事件」にFBIが関与か? タッカー・カールソンが報道!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!フォックスニュースのタッカー・カールソンは「リボルバー・ニュース」の調査報道をもとに、1月6日…

  7. 人権・民主主義

    機密文書公開で早速ヒラリーの犯罪が明らかに!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!2016年の大統領選挙で、共和党の候補であるトランプを潰すために、民主党は元MI6のクリストフ…

  8. 人権・民主主義

    究極の逆転劇(修正版)! トランプ勝利への道2!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!前回のブログの内容を、若干修正したい。私の推測では、恐らく民主党内部にも、このあまりに…

  9. 安全保障

    中国のハニトラにかかった下院議員! ペロシは擁護!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!米下院共和党の院内総務(共和党のトップ)であるケビン・マッカーシー議員は、中国共産党の女スパイ…

  10. 人権・民主主義

    CIAとオバマが選挙不正に絡んでいる! マキナニー退役中将!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!マキナニー退役中将はOAN(One America News Network)に出演し、CIA…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 経済

    FRBのパウエル議長がさらなる財政政策を求める! 問われる日本との違い!(朝香 …
  2. 道理

    日本の「無印良品」の商標権、中国でまたも認められず敗訴!(朝香 豊)
  3. 未分類

    反岸田を主眼にする二階派の動き! 最後は高市総裁誕生へ!(朝香 豊)
  4. 未分類

    反論は大歓迎! ただし私の疑問に真摯に答える姿勢を求む!(朝香 豊)
  5. 人権・民主主義

    8月以降、香港では不審死が急増! 警察は「自殺」扱い! 動画あり!(朝香 豊)
PAGE TOP