人権・民主主義

「民主主義サミット」で露呈したバイデン政権の本質! やはり親中政権だ!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

12月9日・10日にアメリカは「民主主義サミット」を開催した。台湾が招待されたことでこれを評価する声もあるが、手放しで評価できるものだったのかは大いに疑問である。

今回アメリカ政府が発表した招待国・地域は110であり、いわゆる西側基準の民主主義国ばかりが集まったわけではない。この「民主主義サミット」は英語では Summit for Democracy(民主主義のためのサミット)となっていて「民主主義国のサミット」ではないとの説明がなされるが、それにしても参加国の顔ぶれには納得感が薄い。

例えばアジアではパキスタンやフィリピンが入る一方で、タイやシンガポールやマレーシアが除外された。確かに「民主主義サミット」の目的が中国の孤立を目的としたものであると考えた場合には、民主主義度が高いとは言えないパキスタンやフィリピンを入れるのは必ずしもおかしなことではないだろう。だがそれならタイやシンガポールやマレーシアを除外する必要性もないのではないか。客観的に考えれば、「民主主義サミット」から除外されたことで、これらの国を中国側に動かす結果につながる懸念を持つのは当然である。

あやしいのはそれだけではない。

パネル討論会中に台湾の唐鳳(オードリー・タン)IT担当大臣の説明スライド動画から画像が消され、音声だけにされるという事件もあった。南アフリカの非政府組織(NGO)であるCivicusが作成した、国・地域ごとの市民の権利の開放度を示す世界地図が表示されたあとのことである。

開放度が最も高いところは緑色、開放度が最も低いところは赤色で、緑色→黄緑色→黄色→橙色→赤色の順に色分けされていた。つまりこの図で台湾は緑色となっており、赤色で塗られた中国とは好対照になっていたわけだ。

画像が消されたのは、この色分けにホワイトハウスが敏感に反応したからであろう。ホワイトハウス側は「単なる手違い」だと台湾側には説明しているが、そんなわけはない。その後の画像には「台湾の唐鳳大臣」( Minister Audrey Tang Taiwan)の表示がなされ、さらには「この会議で出席者が表明したどの見解も出席者自身の見解であり、アメリカ政府の見方と必ずしも一致するものではない」(Any opinions expressed by individuals on this panel are those of the individual, and do not necessarily reflect the views of the United States government.)との表記も付け加わってもいるからだ。

ホワイトハウスがこの「民主主義サミット」の開催においても、いかに中国の顔色を見ながらやっているかをこの事件は露骨に表していると見るべきだろう。

そしてこれは中国が台湾に武力でちょっかいを出すようなことがあった時に、アメリカが台湾防衛に本当に乗り出すのかどうかについても不安を与えるものとなった。

さて、先日安倍元総理が「台湾有事は日本有事であり、日米同盟の有事でもある」と語ったことが問題視されたが、あれは中国に対する牽制だっただけではなく、ホワイトハウスに対する牽制でもあったのではないか。バイデン政権の本質を理解した上での危機感があの発言につながったのではないかとも感じられるのである。

ついでに言えば、対中軟弱外交を見せる日本の岸田内閣に対する牽制でもあったように感じる。

我々はアメリカのバイデン政権が大きな裏切りを行わないように、バイデン政権への監視も強めなければならないだろう。
  
 
 
ぜひとも無料のメルマガの登録もお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

台湾有事は日本有事! 安倍元首相の発言に中国が猛反発! 中国の意図が見える!(朝香 豊)


https://nippon-saikou.com/7071

台湾企業への露骨な嫌がらせ! 日本政府は中国政府に筋を通せ!(朝香 豊)


https://nippon-saikou.com/7047

米企業のファーウェイへの技術・製品輸出を認める! 改めて示したバイデン政権の親中ぶり!(朝香 豊)


https://nippon-saikou.com/6952

www.taipeitimes.comの記事
https://www.taipeitimes.com/News/taiwan/archives/2021/12/14/2003769569
民主主義サミットでの台湾の唐鳳氏の示したパネルの画像
https://www.taipeitimes.com/images/2021/12/14/p02-211214-bb3.jpg

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 被害者ヅラする加害者を許すな! 元朝日新聞記者 植村隆氏を擁護する映画の製作が進…
  2. 中国、不動産バブル崩壊へ! 中国恒大集団が大幅値引販売実施!(朝香 豊)
  3. 不良ワクチンで女児死亡! 家族も徹底弾圧! 中国!(朝香 豊)
  4. ショーン・レノンが正論で反日韓国人に反論!
  5. NHKの「家族や友人などのレンタルサービス」のやらせ番組、ようやくBPO審議入り…

関連記事

  1. 人権・民主主義

    過剰防衛に走る、中国の建国70周年軍事パレード 厳戒態勢!  (朝香 豊)

    10月1日に予定されている中国の建国70周年の軍事パレードは、…

  2. 安全保障

    WHOを追い詰める、アメリカ・台湾連合! メールの全文公開!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!アメ…

  3. 安全保障

    ついにドイツが対アジア外交を転換! 中国と距離を取る方針へ!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!ドイ…

  4. Huawei のロゴ

    中国

    ファーウェイ、内部告発者への報復がバレて、中国国内でも不買運動発生!(朝香 豊)

    人気ブログランキングでの応援、よろしくお願いします!ファー…

  5. 外交

    韓国 オリンピックなどすべての国際行事で、旭日旗の持ち込みを禁止する国会決議!(朝香 豊)

    来年夏の東京五輪・パラリンピックで、旭日旗の競技場への持ち込み…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 人権・民主主義

    中国で、新型肺炎を両肺移植手術で治療! その肺はどこから…(朝香 豊)
  2. 安全保障

    親中派だったマレーシアのナジブ前首相 有罪判決への流れに!(朝香 豊)
  3. 人権・民主主義

    トランプ派には献金停止! 米財界に動き広がる!(朝香 豊)
  4. 人権・民主主義

    アメリカが中国共産党機関紙「環球時報」の幹部の入国ビザ却下! (朝香 豊)
  5. 安全保障

    沖縄タイムスが軍隊廃止のコスタリカを絶賛! 歴史的背景を無視!(朝香 豊)
PAGE TOP